奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/5/19

外科学会  九州本土

第108回 日本外科学会定期学術集会が長崎でありました。
クリックすると元のサイズで表示します
 もう最先端の外科とは無縁の外科医にとって、参加はあまり意味が無いのですが、
30年ほど前に始めて学会発表したのが、長崎の外科学会だったような気がして、また京都からよりはほんの少し短い時間で行けることもあって、土日は長崎に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
 これももう、実際には持っていてもあまり意味も無く、それ程のこともしていない「外科専門医」の称号。
今年はその5年の更新の年。
 以前「古狸」さんが、病院の机の隅から見つけて送ってくれた古い参加証
(古狸さんの罵詈雑言や、ある時は褒め殺しに堪えてきたのは、時々こんな親切をしてくれるからです)。
 この古い参加証と、今回の学会の参加証を集めて送ると、更新料を払うだけで「外科専門医」の称号が貰えるのです
(もっとも、若い外科専門医は、ちゃんと試験を受けて、手術症例の報告書も集めて、専門医に成っているので、ご安心下さい)。
クリックすると元のサイズで表示します
 年寄り外科医のちょっとした見栄と、優越感をくすぐる制度ですが、私もかなり見栄っ張りのようで、「外科専門医」の称号を、もう5年間我が心に持てる、と言うだけで行った、長崎1泊2日の旅でした。

2008/5/20  8:56

投稿者:花水木
最先端の医療は素晴らしいと思いますが
日々暮らす民にとっては、地元で対処してくださる
現場のドクターが何よりも有難い存在です。
今回、我が家も何人もの先生のお陰で元気になりました。本当に感謝しています。

2008/5/19  23:52

投稿者:罵詈雑言狸
そうそう、センセの写真が、医局を整理していた庶務課から、私のもとにやって来てしまいました。「送れ」といわんばかりに!
若かったあのころ、何もこわくなかった、今は日々増え続ける体重がこわい。それほど肉はついてない!人生の重みが乗ってるとしか思えない!と思うけれども、若きころは顔が重力に勝ってますな!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ