2010/3/14

WAO! Powder  BC Days(テレ三昧)
土曜日朝。前日から町でも風が大荒れ。
我が家なんて窓の断熱ビニールが全て破られ、隙間だらけの窓から風がピューピュー。
夜中じゅう家の中の扉が開いたり締まったりと、風の力は恐ろしい。
「ん!?言ってることがわからないって?」

昭和40年に建った家は隙間だらけなんです。
おかげで一睡もできず、前日から2日目の強制徹夜。
仲間とのスキーの約束はドタキャンして寝る。でも寝れなかった。。。
午後、バーデンで仲間と会うが富良野岳は最悪のコンディションで滑る価値もなくレスキュートレーニングしていたとのこと。

土曜夜。
旧白銀荘でカミフ会の反省会。
「反省会という名の飲み会だね」と口々に言ってたものの、始まるとかなり議論となり熱い夜が始まったのだ。
反省会も終え、カミフ豚をたらふく、アルコホルも浴びるほど摂取。
明日に向けて鋭気を養った。
「う〜〜〜ん。降ってるぞ〜〜〜!」


日曜朝。
最高の雪が積もっている。
3月だというのにこの軽さはなんだ!
今年はエルニーニョと気流の蛇行の関係から寒暖差が大きいのが予想されていたが、これだと3月末までパウダーが楽しめることが時々出てくるかもしれない。

駐車場で他の仲間と合流、三段山へ向かう。
しかし暴風後でカリンカリンは必至。
せっかくのパウダーなのではずれを引かないように携帯で気象データをにらみ、ピンポイントで場所を決める。
出発後2段目ではブリザードとカリカリバーンにやられる先行パーティたちが早々に下山してくる。
われわれは我慢してブリザードを進む。
到着した眼下にはたっぷりのパウダー。 予想通りだ。

クリックすると元のサイズで表示します
【田中ママ】

クリックすると元のサイズで表示します
【今日一番いい斜面を滑る田中パパ】

ボトムで集まったみんなは最高のコンディションで興奮する。
即効登り返し。
雪の量がかなりあるので慎重にルートを選ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
【サイタマくんあらため、タカヤ】

クリックすると元のサイズで表示します
【ボトムへ向かって滑り込むゲスト多田さん】

クリックすると元のサイズで表示します
【スプレーを引くmanami@K2】

2本目もパウダーを堪能した。
さすがに天気が大きく荒れてきた。
心地良いまま下山しよう。

次のgood powder はいつだろ〜な〜
0

2010/3/16  8:24

投稿者:ぱっちまん
>こざるへ
富良野岳も良かったみたいだね〜
車もいっぱいで大盛況だと聞いたよ。

このまま4月までパウダー降ってほしいね〜☆

http://www.bc-qali.com

2010/3/15  23:30

投稿者:こざる
日曜日のパウダー、よかったよねー!
オフラノ様も最高でした☆

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ