2014/5/3

妖精たちの輪舞(ロンド)  nature
1年ぶりの妖精たちに逢いにゆく。
今年は男山自然公園へ。
じつは初めて。

ちょっとピークは過ぎていたが、それでもいいワルツを魅せてもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
まるでブラックプールのダンスホールで紳士と淑女が混じり合っていくような圧倒感。

クリックすると元のサイズで表示します
レディは特別おしゃれで綺麗に舞い続ける

ちょっと変わり物もいたね。
クリックすると元のサイズで表示します
目がいっぱいついたグリーン星人ってとこかな?

おっとと。ダンスのほうを見てみよう。
こんなところで異種カップルが。
クリックすると元のサイズで表示します
ふたりとも初々しい若いカップルだね。

クリックすると元のサイズで表示します
【小さな飛翔】
こんなに楽しいと、妖精だから飛びたくなるよね。

そしてちょっとダンスホールから外に出てみると、小声でささやくレディがいた。
みんなの足元にいるのに誰も気づいてないらしい。
そっと寄り添い話しかける。
「変わった衣装だね。似合ってるよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「shall we dannce?」 
どっかで聞いたような言葉だったけど、しばしの時間を過ごしていた。



とまぁ、今日の撮影の様子はこんな感じになるのだけど、
男山というとやっぱこれが頭に来るわけで。。。
クリックすると元のサイズで表示します
資料館によってしっかりお酒を買わせていただきました^^;

そして東川文化ギャラリーによって高砂淳二さんの写真展を鑑賞。
感想は 「このひと、めっちゃおもろい!!」
なんてったってキャプションが俺の感覚(↑上みたいな)そっくり^^
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ