奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/7/8

陣屋石倉  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院から道(国道)を挟んで向かいにある富江中学校、現在は1学年30名程ですが、その運動場はやっぱりかなり広いです。
 富江藩は三千石で大名ではないので、城は持てません。
その代わりの陣屋の跡が、現在の富江中学校の運動場よりひとまわり大きい規模であったようです。
 その跡で今も残るのは陣屋石倉(ジンヤイシグラ)で、この運動場の向こうに写ってるような写ってないような。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんの案内看板もなく、家の陰にあって周りからもあまり見えず、町の中心の交差点にも近いのに、ひっそりと目立たなくあった陣屋石倉、フークとの散歩の圏内にあったのに、民家の間の狭い道を通って畦道の様な所を通って行くまで気が付きませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江藩中興の祖と言われる6代藩主伊賀守運龍(イガノカミユキタツ)(1780〜1844・在位1789〜1844)が非常時に備えて作らせたと言われるこの陣屋石倉、インカの石組にも負けていません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 幅25m・長さ9m・高さ4mで、壁の厚さは1.15mの富江産玄武岩の切石で作られた立派な石の倉です。
天井は藁ぶき?だったのか、梁ももうなくなっていますが、200年以上経ってもびくともしない(一部壊れているのが写ってますが)ぐらいきれいにしっかり作られています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 正面に2か所の高さ2mの入り口から中に入ると、結構広い空間が広がり、裏面には3か所の高さ50p・幅85pの高窓があります。
 もっと宣伝して、陣屋石倉の入り口を整備したら、立派な名所になるのにもったいないです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 玄武岩には小さな穴がたくさん開いていて細工しやすいのか、それで丈夫なのは不思議ですが、せっかく家を持っているカタツムリが、何故かその穴を家にしてへばりついていました。
 現在のところ陣屋石倉を積極的に利用しているのはカタツムリだけでした。

     返事
和みさん:なかなか天保をアマヤスとは読めませんよね。
和さん:特に3枚目の写真、畑の中に残る側壁、我ながらいいなあと思ってます。
大雪男さん:溶岩の玄武岩(火山礫)がまたいいんですよ。
和みさん:私より先輩でしたね、失礼していました。
    管理人は、こうして女の人の歳がばれていくのを喜んでいるので、うれしい限りです。
花水木さん:1日早い誕生日おめでとうございます。
     次のクレソン畑を楽しみに待っています。

2014/7/27  8:20

投稿者:日高茂和
こんにちは
富江にいらっしゃるんですね。
福江で育ちましたが、富江のことは知らないことばかりなので、勉強になります。
ありがとうございます。

https://www.facebook.com/shigekazsu.hidaka

2014/7/12  22:31

投稿者:和み
言葉足らずですみません(๑>◡<๑)
昭和12年生まれは母です(・ิ▽・ิ。)

小学生の頃 母の実家に行く時はいつも、父のトラックが定員オーバーで乗れない私と兄は バスで富江まで行き、近くの本屋で付録付きの本を買うのが楽しみで…低学年には遠すぎる天保までを歩いておりました。

2014/7/10  16:55

投稿者:
グランドまわりの木が大きくなってますね。1学年30人ですか?私が卒業した昭和44年は352人の卒業生がいました。 

陣屋は知りませんでした。 あのころの富江の町は私にとって未知の世界がたくさんでした。

またまたこの場をお借りしまして 和みさん そのお店のことはよく覚えております、よくお世話になりましたよ〜。

2014/7/8  19:55

投稿者:大雪男
なかなか立派な石倉です。
海産物や米を蓄えてたんでしょうか。
十分観光資源になりますね。
今度行ったら見てみます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ