奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/8/28

50-5桓武天皇皇子仲野親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第50代桓武天皇には35人の子供がいたそうですが、その第12皇子である仲野親王(ナカノシンノウ)(792〜867)と言われても、ピンときませんし今まで聞いたこともなかったです。
でも墓は、嵐電帷子ノ辻(カタビラノツジ)駅とJR山陰線太秦(ウズマサ)駅の間にあって、結構目立つ大きな墓でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原四家の中で一番目立たず人材も少なかった藤原京家の出の藤原大従(フジワラノオオツグ)の娘藤原河子(カワコ)が、桓武天皇の宮人(キュウジン)となり、5人の親王・内親王を産みましたが、その内の一人が仲野親王です。
 住宅街の中にある高い丘に木々が生い茂り、森のようになった高畠墓(タカバタケノハカ)、参道も非常階段のように細く伸びていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 仲野親王は歴史の中で特に何かしたと言うわけではないようですが、垂箕山古墳(タルミヤマコフン)と言われるこの大きな前方後円墳に葬られているのは、少し不思議です。
まあ、治定されたのが明治になってからですから・・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 空濠のなってるような墓外周の道を、丁度掃除中の職員に咎められないように一周巡りました。
 仲野親王にも17人の子供がいましたし、75歳と長生きです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 仲野親王の沢山の子供のうちの一人班子女王(ハンシジョオウ)が、親王時代からの第55代光孝天皇の妃となっていて、源定省(ミナモトノサダミ)を産んでいます。
この一時は臣籍降下していた定省が、第56代宇多天皇になってしまったので、仲野親王は死後20年経ってから、天皇の外祖父として一品太政大臣を追贈されています。

     返事
花水木さん:今や私のブログは、
    半分は花水木さんのコメントを期待してる読者で成立っていますので、
    面倒ですが一行でもコメントお願いいたします。
     京都は大文字がすむと、秋になりました。
    今年も半分以上が過ぎ、月日は巡りますが、
    目標無く生きるのはしんどいです。

2019/8/29  19:20

投稿者:花水木
昔は何と子供の数の多いことか。
今は3〜4人いると、多いと言われますし、一人っ子も珍しくありません。
一人っ子と言うと、星野源さん、松重さん(孤独のグルメの方)が一人っ子で、しかもAB型。
私の友人の、わがまま娘がやはり一人っ子のAB型。
偶然とは何かあるのでしょうか?

知っているとは思いますが、私は全員B型に囲まれた孤軍奮闘のO型です。
家族には輸血してあげられるけど、誰からも貰えないと言う、悲しい定めの私です。
何だかなあ〜。

ブログに関係ない話ですみません。m(__)m

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ