奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/1/21

3.京観世  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都の有名和菓子屋さんの鶴屋吉信。
以前働いていて、今も少しだけバイトで働いている病院の、堀川通りをはさんだ向かいに店があります。
柚餅(ユウモチ)も有名で好きですし、よく貰いました。
 この京観世(キョウカンゼ)も鶴屋吉信の定番商品です。
この絵柄は堂本印象の絵らしいです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 以前は1本の羊羹状になっていて、切って食べてましたが、最近はこの様に一口サイズに切って包装して売ってる和菓子が増えましたね。
 こうなって1個260円です。
高い気もしますが、まずまずですかね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 袋を開けると、いつでも新鮮な京観世が出てきます。
確かに切って食べてた時は、最後はやや硬くなってくるのが普通で、それがまた良いと言えば良かったのですが、その印象があるのか、久しぶりの京観世は昔より柔らかくなった気がしました。

     返事
花水木さん:都会では1個500円のケーキに、
    私も慣れてきて驚かなくなってきましたが、
    この笹乃雪は見かけより安いので、お土産に良いかも。

2019/1/23  9:40

投稿者:花水木
中高生の頃に頂いて、初めて感激した京都のお菓子は
「雲龍」でした。俵屋何とか・・・の名品かと。
実家の仕入先の京都のお店からの頂き物でした。
京観世は全国区で、沼津の西武でも取り扱っていて、お遣い物に買いました。
確かに1本よりも、小分けパックは便利で良いですね。
この手びお菓子は、自家用に買うよりも頂き物で食べます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ