奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/5/9

緊急事態宣言下  
  クリックすると元のサイズで表示します
 松ヶ崎疎水の桜は、今年はあまり人に観られないうちに、すっかり緑に変わっています。
京都も緊急事態宣言は延長され、5月一杯は続いて気楽に外出できなくなりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 本日日曜日は孫が来てくれましたが、どこにも行けないので、近所を散歩。
土・日は子供の野球試合で歓声が響く宝ヶ池公園少年スポーツ広場は、人っ子一人いずに静まりかえっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
京都市こども体育館からも声は聞こえてきませんし、宝ヶ池公園テニスコートも市営ですから閉鎖されています。
周囲の市営駐車場も全て閉鎖されているのですが、ここまでしなくても良いような気がしますし、絶好の季節にもったいないです。
これでオリンピックはやろうとしているのですから、なんか矛盾を含んでますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 壁打ちテニスの場所も木の柵で閉鎖中、ご丁寧にも池に鳥よけで張り巡らしてあるロープと同じく、ロープがはってあって、柵を乗り越えても壁打ちがやり難いようになっていました。
そこまでしなくても良いのに感、満載です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 遅咲き桜がまだ残ってるのかと、近づいた宝ヶ池公園フットサルコートにも誰もいず、桜でもなかったです。
この公園を散歩して、歓声が全く聞こえないのは、静かと言うよりなんか不気味です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 柵の間から眺めた宝ヶ池公園運動施設球技場にも、もったいないぐらい誰もいません。
こんな場所で練習や試合をしたかった私ですが、実力がこの施設使用には届いていませんでしたね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近出来た半地下構造の宝ヶ池公園運動施設体育館も、閉鎖されたままです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 動いてるのは隣の宝池自動車教習所だけです。
 散歩を終わって観たNHKマイルC、ZEROさんの指導で3連複は獲れて、まあ嬉しいはずなんですが、2点だけおまけに勝った3連単、例によって池添さんで来た来た5万円馬券と喜んだのに、ハナでルメールさんに差されてしまい、無念です!
200円で5万円の夢破れ、悔しいです!なんて呑気なことを言うてる世の中ではないんですがね。

2021/5/7

88-1後嵯峨天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 緊急事態宣言は延長になり、府外に出にくくなってきてますので、天皇陵巡りの順番在庫が減ってきてます。
あまり急いで天皇陵巡りも出来ませんが、遊びの外出もしにくい中、また在庫の天皇陵巡りです。
 
 邦仁王(クニヒトオウ)は第83代土御門天皇(1195〜1231)(在位1198〜1210)の第2皇子として産まれ、母は源通宗(ミチムネ)娘の通子(ツウシ)(?〜1221)です。
承久の乱(1221)で父土御門上皇は土佐に流され、母は亡くなり、祖母源在子(ザイシ)(承明門院)の居る土御門殿にて養育されていました。
  嵐電嵐山駅の向かいにある天龍寺の中にある陵を訪れます
 クリックすると元のサイズで表示します
 先代四条天皇が突然の事故により、12歳で世継ぎも無く亡くなったので、公卿たちは第85代仲恭天皇の異母弟(父は順徳天皇)を推薦しましたが、鎌倉幕府は承久のを起こし武家社会に刃向かった後鳥羽ー順徳系を嫌い、自ら流されたが比較的中立を保ってた土御門系の邦仁王を第88代後嵯峨天皇(ゴサガ)(1220〜1272)(在位1242〜1246)としました。
 以後明治維新まで、何やかんや言っても武家社会が天皇を決める、公卿より武士が上位の制度になったと思います。
又後嵯峨天皇が生れたことが、以後の両統迭立や南北朝の争いの、そもそもの発端かもしれません。
  写真の日は、昨秋の第3波前だったので、嵐山にも日本人観光客が増えていました。
  天竜寺拝観入り口手前右に、柵の有る門があって、墓参以外立ち入り禁止でしたが、私は一応墓参ですので、竹の下をくぐって入ります。
  参拝終わった後、沢山の宮内庁職員らしき人が入ってきましたが、おとがめなしでした
 クリックすると元のサイズで表示します
 こうして23歳にもなって貧しくまだ元服もしてなかった邦仁王が、天皇になれるという幸運に恵まれました。
 中宮藤原(西園寺)姞子(キツシ)(1225〜1292)との間に6人の皇子女をもうけ、その内の二人が天皇(後深草・亀山)になりましたし、それ以外にも15人ほどの妃に17人ほどの子供をもうけ、その内の一人宗尊親王(ムネタカ)は鎌倉幕府第6代将軍になっています。
  ここは後嵯峨・亀山の親子の陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 後嵯峨天皇は在位4年で第2皇子後深草に譲位し、更にその後第3皇子亀山天皇の下でも院政を敷いて、26年間にわたって治天の君として君臨しました。
  天龍寺内の陵ですので、仏教形式の陵になってます
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかしながら後嵯峨の治世は、西園寺公経や、その後劣勢を挽回し関東申次(モウシツギ)の職も手に入れた九条道家など公卿の支配も受けましたが、道家が失脚し摂関将軍から宮将軍(宗尊親王)への移行など、朝廷や将軍の地位は低下し、鎌倉幕府北条氏の得宗政治の下、天皇の選定なども武家が決める時代へと移行していきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後嵯峨夫婦の三男亀山びいきや、治天の君の選定を幕府に委ねて崩御した後嵯峨天皇は、嵯峨南陵(サガノミナミノミササギ)(右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町)に葬られていますが、後に持明院統と大覚寺統が激しく争う両統迭立や南北朝の争いの火種を残しています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 渡月橋の上流ボート乗り場の有る嵐山公園亀山地区は、丁度天龍寺の裏にあたりますが、そこに亀山・後伏見と共に、円丘の後嵯峨天皇火葬塚(右京区嵯峨亀ノ尾町)がありました。

       返事
花水木さん:いつもはGWに炬燵を片付けるのですが、
    今年は早く片づけたので、ストーブを点けてます。
Toitenlabeeさん:餡も大好きですが、
    みたらし・わらびもち・外郎・でっち羊羹なども好きですよ!
    そろそろ水無月の季節ですね。
     Toiさんの文章を読んで、いつも私の能力の限界を感じてます。
    障子貼り替えから、ジョージ・ハリソンを思いつく力に、
    私はそこから創造ではなく、連想で障子屋缶コーヒー(それでも気にいってますが)、
    を思いつくのが精一杯ですよ。
     褒めすぎですね、コロナ疲れでしょうか、そろそろ寿命が近づいてるのか、
    お元気でええぇぇぇ・・・。
   

2021/5/5

36.きびだんご  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 結局今年のGWは、半分は雨だったこともあって、ほぼ自宅で過ごしました。
GW第7日目は子供の日、孫bTの初節句です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 子供から、「こどもきびだんご」を貰いました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 岡山市中区の山方永寿堂の「こどもきびだんご」、箱を開けると紙に包まれたきびだんごが10個入っていて550円です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私はきびだんご系は大好きです。
これをくれたら、どんな退治にでもついて行きそうですし、羽二重餅なら地獄にまでもお供します。
 クリックすると元のサイズで表示します
 箱の中には、折り紙も付録に入っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 GW中も自粛ばかりで、時間をもてあまし中、阪神野球・獲れない競馬・ジェイソン・ボーン5作の鑑賞の間に三つとも作りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 40年ぶりくらいの端午の節句飾りですが、子供も誰も遊びには来ません(来れません)ので、老夫婦二人で過ごしております。
 明日は休みの中休みで、1日だけ仕事に行き、その後又いつもの3連休ですので、少しは自宅から出たい気分です。

        返事
花水木さん:コンビニレジ横の物を、
    買った経験ほぼ無しの私、
    コンビニは競馬新聞買って、わき目もふらずに帰りますが、
    最近ペイペイで払えるようになり、ちょっと嬉しいです。
Toitenlabeeさん:柏餅の値段は、
    柏の葉の良しあしで決まる気がします。
    賛成、葉に付く柔らかさの餅が良いですね。
     毎日の障子貼り替えご苦労さんです。
    障子貼り替えながらショージ・ハリソンを聴いてるのには笑いましたが、
    疲れた後は、障子屋の缶コーヒーで一服してください。

2021/5/3

35.柏餅  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 まだ5月5日になってませんが、今年は柏餅を3回食べました。
 先週の仕事帰りに、アイスクリームと共にシャトレーゼで買った柏餅は1個129円。
少し餅が固めでした。
 連休に天皇陵巡りの帰りに、岡崎の路地に有る祇園饅頭の工場で、赤飯と共に買った柏餅も1個200円はしてなかったと思います。
餅は柔らかく美味しい。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして昨日子供がくれた柏餅は、創業享和3年(1803年)の鶴屋吉信の柏餅。
調べたら、1個324円でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 鶴屋吉信の写真の柏餅、柏の葉の匂いは値段だけあって匂いましたが、餅は桜餅と同じつぶつぶの道明寺製ですので、ちょっと柏餅のイメージがわかないのが、賛否分かれる所かもしれません。
 柏餅は、私的には普通に白い餅で、中身は白味噌餡かなあ。
 天気は良いのにどこにも行かず、今日はWOWOWでジェイソンボーンを見る日です。

2021/5/2

34.ぶと饅頭  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 GW第3・4日は天気も悪く、やや体調も悪かったので、自宅自粛ですが、世間は全く改善してきませんね。
競馬鑑賞は2日間ともに成果ゼロ、阪神佐藤が初の4番で、「あれが入るか!」と感心した満塁ホームランを打ったのが救いでした。

 話は変わって、遣唐使が中国から伝えたとされる唐菓子の一種、ぶと饅頭は神饌菓子が元になっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 米の粉の生地でこしあんを餃子型に包み、ごま油であげた物で、1個216円。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ぶと饅頭は、江戸末期創業奈良の萬々堂通則(マンマンドウミチノリ)の由緒あるお菓子です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 餡ドーナツと言えばそうなんですが、食べるとやや不思議な味がしますが、しばらくするともっと食べたいと思うのは、神饌のお菓子だからですかね。

        返事
ZEROさん:初コメント、ありがとうございます。
     1・12・17に乗りましたよ、天皇賞!
     それに池添の16と、ZEROさん友人の2を加えて色々買いましたが、
     1−12の馬連だけは安いので買わず、全敗でした。
     推薦の17が来てくれると思ってましたが・・・。
     また今度は当たりを教えて下さい。
花水木さん:ご無沙汰は心配の種です、
    よろしくお願いします。
     静岡は施設入所者以外の、普通の高齢者も接種の順番廻ってきたのですね。
 

2021/4/30

新緑  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年の私のGWは7日間、でも不要不急の外出は控えて自粛の世の中ですので、どこにも行けません。
第1日目は土砂降りの雨なので、もちろん自宅から出ませんでした。
第2日目の今日は上天気、京都市内の御陵を地下鉄とバスで巡りました。
 先ずは沢山の天皇が眠ってるので、もう少し写真の枚数を増やしておくために、月輪陵を訪れます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 全くの不要不急の外出ですので命令違反ですが、ブログに書く順番がせまってきてる陵も有るので、行かなくてはブログが進まないという、急用の外出と言うことでお許しください。
普通の人は今日は平日ですが、乗った地下鉄もバスも空いています。
月輪陵は泉涌寺内に有りますが、緊急事態宣言で閉じているのか、拝観受付に人はいませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 泉涌寺内には、写真の陵印を貰ってる宮内庁の月輪陵墓監区事務所もありますが、周囲は緑で最高の季節なのに、散歩の人を少しだけ見かけるだけです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 隣の今熊野観音への鳥居橋も、ミドリ・緑・みどり。
影に立ってると少し冷えますが、歩くとちょうどよく、ほんまに新緑の候ですが、誰もいないのがもったいない!
 クリックすると元のサイズで表示します
 続いて祇園さんに。
正面交叉点にも人はまばらですが、写真を撮ってる傍の店の外には、いつもの順番待ちの列は出来ていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近国宝に成った八坂神社本殿、子供の時は八坂神社の氏子だったので、まあ良かったと言えば良かったのですが、今更これが国宝という気もします。
いつもならお詣りの人で一杯ですが、写真に誰も写らないぐらいですので、久しぶりにお賽銭を少し投げてお祈りしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 円山公園にある、与謝野晶子が「今宵遭う日と皆美しき」と詠んだ有名な枝垂れ桜です。
周りにこんなに木が有ったかなあと、又「皆美しいけど自分が一番美しいと詠んでるんですよ」と国語の先生が解説した時に、「美人とは思えない晶子の写真から、厚かましい女やなあ」と思ったことを、思いだしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 知恩院山門も緑が一杯、GWでこんなに観光客がいないのは、いくら何でも寂しい限りですが、状況は私みたいにのんびりしていてはいけないぐらいになってきましたね。
 ここで菅首相は、「オリンピックは止めて、競技会場や組織委員全員やオリンピック用の医療スタッフ全員を新型コロナ撲滅に振り替えます」と宣言して総選挙したら、勝てるかもしれませんよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 知恩院とこの大楠木がある、青蓮院との間にある、
 クリックすると元のサイズで表示します
青もみじが一杯の花園天皇陵を巡って、赤飯と柏餅を買って(写真は食べてから思いだしました)、晴れてる間に帰りました。
 明日はまた天気が悪そうです。
土・日は競馬鑑賞ぐらいしかないですかね。
 せっかくのGW、なんかむなしいですが、しかたないですね。 

2021/4/28

87-1四条天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第86代後堀河天皇(1212〜1234)にやっと生まれた第1皇子で、母は九条道家(1193〜1252)の娘竴子(シュンシ・ヨシコ)(1209〜1233)の秀仁親王(ミツヒトシンノウ)は、生誕後すぐに立太子しわずか2歳で即位、第87代四条天皇(シジョウ)(1231〜1242)(在位1232〜1242)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 四条天皇の即位には、鎌倉幕府からは「不快」の意思表示もありましたが、外祖父九条道家の三男が鎌倉幕府4代将軍九条頼経(ヨリツネ)(1218〜1256)、長男は摂政九条教実(ノリザネ)(1211〜1235)であり、平清盛の権勢にも並ぶと言われた教実・頼経の祖父でもある前太政大臣西園寺公経(キンツネ)(1171〜1244)は道家の舅でありましたので、絶頂期の道家の力で四条天皇は生れています。
  泉涌寺の中にある月輪陵、入り口で御陵に参拝しますと言ったら拝観料は無で通してくれました。さすが泉涌寺、太っ腹でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 四条天皇即位後は、父後堀河上皇が院政を敷きましたが、わずか2年で父は亡くなり、以後は九条道家や西園寺公経が政治を動かし権勢をふるいました。
  月輪陵制札にはずらっと数えきれないぐらいの名前が書いてありますが、其の1番手が今回の四条天皇です
 クリックすると元のサイズで表示します
 その後四条天皇は11歳で元服し、九条教実の娘彦子(ヒロコ)を女御に迎えますが、女よりいたずらの方が好きなまだ子供だったのか、次の年にお傍のものを滑らせて喜ぼうと、御所の廊下にいたずら心から撒いた滑石で、なんと自らが滑ってしまい、皆の予想外の12歳で亡くなってしまいました。
  これから何回も出てくる月輪陵、写真が重ならないように、連休にでももう一度行って、たくさん写真を撮っておきます
 クリックすると元のサイズで表示します
 四条天皇には兄弟も息子もいなかったので、次期皇位を巡っては物議が持ち上がりましたが、鎌倉幕府は後鳥羽-順徳系の天皇を認めず、比較的中立を保っていた土御門天皇系の後嵯峨天皇が生れました。
 こうして次期天皇は藤原家系の公家が決めるのではなく、武家社会が口出しして決める世の中に変わっていきました。
  京都駅の東南に有る御寺泉涌寺(ミテラセンニュウジ)、四条天皇の葬儀はこの寺で行われ、父後堀河天皇陵傍のこの泉涌寺内月輪陵(ツキノワノミササギ)(東山区今熊野泉山町)に葬られました。

2021/4/26

86-2後堀河父太上天皇後高倉院  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 少々過去に戻りますが、第80代高倉天皇は平清盛の娘徳子との間に第1皇子第81代安徳天皇をもうけていますが、坊門殖子(ショクシ)との間に第4皇子第82代後鳥羽天皇ももうけていましたね。
そして同じく、殖子との間に高倉天皇第2皇子として産まれたのが守貞親王(モリサダシンノウ)(1179〜1223)です。
  写真は仲恭天皇陵と、その途中にある崇徳天皇皇后聖子陵への参道入り口です
 クリックすると元のサイズで表示します
 1183年7月の平家都落ちに伴い、安徳天皇の皇太子という形で同行し、壇ノ浦で平家が滅亡し、異母兄安徳天皇も入水し亡くなりましたが、守貞親王は救出されて京都に戻っています。
しかし戻った都では、もう同母弟の第82代後鳥羽天皇が即位していました。
  写真では分かり難いですが、聖子の月輪南陵の手前右手に、それらしきものが見えてきました
 クリックすると元のサイズで表示します
 その後は、守貞親王は次期天皇に推されたこともありましたが、現実は土御門・順徳と後鳥羽系が皇位を継いでいったので、1212年には出家して行助入道親王(ギョウジョニュウドウシンノウ)と名乗りました。
  写真の如く、後高倉院の鵺塚(ヌエツカ)陵墓参考地出土遺物埋納所(伏見区深草本寺山町)の碑が立つ、四角形の山だけです
  クリックすると元のサイズで表示します
 その後1221年に起こった承久の乱で、鎌倉幕府は後鳥羽系の皇族を処分したので、世俗に在る男子皇族は行助入道親王の三男茂仁王(ユタヒトオウ)のみとなったので、この茂仁王に白羽の矢が立ち第86代後堀河天皇(1212〜1234)(在位1221〜1232)になったのです。
  横には後高倉院の娘で甥の四条天皇の准母になった尊称皇后利子内親王の秘塚(ヒメツカ)陵墓参考地からの出土遺物が埋められています
 クリックすると元のサイズで表示します
 10歳の三男が天皇に成ったので、守貞親王(行助入道親王)は治天の君として太上天皇号を贈られ、院政を敷きました。
  二つ並んだ埋納所の上の生け垣は、もう月輪南陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかしながらわずか2年で亡くなった守貞親王は、後高倉院として北白河に葬られたようです。
葬られたと言われる鵺塚が元々あったのが、写真の平安神宮大鳥居と平安神宮の間にあったようで、明治27年に御陵伝説地に治定されていました。
しかし戦後すぐで宮内庁の力も弱かったのか、昭和30年にここを岡崎グランド(主に野球場)にする為に、なんと言うことか立ち退きにあったようです。
それでここ九条陵の空き地に出土遺物(どんなものなんでしょうね)は埋納され、陵墓参考地も外されたようです。

       返事
大雪男さん:4月末現在の私のセ・リーグ順位予想
    阪神➡広島➡ヤクルト➡巨人➡中日➡横浜
    無理がありますかねえ

2021/4/25

さて何をするか?  
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤が咲く季節になりましたが、京都も今日から緊急事態宣言下に入ります。
老人ホームの特養入所者と介護職員には1回目ワクチン接種無事終わりました。
養護入所者の人はまだ予定たっていませんが、私は医療従事者として連休前後にはワクチン接種できそうです。
 どこも行けないので、今朝は近くの宝ヶ池散歩して、朝からブログを書いています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 写真中央はUFOではなく、懐かしい古いキミマロズームで撮ったので、レンズのシミです。
 明日から3日働くと、私は丸々1週間のゴールデンウイークですが、どこも閉まってそうですし、得意の滋賀県イオンや平和堂にも来るなと言われてるようなので、困ってます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 新緑の候、プロ野球TV観戦か競馬勝負かWOWOW鑑賞ぐらいしか思いつきません。
自転車で京都市内の御陵も廻っておかないととか、断捨離で本棚整理出来ればよいのですが・・・。
 先ずは午後からの競馬に勝って、阪神も勝って、楽しくゴールデンウイークを迎えたいものです。

2021/4/23

86-1後堀河天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 承久の乱直後、鎌倉幕府は討幕計画に加わった後鳥羽上皇(1180〜1239)の系統を嫌がって、第80代高倉天皇(1161〜1181)の孫にあたる茂仁親王(ユタヒトシンノウ)(母は藤原基家の娘陳子(チンシ))をなんとか探し出して、わずか10歳でしたが第86代後堀河天皇(ゴホリカワ)(1212〜1234)(在位1221〜1232)として即位させました。
  写真の石碑の立つ泉涌寺横の参道を登って行きます
 クリックすると元のサイズで表示します
 茂仁親王の父守貞親王(モリサダ)(1179〜1223)は、異母兄第81代安徳天皇と共に壇ノ浦まで連れて行かれ、なんとか京に戻った時には、同母弟第82代後鳥羽天皇が皇位に付いていたので、1221年には出家し行助入道親王(ギョウジョニュウドウ)と名乗っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後堀河天皇が誕生したので、皇位に付いていなかった父守貞親王(行助入道親王)は高倉院として院政を敷きましたが、2年で亡くなったので、後堀河天皇の一応院政が始まりました。
  参道途中左の脇道が、後堀河天皇陵の参道になっていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 後堀河天皇のもとには、前太政大臣三条公房(キンフサ)の娘や関白近衛家実(イエザネ)の娘が入内しましたが、皇子は産まれず、前摂政九条道家の娘竴子(シュンシ・ヨシコ)(1209〜1233)が入内し、やっと皇子秀仁親王(ミツヒト)(1231〜1242)が産まれました。
  少し石段を上がって曲がると御陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 後堀河天皇の治世中は、もっぱら鎌倉幕府による承久の乱の戦後処理が行われ、道家の外祖父に早くなりたい意向と、病弱なために早く退位したい後堀河天皇の願いが一致して、鎌倉幕府の反対はあったようですが、強引にまだ2歳の秀仁親王に譲位し、四条天皇の下院政を開始しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 愛する美人妻竴子が三度目のお産で亡くなったこともあってか、譲位後2年にして23歳で後堀河は亡くなり、泉涌寺が見下ろせるこの観音寺陵(カンオンジノミササギ)(東山区今熊野泉山町)に葬られています。

       返事
じょんのびかあさんさん:お久しぶりです
    高校の時は可愛いだけの女の子と思っていましたが、
    小学校で習ったことをまだはっきりと覚えてる才女だったんですね。
    ト音記号の書き方なんか、全く記憶にない私です。
Toitenlabeeさん:ハニホヘトイロハがドレミファソラシドなんですね。
    病院の頃は単におもろいおばはんと思っていましたが、
    なかなか賢いおばはんだったんですね。
    文書プロ級だったですよね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ