奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/10/24

北朝4-1後光厳天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 北朝初代天皇(第97代天皇)の光厳天皇(1313〜1364)(在位1331〜1333)と正親町三条秀子(1311〜1353)との間の第1皇子は北朝3代崇光天皇(1334〜1398)(在位1348〜1351)で、しばらくはこの系統をずっと書いて来ましたが、第2皇子同母弟が今回の弥仁親王(イヤヒトシンノウ)です。
弥仁親王は、幼少時は祖母になる第93代後伏見天皇女御広義門院西園寺寧子(1292〜1357)に後見されていましたが、通例のようにいずれは仏門に入る予定でした。
  写真は、師団街道沿いに立つ深草十二帝陵の石柱です
 クリックすると元のサイズで表示します
 1351年皇統が一時的に南朝に統一された正平一統が成立、北朝天皇は廃されましたが、1352年には(南朝2代)第97代後村上天皇(1328〜1368)(在位1339〜1368)の意向で、父光厳・叔父光明・兄崇光の3上皇と廃太子された直仁親王が大和の賀名生(アノウ)に拉致幽閉されました。
弥仁親王も拉致する方向で捜されましたが、上手に隠れたそうです。
  写真は、JR奈良線沿いにある深草北陵(深草十二帝陵)
 クリックすると元のサイズで表示します
 北朝方の足利幕府(2代義詮(ヨシアキラ))は、このままでは旗印も無くなり朝敵にも成るし、京都の公家たちも仕事が無くなるので、寧子を女だてらで皇族生まれでもないのに、強引に治天の君にして、三種の神器も無いのに、15才の弥仁親王を北朝第4代後光厳天皇(ゴコウゴン)(1338〜1374)(在位1352〜1371)として即位させました。
 三種の神器も無く天皇に成るのは、後鳥羽・光厳・光明に続いて4人目になります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後光厳天皇は沢山の妃に男14人・女2人の沢山の子を産ませてますが、典侍藤原(広橋)仲子(崇賢門院)(1339〜1427)が産んだ第2皇子緒仁親王(オヒト)が後の北朝第5代後円融天皇(1359〜1393)(在位1371〜1382)です。
  写真は、12人の持明院統系天皇(南朝2人)と栄仁親王(ヨシヒト)の名が並ぶ深草北陵制札です
 クリックすると元のサイズで表示します
 天皇になってからも後光厳天皇の周りは安定せず、1361年には南朝軍によって京都を奪われ、岐阜や滋賀県にまで逃げたこともあったようです。
1357年には同母兄崇光上皇も京都に帰ってきて、皇位を自分の息子に戻すように迫られました。
それでもやっと安定して来た足利幕府で共に苦労した足利義満(1358〜1408)(3代将軍1369〜1395)の応援もあって、1371年緒仁親王に譲位し、院政を敷くことも出来ましたが、その後数年で疱瘡で亡くなり、深草北陵(フカクサノキタノミササギ)(伏見区深草坊町)に葬られています。

         返事
Toitenlabeeさん:カンガルーはいませんよ。
3

2021/10/21

あさご芸術の森美術館  
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の砥峰高原への旅では、SA・PA・道の駅とトイレ休憩を繰り返しましたが、昼は幻のぶたと呼ばれてますが地味な八鹿豚(ヨウカブタ)のコロッケ定食で、コーヒーは何回か飲みましたが、写真にあげられるようなスイーツは食べずじまいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 途中に朝来に出たので、あさご芸術の森美術館=淀井敏夫記念館=にも寄りました、JAF割りで450円。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ロックフィルダムの前にある美術館で、朝来市出身で日本近現代彫刻の先駆者淀井敏夫(1911〜2005)さんの作品を展示しています。
ダムの前の屋外にも淀井さんの作品が並んでいます。
姫路城横の美術館や鳥取県倉吉の公園でも観たことがある淀井敏夫さんの作品は、嫌味が無いですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 美術館内の淀井敏夫作品は写真撮影もOKでしたが、2階でやってた第9回あさごアートコンペティション2021が、日展観てるよりずっと面白い作品が並んでいて、非常に楽しかったですが、写真撮影は不許可でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 あさご芸術の森には40もの沢山の野外彫刻が並んでいるのですが、毎年の野外彫刻公募展の受賞作品が増えているようです。
 これは公募作品ではないと思いますが、(「最後の午餐」に集合した一同)とは10年前にも一緒に写真を撮りましたが、皆は元気で変わらず歳とってませんが、私だけが10年歳取りました。

         返事
和さん:宝塚北SAは綺麗すぎますので、
    やや面白みに欠けてきてませんか。
     花水木さんはお孫さんの世話で忙しいのかも、
    朝橘さんのブログなども更新が少なくなってるので、
    子供と仕事で手が回らないのかもしれませんよ。
Toitenlabeeさん:観光バスを見るようになってきましたね。
    まあそれが普通なんですが、
    コロナ中の旅行の静かな環境を壊されてると、
    身勝手にも思ってしまってます。
2

2021/10/18

砥峰高原  
 クリックすると元のサイズで表示します
 新型コロナ感染者数もめちゃ減ってきましたね、理由ははっきりしないそうですが喜ばしいことです。
 来月からはインフルエンザ予防接種をしなくてはなりません。
 先週末はいつもの滋賀・福井と違って、西の方向にドライブしようと家を出ましたが、亀岡で道を一つ間違って箕面(ミノオ)方面に出てしまいました。
まあ箕面とどろみICから第2名神に乗れたのですが、負け惜しみですが「とどろみ」を「止々呂美」と書くことを知ったのは収穫?です。
 そこからその日は、SA・PA・道の駅など10ヶ所ほどでトイレ休憩をしながらの旅でしたが、先ずは乗ってすぐの手塚治虫や宝塚歌劇の宝塚北SAでトイレとコーヒーです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 予定通り?そのまま中国道・播但連絡道を通って砥峰高原(トノミネコウゲン)(兵庫県神河町)に行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 90haの広さの草原ですが、90haはこの写真の4倍ぐらいになるのですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ススキは丁度満開か少し早いかですかね。
もう秋でしたが、今日の寒さと違って3日前は、上天気の下を歩くと暑いぐらいでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 上の展望台まで登りました。
下に小さく見えるレストハウスと駐車場の車、平日でもあるので、なんとかここまでぐらいなら登れる私たちぐらいの年齢の人が多かったです。
駐車場(500円)も満車、そろそろ観光客が増えだすのは良いことでもあり、私に言う資格ないですが、うっとおしいことでもあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 10年前青野原病院にいた頃に「ノルウェイの森」のロケ地で有名になっていたので、行きたかったのですが、やっと行けました。
NHK大河の「平清盛」や「軍師官兵衛」もここでロケしたようで、現在上映してる「燃えよ剣」の撮影地でもあったようです。
松山ケンイチや岡田准一は砥峰高原が好きだったのですかね。
2

2021/10/16

北朝3-5後伏見天皇九世皇孫邦茂王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここで「なんでこんな人まで」と思える、伏見宮家ゆかりの人の墓になりますが、一応宮内庁管理の墓所ですので、飽きずに読んで下さい。
 そもそも伏見宮家は;
第93代後伏見天皇ー北朝初代(第97代?)光厳天皇ー北朝3代崇光天皇ー伏見宮初代栄仁親王(ヨシヒト)−伏見宮3代貞成親王(後崇光院・太上天皇)(2代は治仁王)と、ここまでは報告済みです。
 続いて;
4代貞常親王(サダツネ)−5代邦高親王(クニタカ)−6代貞敦親王(サダアツ)−7代邦輔親王(クニスケ)と続くので、邦輔親王は後伏見天皇八世皇孫になります。
 その息子で年上ですが第8皇子だったのが、今回の後伏見天皇九世皇孫邦茂王(クニシゲオウ)(1530〜1570)になりますので、計算は合いますが邦茂王が産まれたのはもう戦国時代ですね。
  御所の北相国寺境内に伏見宮墓地は地味に有りました
 クリックすると元のサイズで表示します
 7代邦輔親王には、第2皇子の8代貞常親王(サダツネ)や第3皇子の9代邦房親王(クニノブと、邦茂王より後に産まれた皇子がいますが、何故か邦茂王は第8皇子になっていて、色々ややこしい事でもあったのか、邦茂王は丹波亀岡小口の母方の領地である安藤家に難を逃れて行き、そのまま生母の姪と結婚して安藤家に入り、安藤惟実(コレザネ)と名乗りましたとさ。
  伏見宮墓地には近寄れないので、北の方から撮った写真になりますが、塀の中には石塔が見えますし、同志社女子大の建物の向こうの木は御所の木です
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここまででは、なんで邦茂王の墓が宮内庁治定になる墓か合点がいきませんし、かといって代々の当主たちが眠る伏見宮墓地に合葬されたとしてもおかしいですよね。
  結構有名な亀岡に有る丹波国一之宮出雲大神宮から車で少し走り、邦茂王の次子僧祖渓(ソケイ)が始めた東光寺(トウコウジ)近くに車を停めて、ここから山の方に墓所を目指します
 クリックすると元のサイズで表示します
 邦茂王の弟には邦茂王より30歳も若い前述の9代邦房親王がいますが、その息子は10代貞清親王(サダキヨ)(1596〜1654)。
貞清親王の第1皇子は11代邦尚親王(クニナリ)(1615〜1654)で子は無し、他の息子は12代邦道親王(クニミチ)(1641〜1654)と13代貞致親王(サダユキ)(1632〜1694)ですが、貞致の父は貞清か貞尚かはっきりしないそうですし、年齢もなんかおかしいですね。
この11・12・13代の3人の伏見宮当主はいずれももう江戸時代の話ですが、これからも男系天皇で行くなら、伏見宮の系統から今後天皇が出るかもしれないのですが、伏見宮家の系統も本当に繋がってるのか・・・・。
  林の中を3回ほどY字別れ道を間違わないように10分ぐらい歩きました
 クリックすると元のサイズで表示します
 話はかなりややこしく、系図でも書いてもらった方が判りやすいと思います。
元に戻って、安藤家の姪と結婚した邦茂王ですが、子ができ孫ができひ孫ができるまで、それぞれが20歳ぐらいで産んだとしたら、ひ孫の定子は1590年頃の産まれになります。
この定子が伏見宮家にあがり、貞清親王(一説には邦尚親王)のお手付きになり、産まれたのが13代貞致親王です。
  それらしい柵に近づいて来ました
 クリックすると元のサイズで表示します
 この貞致親王は母の身分が低いので、丹波に養子に出され、鍛冶屋の弟子になって腕の良い長九郎と称していました。
1654年同じ年に何故か貞清・邦尚・邦道と伏見宮10・11・12代当主が相次いで死んだため、伏見宮家断絶の危機に直面し、安藤家の働きかけで京都所司代が吟味し、なんとか13代貞致親王が相続できて、天皇家皇族の宮家として続いています。
  虫が一杯飛ぶ墓所でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 ごちゃごちゃと判りにくい説明になったと思いますがお許しください。
こんなわけで、宮内庁治定陵墓になってしまった後伏見天皇九世皇孫邦茂王墓(京都府亀岡市千歳町千歳北谷山)に行ってきましたが、行かなくても良かったかもです。

        返事
Toitenlabeeさん:解禁になったら、
    人出は増えたので、なんか変な違和感がありますよ。
2

2021/10/13

第10回桂南光独演会  趣味
 クリックすると元のサイズで表示します
 生協で家内が買ってくれたので、府立文化芸術会館の第10回桂南光独演会(4000円)に行きました。
先週土曜日午前に、自転車で二人で出発、帰りは近くで少し遅めの安いランチ、大学周辺に行くのも久しぶりでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨年は入場制限をしたのか、券が1枚しか当たらず、一人で行ったのですが、去年の写真のように席も一人おきで、パーテーションも付いていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年はもう隣の席はおばさんですし、横の席は家内です。
ほとんどの観客は、私たちぐらいの人でした。
 この1年映画演劇に行かなかったので、場内案内があるまで、携帯の電源を切らなければならなかったことも忘れていました。
 新型コロナの次の時代を考えて、老い先も短いので、やりたいことをやっていきたいと・・・・。

         返事

Toitenlabeeさん:慣れで運転はそんなに疲れませんが、
    京都ー長崎港800kmを一気に走る元気はもうありません。
大雪男さん:大雪男さんもよく動いてますね。
    夜の登山は怖くないですかね、気を付けて下さい。
     巨人戦3連勝、ヤクルトは中日に3連敗でもしてくれたら、
    嬉しいのですが・・・・。

2

2021/10/9

紅ズワイ蟹  
 クリックすると元のサイズで表示します
 10月1日に非常事態宣言も解除されて、一応どこに行っても良いことになりましたが、そうなるともうどこも行きたくなくなって1週間。
1週間たつとやっぱりどこかに行きたくなって、松葉ガニではないですが、紅ズワイガニは解禁になってるので、越前海岸までゆっくりドライブ。
 その日の日本海はべた凪です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 紅ズワイ定食と刺身定食を二人で分けあって食べました。
紅ズワイも、濃厚さでは松葉ガニに負けますが、身も詰まっていて、二人で食べて十分の量。
刺身がまた美味しく、やっぱり海のそばに住みたいですね。
カレイ?の煮つけも、抜群のお味で、イカの入ったマカロニサラダさえ美味しいですし、これでファミリーレストランで食べるのより安いぐらいですので、3時間かけて来た甲斐は有りますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 せっかくなので越前海岸のもう少し先までドライブ、久しぶりに呼鳥門(コチョウモン)も見学。
大学生の頃や子供と一緒に来た頃は、洞穴の下は国道だったので、車でくぐれましたが、今はトンネルが出来きれいに整備されて、真下には行けないようになっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう少し行くと有名な東尋坊なのですが、越前海岸一番北ぐらいのこの鉾島(ホコジマ)も、東尋坊と同じ玄武岩の柱状節理で出来ていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰りはちょっと北陸自動車道路にも入りましたが、南条SAはやけに車が多いと思ったら、併設の道の駅が丁度その日にオープン、綺麗で綺麗で、道の駅にしては綺麗すぎるし、人も多かったので、休憩は次のPAに変更。
 クリックすると元のサイズで表示します
 PAで、パンナコッタとパイナップル入りのメロンフローズンジュースという、わけが判らんジュースを飲んで休憩。
疲れて帰ったら、阪神はヤクルト3連戦初戦を落として、これで優勝はかなり難しくなりましたね、お疲れ様でした!

        返事
Toitenlabeeさん:なんで桜のコメント、
    と思ってしまいましたが、
    私が桜や花見を書いたからですね。
    なんか最近本当のボケが進んできています。
2

2021/10/6

北朝3-4後崇光太上天皇貞成親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 北朝3代崇光天皇の第1皇子栄仁親王(ヨシヒト)(1351〜1416)と御息所正親町三条治子(ミヤスンドコロオオギマチサンジョウハルコ)との間に、第2皇子として産まれたのが貞成親王(サダフサシンノウ)(1372〜1456)です。
前回紹介したのは、第1皇子で兄の治仁王(ハルヒトオウ)(1370〜1419)でした。
  伏見の商店街から南へ、酒蔵のある辺りからも少し外れて、急に人通りが少なくなった桜の季節、伏見松林院がありましたが、門前までです
 クリックすると元のサイズで表示します
 貞成は幼少時は他家(今出川家)で養育され、1411年40歳にしてやっと父伏見宮栄仁親王の下に迎えられ、元服しました。
5年後その父が亡くなり、同母兄治仁王が第3代伏見宮家当主になりましたが、数カ月後に急死したので、貞成が第3代当主になりました。
  伏見松林院裏手に、自分自身は天皇には成れませんでしたが、息子が天皇に成ったので、太上天皇の称号も与えられた貞成親王の立派な陵を見つけました
 クリックすると元のサイズで表示します
 元来崇光の系統は皇位に就かないと約束はさせられていましたが、同じ北朝の後光厳天皇系からは、いつまでも皇位を狙ってると恐れられていたのか、貞成が兄治仁王を殺したとの疑いを広められ、これは後小松院や4代将軍足利義持によって否定され、貞成は助かっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後光厳系のやや精神的に問題があった第101代称光天皇(1401〜1428)(在位1412〜1428)からは、自分の女を懐妊させたと密通の疑いをかけられたり、1425年には後小松院の猶子となって親王宣下を受けたので、父の後小松院とは元々仲が良くなかった称光天皇の怒りを買い、貞成親王は出家し、道欽入道親王(ドウキンニュウドウシンノウ)となりました。
  写真は拝所正面
 クリックすると元のサイズで表示します
  貞成親王は御息所庭田幸子(ニワタユキコ)(1390〜1440)との間に、後に第102代後花園天皇に成る彦人王(ヒコヒトオウ)(1419〜1471)や第4代伏見宮貞常親王(サダツネ)(1426〜1474)をもうけていました。
そして称光天皇が崩御すると、北朝後光厳系には跡を継げる男子がおらず、念願かなってやっと北朝崇光系の貞成親王の息子彦人王が皇位に就きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 息子後花園天皇治世の最初は、後小松上皇による院政でしたが、1433年後小松が崩御後は、貞成親王(道欽入道親王)は天皇の実父として、この辺りに伏見御所を造営し法皇として(後崇光院)太上天皇の尊号も受けましたが、表向きはこれを辞退しています。
 墓所は立派な伏見松林院陵(フシミショウリンインノミササギ)(伏見区丹後町)に後崇光太上天皇陵と有りました。
  御陵周囲は静かでしたが、少し運河の方へ歩くと、今年春の新型コロナ時代でも、それなりの花見客でにぎわっていました

         返事
Toitenlabeeさん:どちらかと言うと私に出てるのは、
    年寄りの疲れだけですかね。
2

2021/10/2

北朝3-3後伏見天皇皇玄孫治仁王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 緊急事態宣言もやっと解除され、昨日1日は早速滋賀県で食事はしましたが、すぐに帰り、今日土曜日はどこに行っても良いのですが、朝からブログを書いて、あまり他府県に行く気にならない天邪鬼です。
 前回の栄仁親王(ヨシヒト)(1351〜1416)と御息所正親町三条治子(?〜1399)との間に産まれた第1皇子が、今回の治仁王(ハルヒトオウ)(1370〜1417)で、同母弟に貞成親王(サダフサ)(1372〜1456)がいます。
  後伏見天皇皇玄孫治仁王とある、大光明寺陵の制札ですが、第93代後伏見天皇から数えて(後伏見-光厳-崇光−栄仁-治仁王と)4代目になります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 本来の長子相続なら北朝天皇は光厳-崇光-栄仁−治仁と続くので、治仁王は天皇に成れても不思議ではなかったのです。
しかし、治仁王が産まれたのは持明院統の時代でも、後光厳-後円融-後小松の時代で、祖父崇光の弟の系統が皇位に就いてる頃でしたし、南朝でも、長慶-後亀山-後小松の時代でしたので、天皇位は治仁王にとってははるかかなたでした。
  やや右に廻ってますが、ほぼ直線の明るい開放的な参道です
 クリックすると元のサイズで表示します
 1408年第100代後小松天皇の時代に、やっと元服できた治仁王は、1416年に父栄仁親王が亡くなると、伏見宮第2代当主となりましたが、数カ月後には急死しました。
伏見宮家廃絶を望む人がいたのか、弟貞成親王に殺されたとの風説が流れましたが、後小松上皇と第4代将軍足利義持により安堵され、治仁王には女の子しかいなかったので、弟貞成が第3代伏見宮当主になりました。
 墓はこの北朝2代崇光・3代光明と同じ大光明寺陵(ダイコウミョウジノミササギ)(伏見区桃山町泰長老)に有ります。

 10月・11月ぐらいは新型コロナも落ち着いてると思われるので、また旅行など遊べそうですが、なんか自粛中に気力が萎えてきていて、解除されても今はまだ予定なし。
今週の休日は変わらず競馬と阪神とWOWOWですかね。
1

2021/9/29

北朝3-2崇光天皇皇子栄仁親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 北朝第3代崇光天皇(1334〜1398)(在位1348〜1351)の17歳時の第1皇子で、母は典侍庭田(源)資子(シシ)(?〜1394)の栄仁親王(ヨシヒトシンノウ)(1351〜1416)ですが、父崇光の皇太子は祖父光厳上皇の意向で叔父の直仁親王(ナオヒト)(1335〜1398)でした。
以後もこの直仁親王の系統に皇位を継がせるために、栄仁親王は出家させられる予定になっていました。
  深草北陵の制札は、後深草天皇から12人の持明院統の天皇名が並んでいます
 クリックすると元のサイズで表示します
 栄仁親王の産まれた1351年は正平一統で、祖父光厳・大叔父光明・父崇光と直仁親王は奈良大和の賀名生(アノウ)に拉致され、その間に叔父後光厳(1338〜1374)(在位1352〜1371)が北朝4代目として即位するなど、北朝持明院統嫡流の栄仁親王には厳しい情勢が続きましたが、1368年にやっと親王宣下で栄仁と命名されています。
  制札12人の最後は、南北朝も合体した後の戦国時代終わりの頃の天皇ですが、最後の最後に今回の栄仁親王墓の名もありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 1398年我が息子への皇位を望んでいた父崇光上皇が亡くなると、栄仁親王もあきらめて出家、持明院統の所領を足利義満(1358〜1408)(将軍職1369〜1395)の斡旋で後光厳孫にあたる後小松天皇と分け合って、以後現在まで続く伏見宮家初代となりました。
  塀に囲まれた深草北陵の中には、お堂があるようです
 クリックすると元のサイズで表示します
 御息所正親町三条治子(ミヤスンドコロオオギマチサンジョウハルコ)との間に、伏見宮家2代治仁王(ハルヒトオウ)(1370〜1417)と第3代貞成親王(サダフサ)(1372〜1456)をもうけ、この貞成親王の息子が第102代後花園天皇になって、今の天皇家に繋がっています。
 墓は12帝陵の深草北陵(フカクサノキタノミササギ)(伏見区深草坊町)とと同じ場所に有りました。
  週2回JR奈良線の車内からこの陵を見ながら通勤していますが、塀の内部は見えません

        返事
Toitenlabeeさん:マスクとメガネで、
    綺麗な顔の大部分が覆われたイカですね。
     確かに雨の日も風の日もほぼ毎週滋賀県に行ってますので、
    西川貴教かダイアンかとも言われています。
       そんなことあらへんわ
1

2021/9/26

辛抱できない私  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週の4連休に続いて今週も4連休の私、どこも行けないので、朝早くからあまり行かない北西の方向に散歩。
カキツバタ(天然記念物)で有名な大田神社を、久しぶりに訪ねました。
朝早いと、近くなのに深山の趣で、良いですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そのまま足をのばして上賀茂神社まで、疲れた二人は市バスで帰りましたが、帰ってもまだ8時前。
その日はまだまだ長い1日でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 新型コロナ新規感染者数は指数関数的に減少し、今月いっぱいで非常事態宣言も解かれるようですが、あと1週間が待てない私です。
 昨日は家に居て、昼に有る阪神巨人戦を観るのが怖いこともあって、掟破りの他県ドライブです。
滋賀県湖東にある紅葉とこんにゃくで有名な永源寺が、カーナビ画面に入ってきたので寄ることにしました。
永源寺前に簡単に駐車できたのは、朝早くて紅葉にはまだ早いからと思いましたが、門前まで歩くと、新型コロナで拝観中止中か、門には拝観終了の札が下がっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 まだまだ時間は有るので、左回りに琵琶湖一周で湖北に向かいます。
途中の道の駅で、朝のおやつはコーヒーゼリーとお茶アイスのクレープ、意外と美味しい!
 クリックすると元のサイズで表示します
 「そうだ!賤ヶ岳リフトが動いていたら乗ってみるか」と、動いていました。
往復900円のリフトに乗って、35年ぶりぐらいの賤ヶ岳です。
写真は、乗った人のお土産にと、貰ったうちわです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ゆっくり動くリフトでしたが、6分の旅はなかなか値打ちあり、これを歩くのは嫌ですね。
降りて山上までは10分程、蝉の声も聞けましたが、もう赤とんぼが飛んでいます。
 手を出したので雑兵ではなくイカになってしまった私、背景は奥琵琶湖です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 反対側は、鏡のような水面の余呉湖、山の向こうは敦賀です。
ここが敦賀〜越前に抜ける要所だと言うことがよく判ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 北国街道や小谷城も見下ろせます。
光秀を討った秀吉軍は、跡目争いで北の柴田勝家とここで戦ったのが、賤ヶ岳合戦です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「賤ヶ岳の七本槍」でも有名ですが、秀吉配下の七人の若武者が手柄を立てました。
加藤清正・福島正則・片桐且元は有名ですが、加藤嘉明(ヨシアキ)・平野長泰(ナガヤス)・脇坂安治(ヤスハル)・糟屋武則(カスヤタケノリ)は知りません。
  帰ったら(途中ラジオはおそるおそる聞いてましたが)阪神3−0巨人、高橋が菅野に勝って完封しましたよ!!!
これで今日は負けても良いので、どこにも行かず(孫のお守)、安心してゆっくり観てみます。
なんとなく買う前は、競馬も今日は勝てる気がしてますよ
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ