奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2015/10/12

巡視船ふくえ  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 W杯ラグビー、3勝して準々決勝に進めないのは残念ですが、日本はすべての選手がよくやりました!
眠たいですが今日は日直、阪神にはもひとつ熱が入りません。
  これは先週の話です。
福江みなとまつりの一環として、いつもは福江港に停泊している海上保安庁の巡視船「ふくえ」の一般公開がありました。
 2007年にも奈留島から見学に来て、子供のように海上保安庁の制服姿で写真を撮ったブログもあったと思います。
 今回は一人で「う〜みん」・「うみまる」と一緒に記念撮影をしました。
右の「う〜みん」が女の子と、撮った後に言われたので、残念です。
海猿の方は置いといて、「う〜みん」とだけ撮ればよかったですのに。
 クリックすると元のサイズで表示します
 船首にある砲もすべて、艦橋からの操作でTV画面に写ったものを撃つそうで、ケーブルが壊れた時のみ、直接この後ろに立った射手が撃つ仕掛けになっていました。
 いつも弾は込められてるかどうか尋ねても、やっぱりそれは秘密らしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 上甲板に上がっていくと、丁度飛来して来た敵機?(福江空港を飛び立ったボンバルディア)を小さく発見、「敵機来襲」とかをここで叫ぶのですかと尋ねたら、高速艇なので巡行中は甲板には出られないぐらい早いので、目視で敵を見張ることはないですと、冷たく言われました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 見学の帰りには、こんな立派な袋に入ったお土産を、艦長さんらしき人から貰えました。
「顔もいいですよ」とは言われましたが、日本の防衛の妨げになるかしれないので、半分下だけにしています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この前の航空自衛隊の見学会では、お土産はパンフレットぐらいでしたが、海上保安庁は太っ腹、けっこう使えそうな物が沢山入っていたので、軽いステップで帰りました。

     返事
大雪男さん:写真は鳥栖駅ではなく、もっとひなびた駅です。
     私も九州は色々行きたいところがたくさん残っています。
花水木さん:意味ありげにさらっと書いていますが、
    実際の目的はちょっとした買い物だけです、すみません。  
                 続けて
      夫と妻の境を決めた以上
        もう別れも平気  よろしく哀愁

2015/10/15  0:32

投稿者:商家の嫁
うみまる君は平成10年生まれで、当時名古屋基地に居た兄ちゃんが(母、末弟)3歳の妹の子供に嬉しそうにぬいぐるみを持って帰ってきましたが一瞥もされませんでした・・・
うーみんちゃんなら、変わってたんでしょうか??

兄ちゃんも、海保の内部話は聞いてもお国の秘密と絶対してくれませんでした・・・。

2015/10/13  9:41

投稿者:福山市
行楽の秋、先生は雲仙・山鹿・柳川と奥様と楽しまれ良かったですね。海上保安庁の巡視船の装備とお土産があるのは、初めて知りました。

10月10日大雪男さんの故郷上五島で、ウォーク&クルーズがあり、中ノ浦教会から若松大橋を通り、土井ノ浦港まで、約14キロを歩き、キリシタン洞窟・大平教会等のクルージングを楽しんできました。
11日には宇久島へ渡り、城ヶ岳へ電動ママチャリで登りましたが、私の故郷平戸は霞んで、今イチでした。
五島列島の主な島は行きましたが、いつ行っても、五島の人の温かさに接する事が出来て、いい思い出となりました。

2015/10/12  19:25

投稿者:花水木
ゆるキャラにも性別があったんですね。
素人には見分けがつきませぬ。
家のご近所に、どうみてもおじさんにしか見えないおばさんがいますよ。いつ見てもおじさんにしか見えません。
海保のお土産いいですね。
各種サイズのジップロックは我が家の必需品です。

大雪男さんへ、最後の歌も郷ひろみさんのよろしく哀愁の後半です。郷ひろみのファンではありませんが、この歌の歌詞がなるほどなあ・・・・と感心してしまいます。

2015/10/12  18:40

投稿者:大雪男
和みさん、船舶免許持ってるんですか凄いですね。
車以上に乗らないと駄目?なんでは。
頑張って乗ってください。
海保も結構税金使ってますが、どっかの首相みたいに
よその国に大盤振る舞いよりはマシです。
最後の歌は何でしたっけ?

2015/10/12  14:05

投稿者:和み
海上保安庁の巡視船に一般公開があるなんて…
行ってみたかった…💔
泳げないのにナゼだか海に関する職業に憧れ…船舶免許取得するも更新手続きだけの宝の持ち腐れ状態です (・ิ⊖ ・ิ。)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ