奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2015/5/11

第33回こども自然公園大会バラモン凧あげ大会  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 5月5日子供の日、3日の予定が大雨で延期されたバラモン凧あげ大会に鬼岳まで行きました。
暑いぐらいの日より、今年は福江島も含まれる西海国立公園指定60周年ということでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨年は家内と二人で行ったようですが、今回は一人なので、凧あげ大会の凧が揚がる前に、鬼岳登山に出発(登山はまた次に報告予定)。
中腹から振り返って、五島高校吹奏楽部の演奏を聞きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 これがいわゆる五島のバラモン凧の絵柄、観光用に売っている凧もこの福江のバラモン凧の絵柄です。
後ろ向きの渡辺綱の兜に鬼が真正面から噛みついた姿で、堂々と敵に後ろを見せず、鬼と向かい合って勝負している勇ましい姿らしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ちなみに「山でいっぷく」というブログから無断借用したこの写真のバラモン凧は、富江のバラモン凧です。
他の地方のバラモン凧でも、福江の凧の様に鬼と向かい合っているので武者の顔は描かれていないものと、この富江の凧の様に鬼も武者も両者の顔が見えているのと、二種類の凧の絵柄があるようです。
 福江藩と富江藩は、隣同士でよくあるように、元々仲が良くないようです。
福江の人は、「富江の凧は怖くなって逃げる武者の後ろから鬼が噛みついているので、富江もんは弱虫でひきようもんだ」と言ってるそうです。
しかし、富江のものに言わせると、「富江の凧の絵柄は、鬼を成敗して取った鬼の首を、頭にのせて凱旋して来た時の姿で、福江の弱い武者のように頭を噛まれた負け凧ではない」と言ってるそうです。

       返事
大雪男さん:この像の前から海まで30ⅿぐらい岩場があるので、
    充分前に廻って写真は撮れます。
花水木さん:この二人のそっくりさんが奈留島にはいます。
   その内の元気だった同い年の人は、今は奈留の老人ホームに入所です。
和さん:なんという偶然か!!
    バンガローに入れてもらった6人のうちの二人は、大阪から来たアベックのライダーと思います。
    3日「バイクハウス」という喫茶店で、たまたま私と話して、「親切な人がいて助かった」
     と喜んでいましたよ! あの大雨で地面直接のテントは無理!!
     同級生の人にもよろしくお伝え下さい。

2015/5/13  11:29

投稿者:花水木
そちらの凧の絵柄がユニークですよね。
和風と言うより、外国のデザインのような・・・・
そのバラモンに頭を齧られてるような渡辺の綱・・・
我が家の祖先かも?

お天気に恵まれてよかったですね。

和さんのコメント読ませていただき、ご縁ってつくづく不思議なものだと感じました。

http://ameblo.jp/tomichan77

2015/5/13  9:10

投稿者:福山市
鬼岳は昨年頂上まで登りましたが、天気が良くて、福江港を出入りする船や、つばき空港を離着陸するプロペラ機を見れて良かったです。木等の視界をさえぎるものがないのがいいと思います。凧揚げにはベストですね。
新垣結衣の「くちびるに歌を」の映画で、鬼岳の場面があり、涙が出る程感動しました。

2015/5/13  7:23

投稿者:おかよちゃん
やっぱり福江藩VS富江藩の闘いだったんですね〜。うちの歴史も捏造っていうか改竄されてるし…。
おかよちゃんちは仏教徒ですが、スペイン系の血が混じってるっぽいですよ!

2015/5/12  21:07

投稿者:大雪男
長崎のハタ揚げでもビードロ(ガラスの粉を糸に塗りつけた物)で切り合ってました。
バラモン凧は飾りにも使えますね。
富江藩が僅かな領土なのに分離独立したので、福江藩にしたら恨み骨髄だったと思います。

2015/5/12  20:46

投稿者:
バラモンだこ 昔 近所にバラモン凧作る人がいてその頃は「ぶんぶん凧」と言ってましたが 「富江」のものからして今風でしょうか?私が見てたものとずいぶんイメージが違います。タコ糸にガラス片を塗り付け相手の糸を切り勝負してました。 昔から福江藩と富江藩の諍いはあったのでしょうが 狭い島でどうなのよ?と言いたいくらいですね 日本中でいがみ合ってた頃の話でしょうか?

同級生に先生のコメント伝えたところまさにそのお二人もそうだったようです、あとは長崎の方もとか。 

バンガローではBBQを準備してくれるようです、先生もぜひご夫婦でご参加ください。6月 15,16泊 お天気次第でどの日になるか?ですが当直でないことを願います。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ