2012/10/4

極彩の高原  nature
久しぶりに秋の高原温泉に行ってきた。
実は前日からのどと頭が痛く、ゲホゲホして風邪気味だったんだけど、
今行くしかないよなぁと、前夜に運転して体力を温存しておいた。

朝、ヒグマセンターの友人と挨拶を交わしてから撮影を始める。
ナナカマドは少しやられてはいるものの、色どりが綺麗だ。
もっともいいのはミネカエデの黄色。
トレイルは黄色い木漏れ日で幸せいっぱいの気分。

オガラバナやナナカマドがややくすんで色づいてるものの、
今年の条件でこんなにいい状態のものが見れたのは良かった。
体に鞭打って来たかいがあったなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します
【わすれもの】

クリックすると元のサイズで表示します
【たまゆらの川面】

川では小さなオショロコマが水面まで浮き上がり、カゲロウを捕食している。
今時期に珍しい光景だが、彼らもこれからの冬を耐え抜くために、
沢山の虫たちを食べているのだ。

さて、それぞれの植物も中腹域まで上がってくると、曇りのない極彩色に彩られていた。

クリックすると元のサイズで表示します
【シンメトリー ワールド】

クリックすると元のサイズで表示します
【ひらひらと、落ちるがごとく】

その後、高原沼で友人と話をしながらのんびりガスの晴れ待ち。
それにしてもほとんど人がいなくて最高の紅葉狩りだ。
さて。
時間規制があるので下山する。
すでに風の諸症状も限界^^;
帰りはふらふら(もちろん風邪で)と浮足立ちながら、気持ちのいい色彩のトンネルをくぐって帰ってきたのだった。

おそらく昨日今日がピークでしょう。
ですがお天気が持てば今週末にはもっとナナカマドが良くなるものがあるので
期待できますね。

ただし、車両規制がなくなっているので車も人もえらいことになりそうです。
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ