2014/2/7

青森旅情 その2  BC Days(テレ三昧)
さぁてその2です

day3
軽〜く昨夜の影響がそこここに見受けられる中、僕はヘパリーゼ2本を飲んでいたので無影響^^
今日はオール実技です。
まず午前中はお天気もまずまずで弱層テスト、ヴィクティムレスキューと、雪を掘りまくり系でいきます。
クリックすると元のサイズで表示します
コンプレッシィンテストのデモからの〜
クリックすると元のサイズで表示します
小春日和の^^;中でショベリングで
クリックすると元のサイズで表示します
要救を掘り出す!
埋められないとわからない自分の閉所恐怖症。。。人様々です。

一旦宿に戻って昼飯を食べていると猛烈に天候が悪化してきた。
午後からはコンパニオンレスキューだ。
らしくなってきたぜ!
teamエクストリーム(ほぼ消防隊員と経験者)には八甲田ロープウェイのコース外で雪崩が発生した通報に向かう設定、雪山訓練中に事故パーティーに遭遇する設定を仕込む。
久しぶりにビーコン未装着者も入れてみたが、時間内で内容的にもほぼクリア。
クリックすると元のサイズで表示します
やはり日ごろチーム内での指揮系統がしっかりしているということは、新しい技術の習熟に専念できるので速い。
どこの消防チームにもありがちなのが、パワーがありすぎるせいかショベリングを真上から掘ってしまう癖。1秒でも早く顔を出したい気持ちはわかるが、結局はビクティムを乱暴にしか引き出せなくなるので、よほどの浅い埋没でない限りV字でやるのが有効だ。
team亀さん(一般者、初心者)は基本的な設定。全体の優先順位をどうするか、基本的な流れを理解しているかが課題だが、普段から大きい声を出したり、チームの情報共有に慣れていないのでなかなかスムーズにはいかない。
が、これがわかっただけでも大きな成果だ。

やはり救助は指揮系統と情報共有なのだ。

さぁてこんなことを静かにチェックしている僕は暴風にさらされ続けているのであっという間に低体温になりかけだ。。。体が震えている。。。^^;
時間もかなり押してきたので、要救を搬送する。
クリックすると元のサイズで表示します
夕暮れの中、全メニューを終え、全員ぐったり&充実感のある顔になっていた。
帰り道は視界の無い猛吹雪。。。
皆さん本当にお疲れさまでした!


day4 : (副題)しょっぱい一日
今日からフリーである。ふっふっふ^^
まずは横浜オーナーが押す、森吉山下見ツアー。
阿仁スキー場経由で、登りはほとんどなく、小屋で昼食が取れ、樹氷の間を滑る。
いいじゃないかぁ〜、僕も森吉には前から行ってみたかった。なんてったってクマゲラの住む山だからね。ん?今は関係ないか。

ということで、片道3時間半^^;かけて八甲田から森吉へ。
昨夜の堀田さんの「疲れた、明日朝、浴衣着て待っててええ?」を年下の僕は優しく制止し拉致する。
クリックすると元のサイズで表示します
必ずコマネチをしてしまうオーナー。東川にもいるなぁ。
そんなこんなでゴンドラで登って山頂駅からスタート
樹氷の間を歩きつつあっという間に小屋到着。
『中で昼飯にしよう!』であったのだが、、、まさかの小屋開かない^^; しょっぱい経験である。
クリックすると元のサイズで表示します
では登ろう!と言いたいとこだがホワイトアウト。
少し行動食をとりながら待ったが一向に上がる気配が無いので下山。
すると半分戻ったところで・・・青空出てきた。。。しょっぱい洗礼だなぁ
クリックすると元のサイズで表示します
よし少しでも滑ろう!
ラインは少ないが、いいボウルがあるので「行こう!」と行ったが結構な登り返しの為、みんなから却下^^; ははは、しかたないか。
で、尾根上を滑る。
クリックすると元のサイズで表示します
これまでとは違ういい雪です!
クリックすると元のサイズで表示します
カメラつけすぎの絵寝元(中島さん) ^^;
だけど青空と樹氷のロケで滑るのいいですね〜〜〜〜!
ただしあっという間にゲレンデトップ^^; しょっぱいなぁ^^;もう終わりかぁ〜
しかししつこくどこかにパウダーあるはずだ!と、ゲレンデマップを手に探して樹林攻めで行こう!と行ってスタートすると、ゲレンデ内パウダー^^;
え?ここのほうがパウダー深いし。。。
クリックすると元のサイズで表示します
と全員苦笑いでパウダーを楽しみ、お約束のガチバーンが登場。
しかもここのピステはほぼ斜度ない。。。しょっぱいなぁ〜
仕方ない、久々にドギーするかっ!ってことで、伝授。
クリックすると元のサイズで表示します
ふう、今日一日しょっぱかったぜ〜の堀田さん
クリックすると元のサイズで表示します

しかししょっぱいのはこれで終わらなかった。。。
帰り道(当然3時間半あるよ^^)、温泉に寄ろうと行くも、オーナーが道間違えてすでにあたりは真っ暗。  しょっぱいぜ!

着いた温泉街は熱い湯だらけのとこらしく、中でもぬるい湯(それでも43℃)を『ここだ!』と堀田さんがセレクト。
クリックすると元のサイズで表示します
いずみの湯250円。 ん?とおもったが入ってみて堀田さんと顔を見合わせ、『安いはずや、洗剤あらへん。銭湯やん!』と苦笑い。
湯につかるしかないかと、全員入ろうとしたが絶対43℃じゃない熱さ!
なっかなか入れず、結局少し浸かって我慢大会をして終了。
しょっぱい温泉だったなぁ〜  けど、めちゃ温まった!

最後に十和田名物バラ焼きを食ってようやくしょっぱさから脱出。
堀田さんと酒を交わしながらほどほどのとこで、もう寝るか〜とあすを待った。

day5
朝から暴風、気温も急上昇。西風続きが南に変わり八甲田の雪はどこも悪そうだ。
どこも悪そうなのでそこそこ平坦地を歩かねばならない予定の雛岳を却下してロープウェイへ。
運休は知ってたのでリフトで人気の少ないミッシリ詰まった雪をいただく!
すぐにロープウェイが再開されたのでフォレストコースへ。
全く視界無い。 雪は片栗粉。 西風の影響が残り激うねり。
1本で終了。写真も無い^^;

クリックすると元のサイズで表示します
てことで、文豪も泊った蔦温泉で青森旅情を振り返り、八戸へ戻って一路北海道へと帰ってきた。
いやぁ、わびさびあって楽しい旅仕事だった^^

今回の開催店 kiwi&atcスポーツ
http://atc-sports.kozzy.net/atc/displaypage.do
春からは、奥入瀬の新緑マウンテンバイクツーリングと八甲田のスキーが楽しめますよ!
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ