奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/12/7

42−1文武天皇  天皇陵巡り
  クリックすると元のサイズで表示します
 父は草壁皇子(クサカベノミコ)で、母は天智天皇皇女阿閉皇女(アヘノヒメミコ)(後の第43代元明天皇)である軽皇子(カルノミコ)は、7歳で父を失いましたが、祖母である41−1持統天皇の寵愛の元で育ちました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 高市皇子(タケチノミコ)の薨去に伴い、持統天皇は譲位し、軽皇子は弱冠15歳で藤原京で即位し、第42代文武天皇(モンム)(683〜707)(在位697〜707)となりましたが、政治は太上天皇(ダイジョウテンノウ)になった持統と藤原鎌足の息子不比等が担っていました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 歴史的には文武の時代、701年大宝律令(タイホウリツリョウ)が完成、又30年以上断絶していた唐との国交が再開し、遣唐使がまた派遣されました。
     
    クリックすると元のサイズで表示します
 文武天皇は皇族出身の妃は持たず、夫人(ブジン)とした不比等の娘藤原宮子(フジワラノミヤコ)(〜754)との間に首皇子(オビトノミコ)(後の第45代聖武天皇)をもうけています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 文武天皇は父と同じように25歳の若さで亡くなり、高松塚古墳のそばの檜隈安古岡上陵(ヒノクマノアコノオカノエノミササギ)(奈良県明日香村)に、火葬して葬られました。
 この文武天皇の記述からは、日本書紀に続く六国史(リッコクシ)2番目の続日本紀(ショクニホンギ)になります。

      返事
花水木さん:湯気があるほうが、
    美味しく見えると思いましたが、ダメでしたか。
     リモコンの蓋を開けると、字幕設定ありました。
    やってみて、確かに字幕出てきましたが、
    大きすぎるし、字体が美しくないので、これはやめておきます。

2018/12/9  17:05

投稿者:花水木
火葬って、この当時にしては、珍しくないですか?
しかも、一般人が火葬されるようになったのも、割と最近の事ですよね。
父方の祖母の頃には(当時、私は小学生)まだ、火葬せずに、棺桶のままの土葬で、その光景を見ていた私は、幾度か祖母が棺桶から出て来る夢を見ました。
火葬にしろ土葬にしろ、子供の頃には、見ない方が良いですね。

http://to

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ