奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2012/8/24

夏の福江島  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 夜になると雨が降り、雷も鳴るので、フークが寝室のふすまを尻尾や前足で叩く日が続いています。
この為、オリンピックが終わったのにまだ寝不足です。(と言っても、9時間睡眠+昼寝が7時間睡眠+昼寝増になっただけですが)
 先週土日は日当直でしたが、その前の土日は、二人でスペイン(あるいはハワイ・メキシコでも良いです)に行ったつもりで、福江島をレンタカーで廻りました。
さすがお盆で電気自動車や軽自動車は出払っていましたので、その日は普通自動車を借りました。
スペイン(メキシコでも良いですが)と言っても、この教会の前だけです。
    Kusuhara Church前にて
  クリックすると元のサイズで表示します
 もちろん福江島は日本ですから、小さな漁港の村にある小さな打折教会は日本的ですし、表札も日本語です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 高浜海岸の駐車場は一杯だったので、隣の頓泊海水浴場に寄って(泳いではいません)、氷を食べました。
 荒川温泉に在った「豆谷旅館」はやはりつぶれていて、公衆浴場だけが残っています。
 足湯にだけ浸かり、荒川の港の船を繫ぐ杭(係船柱と言うらしいです)を見ると、やっぱり
    霧笛が俺を(呼んでいる) こんなふうにさせます! 
 赤木圭一郎に突っ込んでもらえるのは、花水木さんだけですかね。

   返事
花水木さん:花火も寂しい、余生も寂しいですが、
    それ故に、毎日楽しく生きたいと思っています。
喜珍さん:オシドリなので、10卵生双生児の兄妹ですかね?
    「オシドリ夫婦」になりたいと言うと、仲良い夫婦でいたいようですが、
    オシドリは毎年パートナーを変えて、同じつがいで2年以上過すことはないようです。
     それを知ると、「オシドリ夫婦」になりたい気持ちにもっと成りますね。
小野市のひまわりおばさん:上のように思いながらも、最近は棄てられないよう、
    奥さん孝行に全身全霊をかけているつもりなのですが、
     家内に言わせると「まだまだ甘い!」そうです。

2012/8/27  14:56

投稿者:小野市のひまわりおばさん
先生、まだまだ若いですね。日本に居ながらにして、海外!?旅行気分が味わえるなんて素敵じゃないですか。長崎はハウステンボスを始め建物自体が海外をイメージさせる物が多いのではないですか?

奥様にポイってされないように、セッセと奥様孝行頑張ってグー^o^グー下さい。(笑)

余談ですが…、知人の家のワンちゃん、以前は雷雷が苦手で、雷がなるたびに怯えていたらしいのですが、今は耳が遠くなったのか!?余り雷には反応しなくなったそうです。(犬の15才って老犬ですよね。)

その老犬今まで神戸で飼っていましたが、先月沖縄の実家に初めての飛行機飛行機旅で送り届けたそうです。(ちょっと認知が入ってきて昼夜関係なく吠えて近所迷惑になってきた為!?だとか…。)
でも、今はここに居たときより、元気になっているみたいで、知人曰く「私も将来は田舎に帰ってのんびり過ごそうかな!?」ですって!!

先生も京都よりも奈留島でのんびりの老後の方がいいのではないですか?奥様の考えの方が優先ですかね?

2012/8/26  16:34

投稿者:喜珍
花水木さんが指摘していましたが、石田純一ばりの靴下なしの革靴はいつもですか?
それとも、たまたま足湯につかった後だからですか?

スリッパやサンダルならともかく、靴下なしで靴を履くなんて芸当は、とても僕には出来そうもありません。

2012/8/26  11:03

投稿者:さんま
24日の朝、太古で奈留にわたりお墓参り、更に前島に渡りお仏壇参りしましたが、25日の夕焼けマラソン参加のため同日のうちに福江入り。なんとか完走(乾燥)しましたが、フラフラでした。現在は富江の義姉の家なのですが、台風でいつ帰れるか解りません。もう一度、前島に荷物を取に行かなければならないのですが・・・

2012/8/25  20:29

投稿者:
いやいや 私も\(^O^)/ 改めて赤木圭一郎 反応はしたもののお顔は??と 花水木さんと同年代なのにね。 荒川温泉泊してその後前の港でさび釣りして実家に帰ったことがあります。去年 帰省の折りは足湯前をスルーしました。 またこの10月に帰省です、今からわくわくしてます。

2012/8/24  20:16

投稿者:花水木
古ぅ〜って、赤木圭一郎を知ってる私も古ぅ・・・・。

このポーズはどうしてもやりたくなるんですね。
私はこのポーズよりも靴下履かないで直に靴を履く
(石田純一か!)方が気になりました。
でも、先生の足首綺麗ですね。

http://ameblo.jp/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ