奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/1/29

エイ  奈留島
数日前も、タコ貝を探しに、船廻の海岸を散歩しました。
 ターシャさんの話だと、そろそろタコ貝の季節も終わるそうですが、まだ見つかりませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
マツイカを捌いて、海の水で洗い、鳥から守るため「逆鳥かご」の中にそのマツイカを干していました。
 クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 イカのはらわたを海に投げるため、えいが本当にそこまで寄ってきていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
見る間に1匹・2匹・・・4匹と、石を投げたら殺せそうですが、尻尾で刺されたらえらい目にあうので、止めました。
 時々外来に、エイの尻尾で刺されたと言うか切られた、患者が来ますが、かなり痛く、
その時には温水(45℃)に浸けて毒をとります。(島に来て憶えました)

 エイが沢山いたら、背中に乗れそうです。
因幡の白兎は、ワニ(鮫)にではなく、エイの背中を踏み飛んでいって、エイの尻尾で刺されたのではないでしょうか、大黒様は兎をお湯に浸けて痛みを取ったと考えると納得です。

2008/1/30  8:21

投稿者:田舎の白兎
では
浦島太郎はエイに乗って竜宮城に行ったという仮説は考えられませんか?
一回、エイがケガして外来に来たらを助けてみてください。

2008/1/29  21:54

投稿者:花水木
美味しそうな烏賊ですね。
エイの背中に乗るより、ヒレをあぶって食べると
美味しいって、そういう話じゃないですね。

因幡の白兎の話、先生が語ると、そんな気も
してきます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ