奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2020/5/29

63-5冷泉天皇皇子敦道親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第63代冷泉天皇が譲位した後ですが、第4皇子として生まれたのが敦道親王(アツミチシンノウ)(981〜1007)です。
母は藤原兼家の娘超子なので、第67代三条天皇の同母弟になりますし、第65代花山天皇の異母弟でもあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 敦道親王の最初の妃は、母超子の同母兄関白道隆(953〜995)の三女でしたが、道隆の死後は別れています。
その後藤原忠平の五男師尹(モロタカ)の次男藤原済時(ナリトキ)(941〜995)の娘(兄の三条天皇皇后娍子(セイシ)の妹)が、正妃になりました。
 宇治陵はこの総拝所以外に36号の陵があるためか、宮内庁書陵部 桃山陵墓監区 宇治部事務所の小屋もあり、常駐されているようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 同母兄である為尊親王(タメタカ)(977〜1002)の死後約1年で、死んだ兄の恋人だった和泉式部と恋愛関係になったので、その正妃も怒って離婚されています。
 やや軽薄な正確だったようですが、外祖父兼家には愛されたようで、若くして亡くなりましたが、その為かこの宇治陵に葬られ、制札最後から2番目に冷泉天皇皇子敦道親王墓と記されていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 和泉式部との間に男の子を一人もうけていますが、こちらも恋多き女性和泉式部、他の父親(橘道貞(タチバナノミチサダ))との間の娘、とんちで勝ったこの歌の小式部内侍の方が有名ですね。

2020/5/29  20:01

投稿者:花水木
午後、前回の超子はなんて読むのかしら・・・あ、ちょうし?なんて思っていたら、また多動のばあさまがトイレに行ったので、中断していたら、又又更新。


コメント入れる時間も無し。
老々介護は辛いです。

代々のお歴々の方々の名前ですが、誰が命名するんでしょうか?
ルビふっても、訳わからない名前多いです。
名前は、そのまま素直に読めるのが良いそうですよ。
名前って大事です。一生を左右しますから。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ