奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/4/17

海嶺  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院から歩いて3分、富江小学校がありますが、その向に小さな教会を見つけました。
ここは隠れキリシタンではなく、カトリックでもない、プロテスタントの教会である富江バプテスト教会でした。
 京都にもバプテスト病院があって、私の初孫も出産直後そこのNICUに担ぎこまれたので、私も5年前に奈留島から初孫に面会に京都バプテスト病院に行き、NICUのガラス窓越しに対面したことを思い出しました。
 確かブログにも、嬉しくて書いていたと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4月13日(日)夕方7時前、富江の空低くに満月に近い月が懸かっていました。
 富江バプテスト教会で映画会があるという看板に誘われて、初孫がお世話になったバプテストも何かのご縁と、どこでも行きたがり屋の私は、早速入ってみることにしました。
もちろん無料です。
 米国北部バプテストの宣教師が、1911年から瀬戸内海で伝道していた「福音丸」と言う伝道船を使って、平戸から五島まで布教活動をして、丁度今から100年前の1914年に、その頃は福江よりずっと繁栄していたと思われる富江に教会を作ったと、映画の後で聞きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 プロテスタントの教会の内部は、十字架だけでシンプルです。
この中での映画会ですし、教会の人が3人、観客は私を入れて5名、しかも私が一番若そうですので、五島でのプロテスタントの布教はなかなか苦労が有りそうですよ。
 窓から薄暮の外の光や、車の音も聞こえますし、画面も大きくはなさそうですが、なんか昔の校庭での野外映画会を思い出すようで、少しワクワクしてきました。
 さすがに一応教会での映画会、賛美歌の斉唱で始まりましたが、「いつくしみ深き」なのでオルガンに合わせて大声で歌えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 映画は聞いた事もない「海嶺」。
日本史でその名前だけはなんとなく憶えの有る幕末1837年の「モリソン号事件」の日本人漂流民の話でしたが、さすがに教会での上映会、原作は三浦綾子さんですし、初めて聖書を和訳した話も出てくる、約30年前の松竹映画でした。
 若い若い西郷輝彦・あおい輝彦・井上純一など懐かしいアイドル達に、竹下景子・米倉斉加年・田村高廣・火野正平などが脇をかためていました。
そしてびっくりの、なんか見た顔と思った、昔LPも持っていたジョニー・キャッシュまでもが出ています、CDでも買ってまたカントリーウエスタンを聴きたいような気分にもなった、なかなか楽しい富江の日曜の夜でした。

    返事
和さん:65年間使用の血管が切れるより、20年間使用のゴムが切れるほうが、
    まだ良かったですよね。
大雪男さん:カープを三たては望んでいませんが、カープが三たては嫌ですよ。
花水木さん:遅いけどフォームがきれいって、私の理想です、
    花水木さんが出来るのなら(失礼)、私もクロール挑戦するかも?
綾部のとしちゃん:ご愛読ありがとうございます。 メールで分りました。
    綾部の上林のカフェ「じょんのび」、夫人が高校同級生です。
    ドッグランも整備されていますので、あの時の愛犬まだいるならどうぞ行ってやって下さい。

2014/4/18  22:45

投稿者:花水木
最初の写真の黄色い立て看板・・・・・
一瞬、「生ビールあります」の看板かと。
教会なのに申し訳ありません。

和さんの仰る通りで、まん丸お月様が
素晴らしいです。
3Dで浮き出てくるようです。

クロール、先生も直ぐに極められますよ。


http://ameblo.jp/tomichan77

2014/4/18  10:35

投稿者:和
かくれキリシタンの五島の割に 富江にはただ一つの小さな教会がありました。私は未だにそこへは1歩も足を踏み入れたことがありません。雰囲気からして私たちが行くべきところではないと子供心に思ったものです。先生の写真で初めて教会の中を見ることができました。

それにしても でっかいお月様ですね。カメラを新しくされましたか? それともキミマロさんの調子が良かったのか最後に先生の腕か。。。。(失礼)

同級生のお母さんが富江に入院されてて(たぶん先生の領域)上五島から富江に通ってるようです。状態も少し落ち着き彼女も周辺の友達 景色 学生時代が懐かしいと昨夜の話でした。

昔は 映画館もあった富江です。 

2014/4/18  7:44

投稿者:大雪男
いやいや巨人をですよ。阪神には一つ勝てたらと思ってました。
富江は福江よりは栄えてなかったと思います。
実際見てみないと分かりませんが。
プロテスタントの伝道は厳しいでしょうね。

2014/4/17  21:28

ハーイ、行ってみますね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ