奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/7/17

映画  趣味
 クリックすると元のサイズで表示します
 半年ぶりぐらいに映画に行きました。
’光のお父さん-劇場版-’、私より10歳ぐらい若い父親と息子の話です。
劇場版とあるように、以前TVでもあったようですが、それは全然知りませんでした。
この映画の様に、初期のRPGを息子たちと一緒にした記憶はありますし、息子たちのゲーム時間を減らして勉強時間を作る為に、私がザコキャラを相手にレベルを上げて、息子たちに渡すこともしていました。
 しかしこの映画のオンライン化したRPGのファイナルファンタジー]Wはもうすごい!
私では絶対にボスキャラどころかザコキャラも倒せないでしょうね、綺麗の一言です。
 映画自体は、私よりもずっと仕事一筋の父親と、真面目な人々の家庭の話で、私の家庭とはちょっと違いますが、納得するところもあって、まあ楽しめた映画ですが、なんといってもゲーム場面がすごいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして1回映画館に行くと、何故か続けて行きたくなります。
’家族にサルーテ!’、これは私より10歳ぐらい年上のイタリア人夫婦と、その金婚式に島に集まった親族の話です。
日帰りの予定が、島にはつきもののフェリー欠航で留まらなくてはならなかった6組ぐらいの夫婦などの悲喜劇です。
ややこしい家族の繋がりをうまく紹介しつつ、それぞれが問題を抱えてる夫婦を描いて、飽きることなく楽しみました。
 でも映画に出てくるイタリア人夫婦すべてが、浮気や離婚・再婚をしていました。
イタリア人は愛にどん欲で、我慢せずに楽しく生きたいのですかね。
羨ましいような、馬鹿ですねと思いたいような・・・・。
 2作品共にまあビデオで観ても良かったぐらい、というか大画面で観る映画にはもうついていけなくなっているのかもしれません。

      返事
花水木さん:確かに、一対ではなかったので、
    門松ではなく、単なる正月用の玄関飾りかもしれませんね。
    すみません。
大雪男さん:八つかどうか微妙です。
    投げた九つの残り1個は大和国二見に落ちたそうですが・・・・。
     自撮りしたアップの顔に驚くことが多いので、
    やっぱり顔は隠したままでブログ続けます。
    帯状疱疹の痕はまだ目立ちますし、まだ少し痛いです。
タグ: FF]W

2019/7/17  23:04

投稿者:大雪男
自分の姿など見たくもないので山頂での
ピース写真もたった2枚だけです。
免許更新の写真を撮る度に老けたなあと溜め息です。
この一年の衰えにガックリですよ。

2019/7/17  16:09

投稿者:花水木
映画は観たいと常々思っては居るのですが、映画館が近くに無いと言う事と、時間があると、つい狩猟本能が勝って行けません。
子供の頃は、徒歩数分の所に映画館が4館。
よく観に行きました。

私達が記憶してるのは、ドラクエです。
ファイナルファンタジーはその後ですね。

イタリア人と日本人。
フランスもそうですが、倫理観と言うか、考え方、生き方がそれぞれですね。
私達年代は、思っても踏み出せない人が多数ですが、珠にイタリア人みたいな方もいます(笑)

年を取ったら、そう長くはない人生。
自分の心の赴くままに生きて行けたら良いですね。
なんて言う私、しがらみに雁字搦めの日々です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ