イルマーレ  新作レビュー

見た日/10月某日 ★★★

 元になった韓国映画は未見で、このハリウッドリメイク作のみの批評になってしまうが、ファンタジーながら丁寧に作られたラブ・ストーリーで、主役2人の魅力もあって最初から最後まで、かなり面白く見られた。

 湖のほとりのガラス張りの家から市街地に引っ越した女医さんが、引っ越す直前に家のポストに手紙を入れると、なぜか時空を越えてその手紙が2年前のその家のポストに届く。そこには建築家が住んでいて、その建築家がそのポストから返事を出すと、時空を越えてその手紙が女医さんに届く。

 2年という時空を越えて、2人の思いは近づき、やがて恋愛感情となるが…というロマンチックな話。

 アイデア自体はいかにも韓国映画らしい思いつき的な発想で、時空を越えて手紙を届けてくれるポストなんて、ドラえもんの秘密道具のようだが、2年の時を隔てた恋愛、というのがなかなか秀逸なシーンを生み出していて、2人が劇的に出会うときも、建築家は全てを知って万感の思いがあるものの、女医は過去の出来事なのでその意識がない。そこに生まれる切なさは、キアヌ・リーブスの熱演もあってなかなか泣かせる。

 2人がレストランで待ち合わせをしても、片一方は明日でも、もう片一方は2年後な訳で、そこに意外なサスペンスも生まれて、見ていてもドキドキする。2人の職業を医師と建築家とした点も、生命の重さや建築=人生を構築する、という隠れテーマが見えて作品を重層的にしている。

 ただし、肝心のポスト君がなぜ時空を越えるのか、何の説明もないまま淡々と話が進むので、リアリティあるお話がそのあとに展開されてもファンタジーと割り切れず、ちょっと感情移入するまで時間がかかったのと、最後のタイムパラドックスを吹き飛ばす展開は強引で、少々乗れなかった。でも、サンドラ・ブロックは相変わらず美しいし、スピードのカップルも成長したなあ、と少々感慨もあったりして…。

 デートムービーとしては、かなりいい出来だと思う。評判の韓国バージョンも見てみたい。


0



2006/10/31  18:31

投稿者:おたっきー

 コメント、ありがとうございます。

 思春期に見たラブ・ストーリーって、心に残るものです。僕も「小さな恋のメロディ」とか、今思い出してもキュンとします…。

 最初に出会ったラブ・ストーリーとしては、この「イルマーレ」はグッドかも、ですね。

2006/10/21  2:16

投稿者:映画新人k子

ついこの間まで「ディズニー映画」ばかりだった娘達と初の大人のラブロマンスを観たのですが、横顔を見ながら・感想を聞きながら・・・若かりし頃の自分と重ね合わせたりして・・・映画だけでなく楽しめました。時が経って、また娘達とこの日のことを思い出すことがあるかも知れませんよね。なので、私の中ではポストの謎はあえてOKといたします。笑

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ