奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2020/4/8

59-4宇多天皇皇子敦実親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 宇治陵(ウジノミササギ)は、皇室関係者の中で藤原北家と深い繋がりがある17人の陵と3人の墓を集めて、総拝所としており、その周囲に誰の墓ともわからない様な37ヶ所の宮内庁管理地があり、それらを含めて総てで宇治陵と言ってるので、他の陵墓とは少し違う陵です。
総拝所(第1号陵)にだけある制札の最後の方に、宇多天皇皇子敦実親王墓と書かれています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 敦実親王(アツミシンノウ)(893〜967)は第59代宇多天皇の第8皇子で、母は兄の第60代醍醐天皇と同じく胤子です。
 敦実は藤原時平の娘を妻として、源雅信(マサザネ)などの子供をもうけ、60歳近くで出家し、75歳と言う比較的高齢で亡くなっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
   写真は、総拝所近くの宇治陵第2号陵ですが、敦実の墓というわけではありません。
 この雅信の子供の一人が、藤原道長の正室になった倫子(リンシ・ミチコ)です。
倫子は彰子(ショウシ)・頼通(ヨリミチ)・妍子(ケンシ)・教通(ノリミチ)・威子(イシ)・嬉子(キシ)と、藤原北家の中でも大切な人になった子供を次々と生みました。
敦実親王は、この倫子の祖父であるということで、藤原北家一族の墓にも等しい、宇治陵に入れてもらっているのでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近の整備か、宇治陵と書かれた石柱の裏側には、2〜37の番号も彫ってあります。

 新型コロナ:先月までは経済のこともあって、金を使わなくては思って行動していましたが、世間は経済より命優先の雰囲気になってきましたね。
他人と接触しない、交わらない方が良い、なんていう世の中は、嫌ですね!!
汚い人間同士が触れ合って、細菌やウイルスと共存して生きていく世界の方が好きです。
 それでも今日は、いつも行ってる病院近くで陽性者が出たので、出勤せずに一応自宅待機(今や私の仕事は絶対必要ではありませんので)と自粛してますので、私は接触10割減で、国家の目標値を達成してます。
せいぜいキーボードに濃厚接触して、朝からブログ書く生活ですが、なんかね!

    返事
和さん:杖、確かに有りましたが、
    使わずに登りました。
    ぬれてる地面が滑りましたが、もう少し年とるともうここには行けませんね!
    そんな道を毎日40kgの桑の葉を担いで降りた、
    村人さんは凄いですね!
     今年は有名で人の多い場所の花見は出来ませんでした。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ