奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/6/11

90-4亀山天皇皇子寛尊親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第90代亀山天皇には20人以上の皇子がいましたが、第2皇子世仁親王(ヨヒト)は後の第91代後宇多天皇(1267〜1324)ですのでもちろん宮内庁治定陵がありますし、前回の第4皇子良助親王(リョウジョ)(1268〜1318)の写真の冬野墓は、それなりに行った甲斐が有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 宮内庁治定墓としては、第11?皇子慈道親王(ジドウ)(1282〜1341)は善峯寺の青蓮院宮墓地に有りました(写真)。
亀山天皇皇孫で父は第7皇子恒明親王(ツネアキ)(1303〜1351)の尊観法親王の墓は、孫でもあり亡くなった下関市にあるそうなので、治定墓ですがパスしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の亀山天皇皇子寛尊親王墓(カンソンシンノウ)(?〜1382)は、9人の大覚寺門跡を務めた親王墓が並んでる大覚寺宮墓地(右京区北嵯峨名古曽町)の中に有ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大覚寺宮墓地は大覚寺裏の住宅地に、住所からわかるように大沢池の名古曽の滝跡の近くですし、ちょっと苦労して登った嵯峨天皇陵の直下でもあります。
 ここは寛尊親王以下9人とも知らない名の親王ばかりなので、治定陵ですがこの1回だけで以後の親王はパス予定です。

        返事
Toitenlabeeさん:宮内庁にどれくらいの税金が投入されてるのですかね。
    まあ緑が守られるので、
    整備は続けても良いように思います。
    山奥の治定陵墓は、
    こんな世でも地元の有志が掃除してくれてると思いますが。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ