奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/4/30

帰郷  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 4月23日朝、福江島をフェリーで去りました。
前々日の最後の奈留島外来行きが、嵐で船が欠航して行けなかったのが心残りになりました。
 フークの遺骨と一緒に、夫婦二人だけで、子供たちが皆巣立っていった京都の自宅に帰ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日朝早くで、富江から港までは30分ほどかかるのに、11人の病院関係者(二人は奈留島から)がテープで見送ってくれました。
 船が出るまでのいつものやや気まずい時間が過ぎて、岸壁から船が離れだすと、やっぱり寂しさが込み上げましたが、若者3人が岸壁を走って見送ってくれました。
 「飛び込め!」と叫びましたが、さすが女性3人、誰も飛び込んではくれませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天も泣いてくれているのか、雨が降ってきて、霞んでしまった3人の姿と、いつも泊まってる海上保安庁の「ふくえ」も遠くになりました。
      ほんまに島から去ってしまいましたよ!
 地震で行けなくなった熊本から南九州日南を廻る旅はキャンセルし、北九州・山陰を廻って京都に帰り着きました。
 送ったクロネコヤマトの単身パックも到着し、床が少し見える家にはなってきましたし、次男がパソコンを繋いでくれたので、またブログ再開です。
 お気付きかもしれませんが、ブログタイトルも少し変更しました。
役にもためにもならない記事ばかりが、相変わらず続きますが、よろしくお願いたします。

     返事
花水木さん:地元京都のことは少々書きにくいかもしれませんね。
    長崎式揚げ方の鯉のぼり、山口県でも同じような揚げ方で揚がっていました。
    頭の写真、これでも3枚の写真から一番濃い髪の写真を載せてます。
和さん:これはもう京都からの発信ですよ。
大雪男さん:早速友人の店で折り畳み自転車を買う算段を付けました。
   これで遊びます。
鼻鬚50歳さん1:1日だけの嵐で、奈留島に行けなくて残念です。
   奈留島の読者の皆さん、長い間ありがとうございました、この場を借りてお礼を言います。
ともぞうさん:一度聞いた気がしますが、正体不明。
    京都でもマイペースで生きていきます。
綾部のとしちゃんさん:帰りの旅で3s増えたかも。
    私もこれから又全身を磨いておきますね。
鼻鬚50歳さん2:私も五島に行けるぐらい競馬で稼ぎたいですよ。
福山市さん:29日初日は1.4万人の来館がありました。
    もう少し待って、平日の空いてる時に行きたいです。
あんふぁん片岡さん:娘の髪も切ってもらっていたのですね。
    三河内が母の里なので、小学生の休みは丹後に入りびったっていました。
 

2016/5/3  9:27

投稿者:鼻鬚50歳
おはよーございます。本日、富江は、雨☔風です😭 連休中の、各地区の、イベントも、延期です😭。
遅くなりましたが、お見送り出来ず、すいません😢⤵⤵でした。身近で、先生の、お顔を、拝見出来ず、寂しいですが、ブログの、配信で、思い出して、又、お会い出来る事を、楽しみにしています。
さて、本題の春天皇賞、うーん😭でした。
うんちくを、語ると、長く奈留ので、止めときます😡
切り替えて、残りの、春の、G1に、勝手に、頑張ります。

2016/5/3  5:44

投稿者:大雪男
島の医者は経験の少ないのが殆どの中で、
貴重なベテランで有り難かったです。
先生みたいな人が増えると良いのですが。
長い間有り難うございました。
京都の穴場や安くて旨いもの・京都人気質とか、
色々お願いします。

2016/5/2  13:07

投稿者:福山市
本当にお疲れ様でした。
福江港での別れのテープ、ブログを見ているだけで、何故か寂しさを感じますね。

京都でのブログ発信、楽しみに待ってます。

2016/5/1  19:40

投稿者:和
最期は涙雨でしたか?  

「飛び込め」って島の人間は溺れることはないと思うけど(私たちの時代はね)あそこの桟橋からはちょっとねぇ〜。

京都での生活 先生のことだからじっとはされないはず。 岩倉の友達のところに行くときか 植物園に行くときか サプライズがなんちゃって。(失礼)

この3,4日 高槻ジャズストリートで街中 ジャズですがどうもお天気が心配なところです。 もしお時間があれば いかがでしょうか? 

2016/5/1  0:18

投稿者:teruteru
島の風景、人々の生活、食べ物などを楽しみに、ずっとブログ楽しんできました。お帰りなさい。荷物整理の慌ただしい中、タイミングよく?電話で邪魔をしたのは私です。ごめんなさい。
怪しい関係ではありません、高齢の母のことでお尋ねしたいことがあったからです。お話を聞くことができて少し安心しました。ありがとうございました。
この地でも今まで培ってこられたものを生かしつつ、赤か黒かはわかりませんがお髭のドクターとしてご活躍くださいますよう。

2016/4/30  22:05

投稿者:花水木
待ってました!!
先生のブログを読みながら泣いたのは2度目。
旅立ちの様子を想像して泣けました。

地元京都の発信は、先生目線でお願いします。
私達田舎もんにとって、京都は憧れの地です。
真実なのか思い込みなのか不明ですが、京都の食べ物にはずれがないのです。桜餅が苦手だったのに、中学校の修学旅行で食べたランチの道明寺。
それから桜餅が大好きになりました。

引越し荷物と気持ちの整理が着いたら、また、ぼちぼちと先生目線のブログ更新お願いします。
内容は何でもOKですが、できれば食べ物ネタもお願いします。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ