2010/10/6

「わたがし」 の森へ  nature
旭岳近辺も一気に黄葉が駆け下りてきた。
日差しが覗く午後、天人峡へと向かった。

忠別川沿いには柱状節理の奇岩が立ち並び、からむような黄葉がまばゆく目に入ってくる。
クリックすると元のサイズで表示します
【雨にぬれた黄葉の木々はひときわ美しい】



クリックすると元のサイズで表示します
【天高く、あまつ岩】

川は流れに彩りを添える季節。
激しい水の音も暖かな日差しとともにゆるゆると感じる。
クリックすると元のサイズで表示します

天人峡の遊歩道を木漏れ日とともに歩く。
黄色い光が空気を包み、あたりにただよう 「わたがし」 の香りに誘われるように小路を散歩する。

「わたがし」の香り。
それは、カツラの木々。

クリックすると元のサイズで表示します
【力強い幹。まばゆい黄葉。甘く誘うカツラの木】

まるでお祭りの参道を歩いてる気分。
次から次に目を楽しませてくれる色づいた葉は、まるで子供のころに見た屋台そのもの。

あと数日はお祭りを楽しめそうだ。
さて、夜店は開いてるのかな?
0

2010/10/8  23:54

投稿者:ぱっちまん
たかやへ
ひさしぶり〜
巨木じゃなくても存在感のあるカツラの木。
のんびりさせてくれる木のひとつだね。

2010/10/8  23:49

投稿者:たかや
この時期に川を歩くと、ふと「ぷんっ」とにおってきます。これは北海道の秋のにおいです。カツラの存在感、かっこいいですよね。

2010/10/7  7:04

投稿者:ぱっちまん
お〜ちゃんへ
それぞれめだつからね〜
それでも各々のフィーリングで違う作品ができるのはおもしろいね。

2010/10/6  21:00

投稿者:お〜ちゃん
やっぱり狙うのは皆同じ(笑)。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ