奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/11/27

神代の時代0−6元伊勢内宮  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 日本最大かつ最も有名な神様天照大神は、一応皇室の始まりとされていますし、初代神武天皇から5代さかのぼった繋がりがあります。
 天照大神は伊勢神宮内宮に祀られていますが、へそ曲がりの私は大江山の麓にある元伊勢内宮に向かいました(近いからですが)。
  クリックすると元のサイズで表示します
 天照大神は2080年ほど前に、当時祀られていた奈良の笠縫邑(カサヌイノムラ)を出て、この皇大神社など丹波周辺を50年近くウロウロ回られた後に、今の伊勢神宮内宮に永遠に御鎮座されたそうなので、ここなどを元伊勢と言います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天橋立の成相山側にあるもう一つの元伊勢内宮は、私の子供の頃より大きく綺麗になっていましたが、その分有難味が少なくなった気もします。
 しかし民謡では、多賀大社の歌と同じように
    伊勢へ詣らば 元伊勢詣れ
        元伊勢お伊勢の故郷です
      伊勢の神風  海山越えて 天橋立吹き渡る ♪x3
  クリックすると元のサイズで表示します
 大江山麓の皇大神社の元伊勢内宮の方が、山の上にある分神秘的です。
 イザナギ・イザナミの神は、二人でたくさんの島々や神様達を産みましたが、イザナミの死んだ腐った体や尿からもたくさんの神様達が生れました。(前回の外宮のトヨウケビノカミなどです)
イザナミのいる黄泉の国から逃げ延びてきたイザナギが、途中で投げた持ち物やイザナギ自身からもたくさんの神様達が生れましたが、最後の最後にイザナギが身を浄めた時に、その左眼から生まれたのが天照大神です。
なお、右眼からはツクヨミノミコトが鼻からは有名なタケハヤスサノヲノミコトが生れています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天照大神は天の岩戸に隠れたり、弟のスサノヲと争ったりしましたが、特に結婚することもなくシングルマザーになった後は、今も高天原か伊勢神宮内宮に住んでおられるのですかね。

      返事
大雪男さん:イチョウの落ち葉は滑りもしますね。
花水木さん:五島も紅葉は京都に負けていました。
    やっぱり冷えないと紅葉は綺麗にならないようですね。
タグ: 天皇陵

2016/11/28  14:51

投稿者:花水木
今よりも昔の方が、自由奔放だったような気がします。
平安時代などは、交際してから、結婚ではなくて、通い婚が普通でしたし、何やら複雑な人間関係がありそうです。
シングルマザーも今流行りだそうで、結婚したくないけど、子供だけは欲しいと思う女子が多いそうです。

友人の娘さんも、末っ子がまさかのシングルマザーになり、友人は、おじいちゃんよりも、父親代わりの役務が多いみたいです。

話がずれてしまいました。
毎度の事ながらすみません。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ