2013/4/4

気になる樹肌  nature
今朝がた雨が降って気温も高め。
濃霧でも出てないかなぁと白金の森へ。

で、出てない。 残念。

でも気になるものが。
白樺が赤い。。。
そういえばここのは赤いのが多いなぁと前から感じていた。
クリックすると元のサイズで表示します
触ってみるとベルベットというか、、、カビというか、、、
どうやら気生藻類という湿気の多い地上で生活する藻らしい。

さらに奥へ。
僕のお気に入りのミズナラ。
決して巨木ではないが、枝ぶりが気に入ってる。
クリックすると元のサイズで表示します
そして斜めに育っているので新たな生命が沢山宿っているのだ。
雪解けの雫とともに苔は瑞々しかった。

クリックすると元のサイズで表示します
トドさん。
古い凍裂跡が更に割れて、フレッシュな生木が見える。
その奥には氷がびっしり。
もしや先日の夜の凍裂音はこういうことか?
0℃前後で気温が推移して、割れ目に浸みこんだ水が徐々に凍ることが続けば無くはないな。

森の中に陽が差し始め、爽やかな気分になる。
森の外に出てきたらすっかり青空で、白い雲が駆け足で過ぎ去っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ