奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2015/3/18

五島市椿園  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 第21回五島椿まつりも終わりました。
その期間中に時々、鬼岳の麓にある国際優秀椿園になった五島市の椿園も行きました。
3〜4回行ったのは、土曜か日曜の午前中ですが、椿まつりの期間中にもかかわらず、椿園の中では誰にも会わなかったぐらい、人は来ていません。
天気が良くなかったのと、五島の人には、椿はわざわざ見に行くほど珍しいものではないからですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島の椿と言えば玉の浦椿(地名は玉之浦ですが、椿名は玉の浦が正しいそうです)。
玉の浦椿ばっかりの場所もあって、3月になってからはメジロかな?、鳥の声も木々の間から聞こえます。
 やっぱり、可憐で綺麗な花ですね、玉の浦は。
 クリックすると元のサイズで表示します
 白い部分の割合は色々のようですが、福江商店街の玉の浦の中には、こんな風に白の部分が多いのもあって、これもなかなか綺麗でした。(これは玉の浦とは呼ばないかもしれませんが)
 クリックすると元のサイズで表示します
 椿は照葉樹なので、名前の通り葉が陽の光で光ってるのも綺麗ですが、赤い椿の花はなかなか目立ちませんね。
 白い椿はまだ目立つほうですが、それでもこの白侘助はひっそり咲いていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その中で、こんなボタンのような派手で目立つ花もありました。
赤腰蓑という椿、なるほど名前負けしていません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 乙姫は沢山の花が付いていて目立ちましたが、花びらが乙という感じからの命名か?、確かにあんみつ姫より乙姫の方が、この花にあってますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 たくさん咲いて、たくさん散っているのは、漁火と言う名の椿。
遠くからでも目立ったので、それで漁火?。
 新種を作って付けられたいろんな名前のわけを、想像するのも楽しみですが、上手に納得するような名前を付けられていますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 一番平凡ですが、一番椿らしいヤブ椿、ヤブ椿の森では、花はよく探さないと目につきませんが、その中で比較的花が多かった木がこの写真です。

     返事
花水木さん:同じ石だと思いますが、やや不思議。
    私も頻尿でひんしゅくを買ってます。
大雪男さん:太古の5:40青方着は、ちょっと冬はつらいですね。
    福江には早く着くようになって、便利ですが。

2015/3/19  14:36

投稿者:
この椿園にわが友たちが遠足を計画してたようですが1人が肺の術後でもあり少し無理かも?と、断念したようです。そんなに急なところなのでしょうか?

我が庭万博にも椿園があるのですが 椿の花は地味ですね。 以前もツバキの記事でコメントしたことがあるのですが 子供のころ メジロと競争で 椿の花を手折り蜜をチュッとしたことが思い出されます。

2015/3/19  9:43

投稿者:花水木
椿は色んな種類がありますが、玉の浦は特に可愛いですね。
家にも乙女椿のピンクがあります。
あと名前の不明はものも数種類。
ググってみようと、検索で椿・・と入れたら3番目に
椿鬼奴が出て、思わず爆笑してしまいました。
いつも下らなくてすみません。

http://ameblo.jp/tomichan77

2015/3/18  19:16

投稿者:大雪男
今はまだ良いですが、冬場の5:40は暗いは寒いはで辛いでしょう。
福江までの利用者には最高ですよね。
椿の花は本当に目立ちませんが、落ちた後の赤い絨毯は見事です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ