2009/3/30

この時期にしてはthe dayなのに細板革靴で行っちゃった。。。  BC Days(テレ三昧)
ツアー疲れやら講習会の準備やらでアップが遅れました。

さて早朝に積雪パラメーターをチェックすると山は30センチほどのnew snowだ!
しかも今日は午前中が晴れ予報。
the day 間違いない。
そう、間違いない。。。

で、なぜか体中がムズムズしてきて。。
「久々の快晴を細板革靴で滑りたい。。。」
「暑そうだから、せっかく手に入れたDALEのセーター着れそうだ。。。」
「でも30センチの新雪で気温上がるぞ。細皮は死にに行くようなもんだぜ」
とりあえず全ての道具を積み、白銀荘に着くまでひとりつぶやき続ける。

で、選んだのは
クリックすると元のサイズで表示します
左よりt.papaのサグ、おれのセントエライアス、スーさんのメガワット。
おれ、半分の太さもねぇ〜じゃないか!
仲間は明らかに苦笑している。
「ああ、死んでやるさ!いやいや滑ってやるさ!」

三段山に向けて出発するも、すぐに激暑でみんな上着を脱ぎまくる。。。
おれはセーターなので暑いながらも通気性がよく快適!
さすがDALEだ。

東谷上部まで来ると暑さはさらに増す。
雪はあっという間に重くなる。まるで水のようだ。
で、papaが「東谷を先に滑ろう!」
これは賛成だ! ピークまで行ってる間に全ての雪が死んでしまう。
先に1本滑っちまえ〜

みんな快適にシュートへ滑り込み歓喜の声が聴こえてくる。
オレはというと。。。この深〜いレール状のシュプールを見、意を決して滑り込むもののいきなり緩斜面で側転。。。
フォールラインを少しでも超えると雪が重すぎて、切り返しで外エッジを食われまくる。が、なんか少しだけわかった。
食われそうな一瞬に前に乗り込んでやれ!と、そのまま核心部へ突入〜!
クリックすると元のサイズで表示します
「イヤッホ〜〜〜〜!!」
クリックすると元のサイズで表示します

ボトムまで一気に(といっても細板なのでスピード遅い)滑り降りた。
しかもひとりだけフェイスショット!!
これは細板の特権だね。

クリックすると元のサイズで表示します
みんなも滑り降りてきて大満足の笑顔。
さてピークへ行くか。
しかしピーク手前でどうやら靴ズレしたようだ。我慢我慢。
今日は西の谷を下りる。
すでに雪は腐りきっている。
アンギレーションもクソもない「i'm dead!」の苦悩の世界が始まる。
側転前転当たり前。しかしめげずに滑ります。
標高が下がるほど死にそう。。。
そんなこんなで、正月の細板革靴日に続き、使用前使用後の姿となる1日でした。
ふぅ〜〜〜、疲れた〜
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ