2005/9/29

9月のお菓子教室  

クリックすると元のサイズで表示します
9月のお菓子教室の基礎メニューは「タルト・オ・ポワール」と「クロッカン」です。難しい印象のあるタルトですが、コルドン・ブルーではまず最初に徹底的にタルトを学びます。作ってしまえば、ジェノワーズ等よりも失敗が少なくしかもとても見栄えがするので、完成すると生徒さんからは「歓声が!(笑)」パータ・サブレを敷き込むのは気温との勝負。まだまだ暑い日が多い9月は冷房をガンガンに効かせたなかで手早く作業するのがポイントです。サブレは空焼きをした方が食感がよく断然美味しくなります。また焼いた翌日がパータ・サブレとクレーム・ダマンドに一体感が生まれ感動的な美味しさです。
お教室の試食ではいつも出来立てを食べていただくので、翌日の美味しさにも驚きました!という報告を受けました。出来立てを食べれるのもお菓子作りの醍醐味。翌日にも残っていたならば(笑)是非味比べをしてみてください。クロッカンは卵白だけを使って作る焼き菓子です。お菓子作りでは卵黄だけを使うことが多く卵白は冷凍保存しておきます。そんな卵白を使って手軽にできるお菓子です。しかも卵白50gからなんと50個も出来てしまうんです。作るたびに不思議な気持ちになる私ですが、食感がよく食べるとやみつきになります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ