奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2022/5/6

特報  
 ありがとうございます!  ありがとうございます!
前回の「想い出7.」までのこのteacupのブログは、色々やってみてたら、突然上手にあっけなく全てGooブログに移行しました。
 7月末でこのteacupのブログは消滅しますが、gooブログで見れますので、こちらへの投稿は7月最後に1回投稿する以外は今回で終わります。
(消滅したら移行した分も消滅するかもしれませんが)
無くなった時のために天皇陵巡りは印刷してましたが、まあ念の為、私の為に印刷はしておきます。
    これからは下記をクリックして
 https://blog.goo.ne.jp/150759 でお楽しみください。
      ありがとうございました

      返事
花水木さん:誰かに恋をお〜して
       激しい恋をお〜して 
    昔の歌は歌詞が今も心にしみますねえ!
     このブドウパン、中から虫が出てきたと思ったぐらいです。
Toitennさん:コピーして貼り付け方法は分かりませんが、
    何となく移行出来ましたよ。
     これもあれもToitennさんのおかげではないですが、
    GOOのIDも取って、簡単にコメント又お願いします。
和さん:(ごとりんちゃん)が(和み)さんでしたね。
    ご冥福をお祈りします。
1

2022/5/3

想い出7.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島列島最後の2年間は、一番大きな島福江島(日本で10位)の富江で過ごしました。
福江島は奈留島よりはるかに大きく、レストランや喫茶店・大きなショッピングセンターやモスバーガー・ミスタードーナツもあります。
飛行場もあって、福岡空港まで30分で行けますし、何と言っても離陸30分前に官舎から出ても間に合うぐらい便利は良かったです。
嘱託医として働いた富江病院の医師は4人で、東京・長崎・京都などからの研修医が替わりばんこに来てくれてたので、仕事は楽になりました。
1週間に1回だけですが、奈留島にも船で通勤、奈留医療センターの外来で働くこともできました。
福江島や富江の街をいろいろ楽しみ、九州本土にも奈留島よりは簡単にいくことが出来ました。
  夕方車で5分ほどの黒瀬にはよく出かけて、この写真の夕陽を鑑賞してます
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江でのブログ生活では、コメントを入れてくれる人も単発ですが増えて、地域起こし隊で奈留島に来ていた(奈留っ子)さん・本人の(ベベンコビッチ)さん・(おかよちゃん)?さん・(城山佳代)?さん・(奈留島で隣に住んだ)?さん・京都から来てた研修医で私の高校の40年後輩と判った(京子)さん・(どきん)?さん・トライアスロン選手の(東夏海)さん・富江在の(ともぞう)さん・高校同級生の(teruteru)さん・富江病院の(身長が一番高い)さんなど、名簿落ちてる人がいたらすみませんが、ありがとうございました。
  福江島のパン屋さんのブドウパン(150円)のブドウの量には、干しブドウ好きの私でもびっくりしました
 クリックすると元のサイズで表示します
 H病院時代の(綾部のとしちゃん)さん・時々冨江周辺でニアミスしたアメリカ在の(和み)さん・富江病院の(鼻髭50才)さんからは何度もコメント貰いました。
以前からの(和)さんとは、富江さんさん広場でBBQの招待も受けました。
 ただし、最初からお世話になって私がブログを始めたきっかけにもなった「島のターシャ」(toyozo)さんは音信不通になり、(喜珍)さんは亡くなられ、奈留島の大切なつてを失ったことは残念です。
toyozoさん。もし今も読んでもらえてたら、元気ですだけでも結構ですので、連絡いただければ非常にうれしいです。
 富江の最後には、私よりもはるかに奈留島の人に愛されてたフークも15才で亡くなりました。

        返事
花水木さん:そして私は、
    今や押しも押されもしない老人です。
       あんな時代もああたよと・・・・・・
      だから今日うは くよくよしないで
      今日おの風えに 吹かれましょおう 
Toitennさん:いろいろやってみましたが、
    Gooブログに移せませんでした。
    島の話やフークの写真が消滅するのは残念ですが、
    アメーバブログにも移せなかったのであきらめて、印刷だけしています。
1
タグ: 富江病院

2022/4/27

想い出6.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 いったん本土に戻った私たちですが、やっぱり奈留島のことが懐かしく、「島の医者になって」のブログ名にふさわしい環境にと思ったのかどうか知りませんが、もう一度2012年春から奈留島に、家内とフークに連れられて戻ってきました。
 続いて応援してくれていたコメンテーターさんからも喜ばれてうれしかったですが、なんといっても今も続いて応援してくれてる(大雪男)さんが上五島でインフルエンザに苦しみながらこのブログにたどり着き、奈留島まで会いに来てもらえたり、(福山市)さんも海鮮ウオークで奈留島に来れれるなど、実際にブログで繋がって会えた人がいたことです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2回目の勝手知ったる奈留島だったので、例大祭では舟にも乗せてもらえて、奈留島の鳴る島たる写真の洞窟までも見せてもらえましたし、
 クリックすると元のサイズで表示します
 家内などと共に、離島総合センターの写真の緞帳修復など、奈留島生活を楽しみましたし、小倉百人一首のパロディーで「奈留島百人一首」シリーズを掲載、(喜珍)さんはじめそれなりの好評も得ました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そんな中65歳の一応定年も迎え、奈留病院も付属診療所奈留医療センターと有床診療所になったため、色々考えた末、隣の大きな福江島にある富江病院で嘱託医として働き、週1回奈留島で外来をすることになったのです。

      返事
Toitennさん:青野原病院で住んでいた官舎の隣に、
    驚くことに、Toitennさんが少女時代を過ごした官舎の跡が残っていましたね。
    運命のいたずらか!と言うこともないか。
1
タグ: 奈留島

2022/4/24

想い出5.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 「島の医者になって」の名前のブログでしたが、5年半の奈留島生活から離れて、その後の1年半は本土兵庫県小野市の病院で、大学同級生の院長のひきで働くことにしました。
 全く経験のなかったリハビリ科で若いPT・OTさんたちと働き、国立病院というまたちょっと違う組織で働いたことはいい経験になりました。
 通院でリハビリしてる子供たちやその母親の、中ちゃん・小野市のひまわりおばさん・エビアドガボさんなどがコメントをよこしてくれ、奈留島を出たのに奈留島から続いて皆さんの暖かいコメントもあったり、私の高校のマドンナだったじょんのびかあさんからもコメントが来たり、美容院のあんふぁんさんからも時々あったりで、何とか本土の1年半もこのブログを続けることが出来ました。

 *このteacupのブログは7月で消滅します。
   https://blog.goo.ne.jp/150759 のGooブログで続けますので、乗り換えよろしくお願いします。
        
  返事
花水木さん:私も読み返してますが、
    昔の私はおもしろかったですね。
    最近のはキレが明らかに落ちてますが、それなりによろしく。
大雪男さん:もっと前からコメントを入れてもらってたと、
    思い込んでいました。
    意外に新しいコメンテーターだったんですね。
Toitennさん:このシリーズ好きでした。
    でしょ!
1
タグ: 青野原 小野市

2022/4/19

想い出4.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 満を持して始まったか、ネタに困って始まったか奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り、2008年8月から2年以上146回にわたって続きました。
2010年9月1日に結願(ケチガン)しましたが、第1番霊場として紹介した写真の北〇豆腐店横のゴミ箱も、終了ごろには豆腐店も更地になってしまい、旧北〇豆腐店跡地横のゴミ箱と改名せざるを得なくなっていました。
その結願からもう12年以上、121の霊場は今はどうなっているんでしょうね。
喜珍さんが生きていてくれたら、きっと報告してくれると思うと、早い死が残念です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大作奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡りには、ユーミンの「瞳を閉じて」のような「袋を閉じて」の愛唱歌も生まれましたし、この写真のような御朱印帖も作られましたね。
(まあ私が無理やり作ったのですがね)
 そしてこの間にも、福岡のさんまさん、ミカン屋さんから繋がった和さん、福江島出身のシカリ・のほほん日高・テツロウさん、カエデさんや久賀島で今もがんばっておられるhisakajimaさん、奈留島にも来られた福山市さんと、たくさんのコメンテーターにも恵まれました。
 皆が懐かしいですが、結願した後すぐに、私は奈留島を離れています。

     返事

花水木さん:奈留島はいつまでも懐かしいですし、
    花水木さんはじめ、皆さんのコメントにも助けられました。
1

2022/4/15

想い出3.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 消滅するかもしれないteacupのこのブログ、2007年5月31日から本格的に始めていますが、読み返しています。
 最初の1年間ぐらいは、京都のH病院の栗太郎・梅・チャリンカー・takako・商家の嫁さんはじめ、なんといっても今はToitennさんと言ってる(昔は名前頻回に替える女でした)Toitennさん、花水木さん、島のターシャのtoyozoさん、奈留島在住の喜珍さん、奈留島育ちのレオパ・やまもも・浮岡・春の女神さん、友人のS君などのコメントがおもしろ過ぎて、それを励みにブログを続けたと思います。
正直最初の1年のブログが一番面白く、これが消滅するのは残念ですよ。
  奈留島一の名所、世界遺産にもなってる夕焼けに染まる江上天主堂です
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島列島の奈留島以外の島である、福江島・久賀島・上五島の観光案内も加えながら、アクセスが1万回を越え、1年以上たって2万回をこえて喜んでいましたが、ブログネタがつきだしてきたというあせりも感じるようになってきました。
 奈留島八景・奈留島の乗り物・奈留島の銅像などの奈留島シリーズも始めましたが、なんせ材料が少ないのですぐに終わりました。
 ここで止めたら、面白いコメントに会えなくなってしまうという思いから始まったのが・・・・、
続く
  奈留島二番名所の前島トンボロです、懐かしい!

       返事
花水木さん:島のターシャtoyozoさん、
    お元気でしたらぜひコメントしてください!
    奈留島ではお世話になったのです。
大雪男さん:移転しても、どこにも表示されません。
     泊めた以上に、その後もコメントをたくさんもらっているので、
    こちらのほうが感謝です。
     今年の野球はのんびりと時々見るだけにしときます。
Toitennさん:gooブログはだれでも見れますが、
    gooID面倒でもとったら、いいねもできますよ。
1
タグ: 奈留島

2022/4/10

想い出2.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 2007年6月から本格的に再開した「島の医者になって」、私の家族からのコメントに始まって、奈留島を離れて本土に出て行った(やまもも)さんや(浮岡)さんなど、奈留島関係者からの島を懐かしがるコメントも届きだし、奈留島人を繋げる役にも立ちだしたかとも思えるようになりました。
 島に行く前に働いていたH病院の多数の皆さんの激励のコメントや、その中にあって私の文章のお師匠さんでもあり、名前を次々に変えながら今も突っ込んでくれてる(Toitenn)さんのコメントに勇気づけられ、再開始は順調でした。
  奈留島の夕陽はいつもきれいでした
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島のブログ「島のターシャのガーデンから」の(tozyoko)さんは、島一番の文化人でいろいろお世話にもなりましたし、このブログ繫がりでなんといっても(花水木)さんがコメントしてくれるようになったのが、私のブログが続いてる要因です。
 島の(喜珍)さんのブログ「喜珍日記」ともつながって、公私ともにいろいろお世話になり、五島市職員としてブログネタを書く助けにもなってくれました。
 (tozyoko)さんは私より年上でしたが、色々不幸があってブログも閉じられ、島からも出ていかれましたし、(喜珍)さんは若くして亡くなられましたので、私の大事なコメンテーターを二人もなくしています。
「喜珍日記」はまだそのまま残っていますね、ということは私のこのteacupブログのほうも、ずっと残るのでしょうか?
  海上保安庁の制服も島では着れました

新しい「島の医者になって、た頃もあった」に飛んでください。
   https://blog.goo.ne.jp/150759
3
タグ: 奈留島

2022/4/9

想い出1.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 私のこのブログ配信元teacupが、ブログ配信を止めるために、2022年7月でこのブログは消滅するかもしれません。
指示の丸ごと移転は出来ませんでしたが、
 gooblogの   
      https://blog.goo.ne.jp/150759  に移転しました。 
 新しいブログも「島の医者になって、た頃もあった」と同じタイトル名で、徐々に書き出していますので、そちらを主に見てやってください。
 移ってもらうことをお知らせすることも兼ねて、何回かこちらで想い出を書いていきたいと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2005年(平成17年)に、何を思ったか56歳で島の医者になり、五島列島の奈留島で働きだしました。
奈留島という未知の世界に飛び込む前に、奈留島在住の喜珍さんのブログで奈留島を勉強できたことが、私が奈留島でブログを始めるきっかけになったのかもしれません。
2006年4月にブログを始めてみましたが、三日坊主どころか1回だけで中断してます。
 その後2007年3月にTV[田舎に泊まろう」で神保悟志さんが官舎に泊まってくれたことが、再開の後押しをしてくれました。
 こうして私のブログ、その当時は[島の医者になって」が始まりました。

         返事
和さん:ありがとうございます
Toitennさん:飛べましたね!
    途中で落ちないでくださいね。
花水木さん:ありがとうございます。
    しばらくは二つの「島の医者になって、た頃もあった」、
    両方の応援お願いします。
2
タグ: 奈留島

2022/4/1

今年の桜3.  
 クリックすると元のサイズで表示します
3月31日木曜日、細かい雨が降ってた京都ですが、2日間20℃ぐらいの日が続いていたので、伏見区の老人ホーム玄関の桜はもう満開になってました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2日前はまだつぼみだった中庭の枝垂れ桜も、ピンク色になっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 5分咲きぐらいですかね、来週の出勤日には満開になってそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰り道の他人の家の桜は、もう満開、来週は桜吹雪の中を出勤出来るかも知れません。

 新庄新監督は開花しましたが、阪神は最低の6連敗、今晩からの巨人戦に勝たないと、今年は早くも終わりそうです。

   https://blog.goo.ne.jp/150759
これをクリックして、私の新しいブログに飛ぶようなら、変わってみます。

        返事
和さん:私の車は、桜によく合う色でしたね。
    インポートはあきらめかけています。
Toitennさん:あめーばもうまくいきませんでした。
1

2022/3/30

今年の桜2.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨日29日火曜日、この3ヶ月ぐらい電車はやめて車通勤していた伏見区の老人ホームにも、地下鉄とJRで電車通勤再開しました。
久しぶりの車両は、生徒や学生が乗ってないにしてはそこそこ満員です。
 老人ホームの中庭に咲く、花曇りのその日の枝垂れ桜は、まだまだでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昼は20℃以上の初夏になった30日水曜日、北の病院へ車で遅めの出勤途中に見た、近所の豪邸に咲く桜はほぼ満開ですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 岩倉という京都の北ですが、病院玄関前に咲く桜は、ソメイヨシノでないせいか満開近くでした。
誰の車か、桜と似合っていました!

  このブログを全て上手に新しいブログに移転する作業は難航してます。
このブログと新しいブログに、ダブルクリックしたら出てくる装置(作り方教えてください、お願いします)をつけて、両方見ていただくことにするしかないと思っています。
それならGooブログにこだわらず、アメーバブログでも何でもいいかもしれないので、推薦できるブログ有ればこれも紹介いただければ幸いです。

         返事
花水木さん:来年の桜やW杯ラグビー、
    そしてフランスオリンピックぐらいまでは、ロシアが変なことをしない限り見れそうですが、
    プーチンが失脚してても、孫の結婚やリニア新幹線までは見れないようです。
    桜もあと10回ぐらいですかね。
1
タグ: 京都の桜 出勤


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ