奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/6/8

帰郷の旅8:奥津温泉  
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰郷の旅の最後の宿は、岡山県の奥津温泉です。
 少し早く着いたので、近くの奥津渓の甌穴群(オウケツグン)を見に行きました。
甌穴は川の流れで石が回転し、その石が岩を削ってできた穴です。
五島列島の小値賀島にはポットフォールと言って、海の波で同じような穴が開いているのがあります。
そこでは穴の中に削ってる丸い石が取り残されたまま残っていますが、ここでは単なる穴だけで、回転する石がない分頼りないです。
でも、今の川床よりもかなり高い所に、結構深く大きな穴が開いていたので、びっくりしました。
クリックすると元のサイズで表示します
 奥津温泉はここを舞台にした小説「秋津温泉」で有名になった美作三湯の一つです。
これで一応美作三湯(湯郷・湯原・奥津)はすべて入ったことになりました。
 私が中学の頃に封切られた「秋津温泉」の映画、週刊新潮だったと思いますが、その映画批評欄に乗っていた、岡田茉利子が温泉に胸まで浸かってる小さな写真は、今でもはっきり目に浮かびます。
もちろん胸から上しか見えていませんが、これだけでかなりドキドキしていました。
ちなみに、吉田喜重監督は妻の岡田茉利子をこれ以上は脱がさなかった小心者、それに比べて、新藤兼人監督は妻の乙羽信子の乳房を堂々と見せてくれていたので、子供心に偉い奴だと思っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 泊まった宿には、棟方志功がよく泊まったそうで、版画が沢山飾ってありました。
左の鯉の版画は、くれるなら貰いたかったです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お湯は川床から直接出てきたそうで、その川の上に風呂を作ったという、小さいですが立ったまま丁度入れる深さの神秘的な風呂。
底の川の石のような部分に足を置いて立ったまま入っていると、底から時々空気の泡が出てきます。
地底奥深くから初めて地上に出てきた泡が、私の股間を微妙に撫ぜながら上がっていく感じは、なかなか素晴らしく、今まで入った湯の中でも最上位ですね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 次の日は、ゆっくりと9号線を走り自宅に到着。
これで完全に「島の医者になって」ではなくなりましたので、これからは
      「島の医者になって、た頃もあった」
のブログタイトルで新たなネタに挑戦するつもりですが・・・・・・。

     返事
花水木さん:完璧には程遠いことを積極的にアピールする性格に変わってきていますが、
    それもむなしく思うときあります。
     歳をとるのはやっぱり寂しいものです。

2016/6/8  22:43

投稿者:大雪男
青森の蔦温泉と屋久島の尾之間温泉も湯船の底から
湧き出る極上の湯でしたよ。
私は木暮実千代に参りましたが、お互いませてましたね。
昔の女優は上品な色気がありましたね。

2016/6/8  18:53

投稿者:花水木
あららら・・・
コメントが変なことに。
初めて地上に出てきた泡が先です。
文明の力に振り回されるお年頃です。

2016/6/8  18:37

投稿者:花水木
年は取りたくない・・・は満95歳のお姑さまの口癖。
当たり前ですが、子供は日に日に出来る事が増えますが
年寄りは段々できなくなるのです。
オムツをして。・・・・オムツに戻ります。
長生きは尊い事ですが、辛い事も多いと思います。

それが、そっと先生の股間を撫でる。。
素敵な表現ですね。

初めて地上に出てきた泡・・・。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ