2010/3/9

青空とパウダーとツボ足  BC Days(テレ三昧)
朝、友人シラゴンからメールが届く「山へ行かない?」
おれ、「オッケー」
晴れ&パウダーで断る理由は一滴もない。

白銀荘では偶然にも山仲間に会う。
もちろん全員バムだ。
一緒に三段に行くことに。

がっ!

「おれのビンディングのビスが抜けてる!」

偶然にもシラゴンが予備板があるので借りる。

「なんやこれ!壊れてるやんけ〜 たすく〜〜〜(なまえ)!」
クリックすると元のサイズで表示します
友人松ちゃんのビンディングも破損&ビス抜けしてる。
もう予備はないので滑れそうだからそのまま行ってみる。



やれやれ、波乱のスタートだ。
1段目。
俺と同じく両膝の故障から復帰中の池野。
久々の山はうれしいもんだよな。
クリックすると元のサイズで表示します
【前がシラゴン、後ろが池野】

ここでシラゴンと俺は先に行く。
一気に西尾根稜線へ。
滑り出しはアイスにサラッとパウダー。
前回と比べたら天国だ。

少し標高を下げ、雪が安定したら一気に沢へ。
たっぷりのパウダースプレーが尾を引き、昇天しそうだ。
太ももが攣りそうになってもノンストップで駆け下りる。
ボトムでは二人で吠えまくる。
滑りが気持ち良すぎて写真なんか無い。
まるで2月上旬並みのパウダーの軽さだ。
そのまま西尾根でもパウダーを浴びる。

いいタイミングで後続組が到着した。
プロカメラマンのオーちゃんに撮影してもらうため登り返す。
最初は松ちゃん
クリックすると元のサイズで表示します
次は俺。
アイスバーンを抜け、気持ちよくパウダーを浴びてると。。。
「おうっ!!」
大転倒する。
何が起こったかって、一番スピード乗ってきたときにビンディングワイヤーが切れる。
「ガッデム!」

クリックすると元のサイズで表示します
【G3ビンディングの切れたワイヤーを見て笑うオーちゃん】

ま、仕方ない。
久々にいいパウダーを浴びたし、文句は無いな。
仲間は他の斜面に向かい、俺はお先にツボ足で下山する。
ツボ足下山なんて久々だけど、なんだかのんびりしてていいなぁ。

振返ると、平日なのにどこの山もトラックで埋め尽くされていた。

happy powder な一日だった。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ