2006/1/7

エーグル・ドゥース  

クリックすると元のサイズで表示します
今年2件目の食べ歩きは目白の「エーグル・ドゥース」コルドンブルーのパリ校と東京校で講師をされていた事もあるというシェフが2004年にオープンしたお店です。まずショーケースの生ケーキを見てその華やかさに圧倒されました。自由が丘の「パリセヴェイユ」に行った時の衝撃と同じような感じ。独創性のあるデザインのケーキが並びます。その中から「シャンティー・フレーズ」「ショコラ・アールグレイ」「モンブラン「生姜のケーキ」「カスレット」「ノワール・ラフィネ」「イヴォリンヌ」「チーズケーキ」を選びました。洋酒が効いていて全体的に大人な印象。そのデザインと組み合わせにシェフの個性が光ります。お店には地元のお客様がひっきりなしに来店。地元でも評判のお店のようです。お店の代表格と言われているケーク類も種類が豊富。スタイリッシュな形も目を惹かれますがそれぞれ個性を生かす様々な工夫が凝らされていて全種類制覇したくなります。「ショコラ・オランジェット」「マドレーヌ」「クグロフ」「マカロン」をテイクアウト。おおぶりのマカロンには驚きましたが、さっくり軽くて美味しい!デコレーションのセンスは今でも鮮明に印象に残っています。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ