2013/7/19

珍道中^^  aromas
なんと十数年ぶりに両親に会う。
旭川空港に迎えに行くと、手紙でよこした着時間の便が無い。
まさかと思い、兄貴に電話したら旭川駅・・・

ようやくごたいめ〜ん^^;
その足で近くのIGATEへ俺の写真を見に行く。
クリックすると元のサイズで表示します
3人の和歌山弁の会話を後ろでニヤッとしながら服をたたむミッチー。
どや、おもろいやろ〜 と横目で見返す。

お次は田んぼが見たいというのでうちらの植えてるところを回る。
スタートから西の端までくまなく回ると、あまりの広さに絶叫するだけ^^
オトンも米を作っていたが、和歌山の奥地と北海道では広さの格が違うのだ。
中休みにモンベルに寄り、再び東の端まで見るか?と聞くと、広すぎるからすでに無言。。。
さぁ、宿に行くか。
天人峡温泉 お宿しきしま  ご飯もおいしく、ちょうどいい和室でご満悦。


翌日は森の神様に寄ってから、旭岳姿見へ。
クリックすると元のサイズで表示します
十数年前に俺がスタートさせたレンジャーレクチャー。
いまは後輩たちがしっかり次いでいるのを聞く。
クリックすると元のサイズで表示します
オカンは花が好きなので、今回の姿見はもってこいだった。
春のガンコウラン(マニアックだが)、キバナシャクナゲから夏のツガザクラ、チングルマ、秋のリンドウたちまでここに咲くほとんどの花をたった一日で楽しめたのは、山の神様の贈り物だ。
しかも雨予報からお天気も持ってよかった。
そして今回どのくらい歩けるか心配だったが、しっかり一周できてよかった。

昼ご飯は美瑛に移動してバーチにて。
クリックすると元のサイズで表示します
フレッシュな食材に「おいしい!」と舌鼓。
お店の方は僕の写真展に足を運んでくれて知り合いとなり、バイトのノリちゃんも田植えの時とは違う(田植え仲間である)シュッとした感じでお店になじんでる!
ので目を合わせて ニヤリ!

次は青池へゆく。
がっ! 聞いていたがものすごい人! 駐車場は舗装されていないので大量の車の為に真っ白な砂埃!
二人も「埃かぶって、樹もかわいそうやなぁ」と。
まったくもってその通り。
池は綺麗だが、二度と日中には行かない場所となるな。

クリックすると元のサイズで表示します
しかしこういうショットが見れるということはとても幸せである。

白金温泉ではネイチャーセンターの先輩の写真を見て、本当のここの自然の深さを知ってもらい、疲れた体を癒しに白銀荘へ!

出迎えてくれたスタッフはみな家族同然なので、まるで夏休みに田舎に帰ったような雰囲気になり、オトンとオカンもご機嫌^^
土ぼこりをおとし、サッパリしたら、美瑛の小麦畑をドライブしてから宿へ帰る。

ちょっと車に乗る距離も長くて疲れたかもしれないが、宿でものんびりできていい休日であった。
こうして振り返りながら書いていると、時間とはとても大切なことであることがふつふつと感じられる。

今度は紅葉の時に!

おまけ↓


 
オトンが持ってきたおみやげ(?)

「これ、いるんちゃうか?」
クリックすると元のサイズで表示します

「いらんっちゅうねん!!^^」

3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ