奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/11/21

藤田嗣治展  趣味
   クリックすると元のサイズで表示します
 秋の京都、日本人観光客も増えてきました。
岡崎の京都国立近代美術館で藤田嗣治展をやってるので、観に行きました。
館内から、平安神宮の大鳥居と耐震工事中の美術館、山の中腹の建物は知恩院でしょう(間違ってることに気づきましたので訂正)。

東山の紅葉はまだ目立ちませんでした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この看板にもなってる絵が、さすが私も一番良かったと思います。
ユトリロやシャガールに近い、パリ時代初期の絵や、有名な乳白色のたくさんの裸婦の絵、知りませんでしたが中南米を旅した時の絵、戦争画として戦後は批判もされたアッツ島玉砕の絵まで観ることが出来ました。
最後は和風の宗教画まで、嗣治の全作品と言うぐらい沢山そろっていて、見ごたえありましたし、私の中の嗣治の位置も上がりましたので、良かったです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 美術館内のレストランで、この展覧会の特別メニューで、嗣治の乳白色に合わせた豆腐入りのパスタを食べました。
真ん中に明太子も乗って、帆立貝も入ったスープスパゲテイー風のカルボラーナかな?まずまずです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 帰りにもう一つ、近くで開催していた、截金(キリカネ)の本当に細かい細かい神仏画などの展覧会。
嗣治も背景の小さな小物やパリの石畳を、一個づつ丁寧に描いていましたが、こちらはそれよりももっと細かく、息の詰まるような作業が必要な感じ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 娘の嫁ぎ先の知り合い、長谷川智彩さんという、綺麗な和服の似合う女の人の展覧会で、京都生まれなのでお母さんも手伝っていました。
私も小さいのを頑張って買って、遺影の替わりに飾っておくと、皆も手を合わせてくれそうですかね。

      返事
和さん:ドラフト会議なんてとんでもない、
    来年春にはもう野球は「極めている」と思いますよ。
花水木さん:孫も可愛いのは一時期だけですよ。
     バットを持つ手、子供みたいですが私です。
    ちょっと浮腫が出てきてるんですかね。

2018/11/21  18:51

投稿者:花水木
截金は初めて聞きました。
いい年して、知らない事が多すぎる無学な私。
先生の御親戚には有能な方が多いですね。

先程、息子から、明日初めての人間ドッグを受けるにあたり、肉親の既往症などの問い合わせのメールありました。血統ってあるんですよね。
母方(私の家系)は男子のハゲだけでした(笑)

前回の可愛い手・・・先生でしたか。
60過ぎであんなに可愛い手は見た事がありません。
ふっくらとして、金運よろしい手相だと思います。


http://to

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ