奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/7/31

94-1後二条天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 邦治親王(クニハルシンノウ)は大覚寺統第91代後宇多天皇(1261〜1324)(在位1274〜1287)の第1皇子で、母は後宮の堀川基子(モトコ・キシ)(1269〜1355)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 第92代伏見・第93代後伏見と、持明院統が続いたこともあり、後嵯峨上皇の両統迭立問題の意向に反するとの父後宇多の訴えに、前回でも報告した関東申次西園寺実兼(サネカネ)の持明院統から大覚寺統への乗り換えもあって、邦治親王は1298年に後伏見天皇の皇太子にたちました。
  陵は今出川通りに面して、大学時代よく行った、黒田辰秋さん作の大きながっちりした木のテーブルでも有名な、喫茶店「進々堂」の近くにあります
 クリックすると元のサイズで表示します
 そしてわずか3年の在位で、後伏見天皇は譲位せざるを得なくなって、邦治親王が第94代後二条天皇(ゴニジョウ)(1285〜1308)(在位1301〜1308)として即位し、父後宇多上皇の院政が始まりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後二条天皇の即位と共に、やはり両統迭立の遵守から、皇太子には持明院統の伏見天皇第3皇子富仁親王(トミヒト)(後の第95代花園天皇)が立ちました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 両統迭立という兄と弟の子孫が替わりばんこに皇位に付くと言う制度も、それぞれの兄にまた兄・弟が生れ、弟にも兄・弟が生れて増えていくので、ややこしくならざるを得ない制度です。
 元々は弟から出てる亀山天皇から始まった大覚寺統の路線は、その中で長男で繋いでいこうと画策しました。
しかし、後二条天皇が意外に早く在位7年で急病で亡くなってしまいましたし、後継ぎの長男はまだ小さく病弱でしたので、花園天皇の皇太子に立てずらかったようです。
  祖父や父の眠る蓮華峯寺に、後二条の分骨所もありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 後二条天皇が葬られた北白河陵(キタシラカワノミササギ)(左京区北白川追分町)は、京都大学の構内にある感じで、京大農学部の一画を占めていますし、次回報告の天皇になれなかった長男邦良親王(クニヨシ)墓も同域に有りました。

        返事
Toitenlabeeさん:外観は地味で、
    食べ物屋かどうか迷いましたが、暖かい雰囲気の応援したくなる店ですよ。
じょんのびかあさんさん:ブログ「晴徨雨読」の更新無いので心配してました。
    ジョンノビ父さんはお元気なんですか?
1

2021/7/29

4連休  
 クリックすると元のサイズで表示します
 盛り上がってほしいのか、静かにそっと観て早く終わってほしいのか、なんかわかりませんが、オリンピックの為に作ったような先週の4連休。
いつも3連休なので、1日多い4連休になっただけの私ですが、なにも予定が無いので、少し長く感じた4連休でした。
 1日目は、祇園祭後祭の宵々山見物兼麻雀でしたが、暑い中宵々山には結構人出ありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2日目は、開会式の為の休日にしたようですが、夜の開会式ですので、仕事終わって家に帰ってからでも十分観れるので、休日にする必要性は無かったのかもしれません。
 このアルゼンチンの入場行進は「ア」ですので、起きてる間に観れました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その2日目昼、何もすることが無い老夫婦は、あてもなく滋賀県にドライブ。
お昼前にたまたま入った近江八幡近くの店が、アルゼンチンで産まれ5歳まで過ごした(両親がJAICA海外協力隊だったようです)若い店主がやってるアルゼンチン料理の店でした。
開店してまだ半年ぐらいで、こんな場所でこんな料理でやっていけるのか心配しましたが、今の世の中ネットでは有名になってなんとかいけてますと、しっかりした感じの良い店主がニコニコと料理の説明をしてくれました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「アサード」と言うアルゼンチン伝統のバーベキュー料理です。
ちょっと食べた後の写真ですが、これでいろんな肉300ℊ、二人で食べて丁度良かったし、値段も高くなく、予想以上のお味でした。
岩塩やチミチェクを付けて食べると、よりすんなりとお腹に収まります。
 追加で頼んだパン(160円)を付け忘れてるのが、帰ってから分かりました。
のんびりと人の良さそうな店主の店が、上手にやっていけるかちょっと心配になりましたが、又行きたいので、この時払おうか黙っていようか思案中です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 3日目も、家に居ると暑すぎるので、今度は亀岡方面にドライブ。
「徒然草」にも出てくる(狛犬の立ち方の由緒話)、丹波国一宮出雲大神宮(イズモダイジングウ)に初めて行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この神宮、縁結びがよく叶い、結婚相手がすぐにみつかったと、おばさん連中の間では有名らしく、確かにこの暑いのにまあまあ参拝者はいました。
 奥の磐座(イワクラ)までは木陰を歩けましたが、でも私が祈るのは家内安全です。
 この日の真の目的は、この近くの山中にあった、行っても行かなくても良い親王墓でしたが。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4連休最後の日は、来てくれた孫V−1と京都市バスの旅です。
空いてて冷房も効いてる市バスの旅は、家に居るよりずっと快適で楽でした。
 競馬はとうとう貯金が無くなってしまいましたので、又入金に行かなくてはです。

         返事
Toitenlabeeさん:素直な気持ちでオリンピック観れませんが、
    あまり見ないスポーツも楽しいですね。
1

2021/7/26

東京オリンピック  趣味
 クリックすると元のサイズで表示します
 すったもんだで色々あったし、今後もありそうな2020東京オリンピックも始まりましたね。
2021年にやるのに、いつまでも2020を掲げてるのが、なんかごまかしの集大成のような気がしています。
東京2020なんて、東京の1日新規感染者数のような言い方は、いずれにしても止めた方が良い気がしますが。
 開会式もトルコの入場ぐらいで寝てしまいましたので、巨人の3人が出てくるのを観ずにすんで、良かったです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1964年の東京オリンピックの時、私は高校1年生でした。
東海道新幹線や名神高速道路が開通したりで、10月10日の開会式までずっと、日本中がざわついていたような記憶があります。
 そんな中で、夏休みに同級生と小豆島までキャンプに行ってる間に、阪神は首位に立ちましたが、オリンピック騒ぎに埋もれるように、日本シリーズでは静かにあっさり南海に負けてしまいましたね。
菅総理が言うほどは、東京オリンピックには感動せずに、終わったような気がします。
 今年の阪神、オリックスに負けても良いですから、日本シリーズには前回の東京オリンピックの時のように出てほしいですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 前回の東京オリンピックで唯一私が感動したのは、ソ連の女子砲丸投げ選手のタマラ・プレスです。
姉妹共に出てましたが、男か女か分からん様な人でした。
TV画面で砲丸を投げる時、金色(白黒画面なので想像ですが)に光ってた、丸見えの腋毛がすごくエロチックでした。
私が太めの女の子を好むようになったのは、この頃植え付けられた思い出の為かもしれません。
 オリンピック、3X3バスケットを初めて知りましたが、面白いですね。
女子日本チームで一番背の低い(たぶんNISIMURA)選手、顔は地味ですがプレーは好きになりました。
やっぱりスポーツは観てしまいますね!

       返事
Toitenlabeeさん:我が家のトイレの便座蓋も、
    入ってから一呼吸してから上がってるような気がします。
    こう暑いと、蓋もボーとしてしまうのか、
    身も蓋もないですね?
2

2021/7/24

後祭  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 祇園祭前祭(サキマツリ)は7月17日が巡行で、後祭(アトマツリ)は今日24日が巡行ですが、今年も巡行は中止です。
 でも今年は少しだけ山鉾が立てられたので、前祭も紹介しましたが、今年2回目のやっと出来た麻雀のついでに寄った、後祭も紹介します。
  私の実家から一番近い八幡山(ハチマンヤマ)
 クリックすると元のサイズで表示します
 行ったのは宵々山ですが、暑いです。
子供の頃から祇園祭は暑かったですが、年とるとこの暑さはこたえます。
 北観音山は山と言っても車輪が付いてる、皆で曳く曳山です。
子供の時は曳き初めで曳かしてもらったり、巡行終わってから元の位置に戻る時に手伝って曳きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こちらも曳山の南観音山。
どちらも家に近いのでなじみがありましたが、鉾ではなく曳山なので、子供心にはややひけ目を感じていました。
 祇園祭の間は、家の前には写真のような提灯が出ます。
1年間家の隅にあった提灯立て(名前が判らず、同級生の山鉾連合理事長の妹に尋ねて、忙しい理事長から返事貰ったので確かです)を、各家の前に作られてる四角の穴に立てます。
今はもう立てる家が少なくなったようですが、家の前の掃除の時にいつも砂がたまる四角の穴は、どうなったのでしょうかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近復活した大船鉾、前祭の船鉾もかっこいいですが、大船鉾もかっこいいです。
この後急いで参加した麻雀は負けました。

         返事
Toitenlabeeさん:良かった、と言えば良かったです。
花水木さん:私に一番近い女性も、
    ヤスコです。
2

2021/7/22

番外93-2後伏見天皇女御西園寺寧子  天皇陵巡り番外
 クリックすると元のサイズで表示します
 西園寺寧子(サイオンジネイシ・ヤスコ)(1292〜1357)は太政大臣西園寺実兼(1249〜1322)の息子公衡(キンヒラ)(1264〜1315)の娘で、14歳で持明院統の第93代後伏見天皇(1265〜1317)(在位1287〜1298)の女御となりました。
  寧子が夫後伏見の菩提を弔うために創建した大光明寺(ダイコウミョウジ)は、今は跡形も有りませんが、伏見に有る写真の大光明寺陵辺りだったそうです
 クリックすると元のサイズで表示します
 女御となった時には後伏見はもう上皇でしたが、弟富仁親王(トミヒト)を猶子にして第95代花園天皇として即位させたので、寧子は准母となり、後伏見上皇の本后にもなりました。
そして、第3皇子量仁親王(カズヒト)(1313〜1364)(後の北朝初代光厳天皇)や第9皇子豊仁親王(ユタヒト)(1322〜1380)(後の北朝2代光明天皇)、第1皇女ジュンシ内親王(1311〜1337)(後に第96代後醍醐天皇の中宮)を産みました。
  現在大光明寺は伏見から離れて、塔頭寺院として相国寺内に有ります
 クリックすると元のサイズで表示します
 養子の息子花園天皇の後は大覚寺統の後醍醐天皇の治世になりましたが、1331年元弘の変で後醍醐は退位させられ、実の息子量仁親王が(第97代)北朝初代光厳天皇(明治になってから南朝が正統と言うことで歴代天皇から外されましたが)として即位しました。
これで再び夫の後伏見上皇は治天の君になっています。
   大光明寺は今は一般公開されてないので、ここまでしか入れません
 クリックすると元のサイズで表示します
 1333年後醍醐による建武の新政・1336年足利尊氏の室町幕府成立・1350〜1352年の幕府内の内紛の観応の擾乱(カンノウノジョウラン)・1351年一時的な南北朝合体の正平一統など、どちらが味方でどっちが敵かわからないし、日本史でも憶えにくかった歴史が続き、とうとう北朝方に治天の君や皇位に付く人がいなくなりました。
そこで幕府の要請もあって、西園寺寧子(広義門院)が治天の君として君臨し、孫にあたる北朝第4代後光厳天皇(1338〜1374)(在位1352〜1371)が即位しました。
  相国寺横に、寧子から続くと言ってもいい伏見宮家墓地があります
 クリックすると元のサイズで表示します
 こうして寧子は女性としても初めてですし、皇室出身でもないのに治天の君になった唯一の人になりました。
こんな珍しいことを憶えた記憶が、私には全くありません。
 伏見宮墓地は、相国寺・同志社大学(写真後ろの建物)・御所や、私が週1回働いてる出町診療所に囲まれるようにありますが、中には入れないので、遠くからこんな写真しか撮れませんでしたし、寧子がここに眠ってるわけでもないので、今回は番外です。

       返事
Toitenlabeeさん:10年前28歳って、
    28はなかなか手ごろな微妙な突っ込みにくい数ですね。
花水木さん:いやいや70歳過ぎて、
    本当に老人になりましたよ。
     私の大学時代のラグビー試合は、ほぼ全試合無観客でやってましたので、
    無観客には慣れています。
    こうなったらTV中継も止めて、静かにオリンピックを迎えるのはどうでしょうか。
    それでも7人制ラグビーだけは、中継してね。
    
2

2021/7/19

越前大野  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週は、温泉でも浸かってボーとしていたいなあと思いつつ、結局日帰りで蕎麦でも食べに行くことに日和ってしまい、越前大野までドライブです。
 小京都と言われてる越前大野には5回以上は行ってますが、やっと越前大野城にも登りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今流行の天空の城と言われてる割には、それほど高い山城ではなく、本当にこれで雲海に浮かぶことがあるのか、と思うぐらいの山の上にあります。
暑い日でしたが、ほとんど木陰の登り道だったので、ゆっくり歩いて天守までは20分ほどで、なんとか登りきれました。
 天守は昭和43年に再建で、登城料300円です。
元は織田信長家臣金森長近の築城です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天守に登って、碁盤目状の町割りになってる大野城下を見下ろしました。
再開発したのかどうかわかりませんが、町筋は意外と広いです。
 麓の駐車場に停めた愛車も、まだ新しいので暉って見えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大野で一番有名な蕎麦屋でおろし蕎麦を食べる目的は、店が改装中で休業してるので、達成不可能。
 方針を全く転換して、こじゃれた喫茶店でコーヒーと水ようかんアイスの昼食でしたが、このコーヒーが美味しかったので当たりです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 越前大野は町中に湧水が湧いていますが、この湧水をここでは清水(チョウズ)と呼んでいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 信長に敗れて一乗谷から逃げてきた、「麒麟がくる」でユースケ・サンタマリアが演じてた朝倉義景は、ここ大野で自害したようで、墓所も水で囲まれていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 墓所の前の義景清水(ヨシカゲショウズ)、湧水も多いですし、冷たい!
 クリックすると元のサイズで表示します
 武家屋敷旧田村家(300円)
大野藩家老田村家の屋敷を解体復元した建物で、300円の値打ちは無いのですが、「風車棚」を作って人を集めていましたので、若い人もパラパラとは来てました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 暑い日なので、縁側に座って風にあたったり、暗い室内でゆっくり涼んだので、まあ300円は許します。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 蕎麦を食べ損ねたので、越前海岸まで足をのばして、岩ガキ・船盛り・撮影時は残骸になってた鬼エビの塩焼きの、遅い昼兼早い夕食を食べて帰りました。
73歳になって、私の日帰りドライブも、片道3時間ぐらいのこの辺が限界になってきたようです。

       返事
Toitenlabeeさん:Toitenさんの昔は、
    どれくらい昔のことですか。
2

2021/7/17

祇園祭  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日7月17日は、本来なら祇園祭山鉾巡行の日ですが、2年続けて新型コロナで巡行は中止です。
 一昨日15日は宵々山ですので、仕事帰りに途中下車して、今年は少しだけたてた山鉾を観に寄りました。
 先ずは長刀鉾を遠くからパチリですが、肝心の長刀が欠けました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 函谷鉾(カンコボコ)です。
高校の同級生2人がせっかく2代連続で山鉾連合会の理事長になったのに、今の理事長は就任してから2年連続の巡行中止、「来年は絶対やる」と言ってました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 鶏鉾です。
菊水鉾と船鉾は、今年はたてなかったようです。
「たて方を継承できる」の意味もあってたててるそうで、本当は観覧も控えるように言ってますが、少しは人も出てましたし、前でちまきなども売ってました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 月鉾です。
たかだか100年ほどのオリンピックを、選手ファーストと言って無理矢理開催しますが、1000年近く続いてる祇園祭は、そもそも無病息災・疫病退散を願ってのお祭りですので、これをやらずしてどうするんですかね!
色々不条理なコロナ対策なんか止めて、全国のお祭りや神事を中止せずに施行し、神頼みに頼った方が効果的かもしれませんよ。
こんなことを、一応医療従事者の端くれが言うのはまずいでしょうが、祇園祭中止は葵祭や時代祭り中止以上に寂しいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私の実家に一番近い場所にたつ放下鉾(ホウカボコ)です。
私の麻雀友達も、ずっとこの鉾に乗ってましたが、今は口うるさい古老にすぎないと思います。
祇園祭が終わったら、ずっと休んでいた麻雀も再開予定です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 山も少しはたてていました、霰天神山です。
青春時代、祇園祭でのデートは夢でしたが、一度も実現せず。
今年の宵々山も、こんなに晴れていたのに夕方からは土砂降りです。
昔も祇園祭の夕方に、アスファルトに跳ね返る蝶ちょのような夕立を見ながら、「二人で濡れたかったなあ」と、ため息ついてたことを思い出しました。
2

2021/7/14

93-1後伏見天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第92代伏見天皇(1265〜1317)(在位1287〜1298)の第1皇子として生まれた胤仁親王(タネヒトシンノウ)、母は典司五辻経子(ケイシ)だったので、子のなかった太政大臣西園寺実兼(サネカネ)の娘で中宮だった西園寺ショウシの猶子となりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 胤仁親王はわずか1歳にして父伏見天皇の皇太子にたち、11歳で第93代後伏見天皇(ゴフシミ)(1288〜1336)(在位1298〜1301)として即位し、父伏見上皇の院政が始まりました。
 後伏見天皇は西園寺実兼の孫娘西園寺寧子(ネイシ・ヤスコ)(1292〜1357)を女御として3男2女をもうけ、その内に北朝第1代光厳天皇と北朝第2代光明天皇がいます。
 その他にも6人の妃にたくさんの皇子女をもうけています。
  祖父後深草・父伏見の次に後伏見の名が並んだ制札です
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんか武家社会の支配下に置かれるようになった承久の乱(1221年)以後の天皇は、政治主導が出来ない分、手当たり次第に身近の女官などに手を出し、産まれた皇子は法親王として日本中の寺々の座主・門跡として配っていたような気がしますが、こんなことを書くと戦前なら不敬罪でしょうね。
  深草北陵の正面です
 クリックすると元のサイズで表示します
 後伏見天皇の養母の父で、妻の祖父でもある西園寺実兼(1249〜1322)は、それこそ第88代後嵯峨天皇の上皇時代から、第96代後醍醐天皇の時代まで、9代の天皇に仕えた実力者で、1269年関東申次に就任し、鎌倉幕府と共に大覚寺統・持明院統の皇位継承権を握る立場にいました。
  嵐山に有る火葬塚は、元々の後嵯峨は良いとして、別れた敵の大覚寺統の亀山と同じです
 クリックすると元のサイズで表示します
 実兼の妹嬉子は、第90代亀山天皇の皇后でしたが、亀山に余り愛されてなかったので、実兼は亀山の大覚寺統を見限って持明院統の伏見・後伏見天皇の即位を実現させました。
しかし伏見院政下で、本来は歌人で実兼の家来にすぎなかった京極為兼(キョウゴクタメカネ)が頭角を表わし、家来が主人を凌駕するようになったので、実兼は今度は元の大覚寺統に鞍替えし、結果後伏見天皇はわずか3年にしてた退位し、皇太子であった後宇多の皇子が大覚寺統として第94代後二条天皇になりました。
 こんな個人的な見栄や血縁で、天皇も決まっていたんですね
  これも嵐山亀山公園内の火葬塚です
 クリックすると元のサイズで表示します
 1331年大覚寺統の後醍醐天皇が討幕の兵を挙げましたが失敗し、息子光厳天皇が持明院統として即位したので、後伏見上皇による院政が開始されましたが、1331年足利尊氏の入京で光厳天皇は廃位されたので、後伏見の院政も停止されました。 
後伏見はその後出家し、崩御後深草北陵(フカクサキタノミササギ)(伏見区深草坊町)に葬られています。

        返事

Toitenlabeeさん:「見た目もダンデイだし、綺麗!」
    と、何万回も聞いてきたお褒めの言葉を糧に、
    これからも生きて行きます。ありがとう!
1

2021/7/11

梅雨あけか  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日までは大雨がずっと降り続ける予報でしたが、今日は蒸し暑い晴。
孫V-1と二人だけで、大好きな京都市バスに家の前から乗って、小旅行です。
 賀茂川を歩かされました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 植物園前の和菓子屋さんで休憩、二人で氷を分け合いました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お相撲さん?、植物園にこんなの有ったかなあ、初めて気づきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 立派なヒマワリも咲いていましたが、植物園も夏は入園者少な目です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 カンナ?も咲いていますが、陰は気持ちいいが、日なたは暑い。
当たり前ですね。
 それでも、ブラブラ(トボトボ)家に歩いて帰るまでの4〜5kmぐらいを、孫V-1は歩き通しましたし、行ったり来たり、遊具でも遊んで、私の倍は歩いてるかもしれません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 蓮の花も満開か?、水と陰があると気持ち良い日です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お昼には帰れましたが、夕方は突然の嵐でした。
これで梅雨もあけるのですかね。
 
 73歳になりました。あと10年ちょっと、何をするわけでもありませんが生き続けようと思っています。
 でも、阪神は巨人に負け越したので落城まじか、こんなに勝ってた今年優勝できなかったら、私の生きてる間に阪神優勝は見れないでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します

      返事
花水木さん:おめでとうございます!バースデー
    (花水木さんの誕生日も孫T-2誕生も)
    元気に動けて手助けできる間に孫が産まれてくれるのは幸せですよ!
Toitenlabeeさん:波が去った頃に買いに行きたいですが、
    城陽も遠くなりましたよ。
2

2021/7/9

92-1伏見天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここでは本来、前回の後宇多天皇の皇子である性勝親王(ショウショウ)(?〜1354)の大覚寺宮墓地(ダイカクジノミヤボチ)(右京区北嵯峨山王町)を91-3として紹介する順番なんですし、大覚寺裏の住宅街にある写真の墓地も巡ってるのですが、有名でもないし歴代大覚寺門跡と一緒に葬られてるので、省略して写真だけにしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 第89代後深草天皇(1243〜1304)(在位1246〜1259)の第2皇子として、母洞院愔子(インシ)(1246〜1329)の下に産まれたのが、難しい漢字ですが煕仁親王(ヒロヒトシンノウ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 煕仁親王は持明院統の皇子ですが、鎌倉幕府の裁定に依って、大覚寺統の第91代後宇多天皇(1267〜1324)(在位1274〜1287)の皇太子に立ち、後宇多の譲位により1287年に第92代伏見天皇(フシミ)(1265〜1317)(在位1287〜1298)として即位しました。
  JR奈良線の車中から、通勤途中にいつも眺めてる深草北陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 中宮は太政大臣西園寺実兼(サネカネ)の娘西園寺ショウ(金へんに章)子(1271〜1342)ですが、子は無く、典侍五辻経子(ケイシ)の産んだ第1皇子胤仁親王(タネヒト)(1288〜1336)(後の第93代後伏見天皇)を猶子としています。
女院洞院季子(スエコ・キシ)(1265〜1336)の産んだ第4皇子富仁親王(トミヒト)(1297〜1348)(後の第95代花園天皇)の他にも、沢山の妃にたくさんの皇子女が産まれています。
  JR奈良線越しに陵を眺めています
 クリックすると元のサイズで表示します
 即位後2年にして父後深草上皇が院政を停止、1289年には息子胤仁親王を皇太子に立てたので、大覚寺統の怒りを買い対立は激化しました。
 また1290年に、宮中に浅原為頼(アサハラタメヨリ)父子3人が押し入る伏見天皇暗殺未遂事件(浅原事件)が起こり、裏に亀山上皇の存在も疑われたので、大覚寺統の痛手になりました。
 この頃の宮中は男女関係の乱れもそうとうでしたし、聖域でも無くなってきてるようです。
  陵は塀に囲まれた方形堂です
 クリックすると元のサイズで表示します
 伏見天皇は和歌・書道にも優れ、特に書道は日本史上最高の能書帝とも呼ばれています。
 1298年には息子第93代後伏見天皇に譲位し、3年後には又大覚寺統の第94代後二条天皇に皇位は移りましたが、再び息子第95代花園天皇の下で伏見上皇は院政を行っています。
 こうして伏見上皇は両統迭立問題の解決を出来ないまま亡くなり、父後深草と同じ深草北陵(フカクサノキタノミササギ)(伏見区深草坊町)に葬られました。
  12人の天皇の名が並ぶ陵は、十二帝陵とも呼ばれています

 阪神雨のおかげで、巨人三連戦の初戦を獲りました。
これで8月中旬までは首位キープ出来そうです。
   良かった!

        返事
和さん:ありがとうございます。
    8日で73歳、思いのほか長く生きてますね。
     今年はまだ五島の人も歓迎してくれないので、
    来年ぐらい行きたいです。

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ