2014/4/14

シルエット  nature
今日はカメラ握りたくない、無理。
そう言いきったぐらい暑さにやられた作業の後、温泉に入ってのんびり月を眺めていると・・・

やっぱ行くかなぁ。

結局車を走らせ、今日も撮影ドライブ。
へとへとな時こそ、何か違うことをすると脳がスッキリするんだよなぁ。

さて、天人峡の森で淡く黄色い月の灯かりを仰ぎ見る。
雪に漂うような蒼いシルエットは、美しくいつまでもさざめく波のようだった。

クリックすると元のサイズで表示します
【蒼い漣】

ふと気配を感じ取る。

カツラの木が「俺も撮ってくれよ」って言っている。
クリックすると元のサイズで表示します
「仕方ないなぁ、1枚だけだよ」

すっかり睡魔にやられそうな僕は、「じゃあね!」とみんなに別れを告げて立ち去る。

とっても明るい夜の森は、なんだか森のみんなと会話ができそうな雰囲気なんだよね。

3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ