奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2010/5/21

半泊教会  五島列島
      クリックすると元のサイズで表示します
 ホゲ島を見るために、福江港から福江教会・浦頭教会・堂崎教会・宮原教会を横目に見て自転車を走らせましたが、もう一つホゲ島の手前に半泊という小さな集落が有ります。
 ここもたぶん迫害から逃れたキリシタンが、新天地を求めて移住してきた村だと思います。
 山道の上から半泊の海が見えてきました、向かいは久賀島です。
        クリックすると元のサイズで表示します
 この半泊の海岸に、石垣に囲まれた小さな木造教会が建っています。
屋根の十字架がなければ単なる民家のようですが、周囲は綺麗に整理整頓されています。
    半泊教会です 
     クリックすると元のサイズで表示します
 内部は静かで、日の光が入り、天井には可愛い4弁の椿の花が咲いていました。
ハンコを押して、少し寄付して、何も願わないがお祈りして、写真を撮って終了。
   クリックすると元のサイズで表示します
 この間、この村には人の影はまったくありませんでしたが、そこを出てホゲ島目指してすぐ、道路の草刈をしているおばさんに道を尋ねると、
  「奈留島の○○先生ですか?」と訊かれました。
 「いいえ違います、福山です」と言いたいのをこらえて、びっくりして「ハイ」と答えると、
なんと以前久賀島で結婚式を挙げた(私も出席)、元奈留病院放射線技師のお母さんでした。
  こんな秘境で知人と逢うとは、私も五島人になってきましたね!!
     クリックすると元のサイズで表示します
 帰り道、浦頭教会の前に開いている店があり、呼び込みに釣られて入ると、土曜日だけ開いている食事を作る会で、600円の定食をいただきました。
    10年前なら食べないでしょうが、今は美味しい!
 その店の人から、ホゲ島 の少し先に日本とは思えない素晴らしい景色の場所がある事を聞き、残念無念!!
 しかし、又一つ残した場所があったので、又来れるでしょう!

  返事  
花水木さん:幾つになっても苦い味はそれなりに良いではないですか。
      私は甘いものが好きですが、コーヒーはブラックです。
喜珍さん:詳しい説明でよく解りました。
    ここを基地にして、1日一往復の長崎行き客船が「楓丸」「柏丸」で、
    久賀島の蕨を基地にして、大串や福江に行っていたのが「発昇丸」で、
    福江や若松に行っていたのが「はつひめ」と言うことですか?
テツロウさん:時々のコメントありがとうございます。
    ホゲ島の先の素晴らしい景色と言うのを、ぜひテツロウさんのブログで期待しています。
やまももさん:写真ありがとうございました。
    当直の間に皆に見せて、ワイワイと皆懐かしがっていました。
     「これに乗って修学旅行に行った」とか
    私は、「旧太古」(この写真は違うと言う人も有り)で博多からや、
    「楓丸」で長崎から来る勇気はないかもしれません。  

2010/5/23  23:27

投稿者:やまもも
浮岡さん。こちらこそお久しぶりです。元気にしていますよー。
船の写真で皆さんに盛り上がっていただけてよかったです。
(本当はこの写真をアップしていた方にお礼が必要ですが・・・)
私は奈留を出て行きたくなかったのに出てしまったくちなので、
普段から奈留島や五島のことばっかり考えてしまいます。

このあいだ「奈留島海鮮グルメウォークの旅」の
投稿動画を見ていて気がついたのですが、
総合開発センターの舞台の緞帳の絵って、建物が出来た当時の浦湾ですね。
なので、旧旧桟橋のあたりの賑やかさが描かれているんですよ。

あれは「発昇丸」だったのだろうか、船室が畳じゃありませんでしたか?
窓も普通の家の木枠のような感じだったような。
まあ、どちらにしても小さい船での渡海は大変でしたよね。

先生のブログのおかげで、懐かしいいろんなことを思い出します。

2010/5/23  17:16

投稿者:花水木
前回のホゲ島の一枚目の写真を待受あけ画面にして
毎日眺めています。
夫がPC開いて『ここはどこだ』と。
素晴らしい景色ですが、その先には更に素晴らしい場所があったのですね。
またの特派員報告楽しみです。

今時600円。内容の濃いランチですね。
こういう物を食べていると、メタボとは無縁でしょうか?

http://ameblo.jp/tomichan77

2010/5/23  9:51

18歳まで福江で生まれ育ちましたが、五島について知らないことだらけ、はじめて見る場所だらけです。
美しい景色にあらためて気づいてます。
ありがとうございます。

http://blog.goo.ne.jp/sh-nohohon-mob

2010/5/23  8:36

投稿者:浮岡
やまももさんお久しぶりです。元気ですか?(と先生のプログを借りてコメントしたりして、スイマセン。)
やまももさんのコメントから写真見て私も一人盛り上がっておりました。私も旧桟橋からある日の朝早くに私の姉が"渡海船"(当時そう呼んでいた記憶があります。恐らく発昇丸)に乗って名古屋の看護学校に行くのを見送ったという思い出があります。写真を見て何かしら急激に当時の思い出が沸き起こってきました。貴重な写真を有難うございます。私は私で奈留島の子供時代の思い出がありますが、私の子供は子供で今住んでいる静岡が故郷になるんだな〜、今起きている事が将来の思い出になるんだな〜と当然の事ですが、そう思っています。私自身が子供に対して将来また生まれてくるであろう子供の子供たちに語れる何かを残してやれているのかと何かしら一種漠然とした思いが交錯しています。懐かしさと共に今も考えさせられる写真たちでした。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ