奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2012/10/6

鷺  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
    喜珍さんへの返事で予告した鷺の話ですが、悲しい結果になりました。
 フークと散歩の帰り道、タクシー会社の運転手さんに助けを呼ばれて行ってみると、近くの公園裏の溝に、人間の病人ではなく鷺が一羽動けなくなっていました。
 こんな金網のフェンスを乗り越えるのさえ危なかしくなった老人ですが、何とか乗り越えて、後ろから捕まえてみると、足に釣り針が刺さり糸が絡み付いていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 糸を外しても飛べそうでないので、このままでは野良猫かカラスの餌食。
病院から大きな段ボールを持ってきて、行きがかり上仕方がないから、官舎に泊めることにしました。
 自分の子供達や友人は泊めていますが、まったくの赤の他人を官舎に泊めるのは、バイクで骨折した若い旅行者・神保悟志さん・ひよどりの雛、以来です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 一瞬驚くフークをなだめて、鷺を洗面所に入れ、病院の栄養科からもらった鯵を小さく切って与えると、朝までには少し食べていました。
 夜の風呂も、朝の髭剃りも、この鷺に見られながらですが、私には慣れたのかじっと動きませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 夜中はフークと扉一枚隔てただけで寝てもらいましたが、フークは無関心を装っていました。
 鷺はそれでもフークの姿を見ると、首を一杯まで伸ばし、羽を起てて威嚇します。
そうするとフークよりかなり高く成ります。
 キミマロズームの闇雲撮りなので、良い写真がなく、判りにくいですが、だんだん可愛く思えてきます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 次の朝、役場の人に引き取ってもらいましたが、やはり飛べないようで、丁度いい具合に、旧奈留小の空になった鶏小屋に保護されていました。
 次の日、役場の人の奥さんからも、「元気に成ってきたので、もしかしたら放せそう」との話も聞き、喜んで昼休みに見に行きましたが、水の溜まった箱の中で死んでいました。
水からだしてあげて、そばの箱の上に寝かせましたが、予想外のことに少し涙目になります。
たった一夜の付き合いでしたが、「鷺の恩返し」も夢見ていたので、少し落ち込みました。

   返事 
花水木さん:花水木さんの突っ込みに力をもらって続けているので、
    もっともっと突っ込んで、自分で笑ってくださいね。

2012/10/7  19:53

投稿者:喜珍
変死ですから、鑑識を呼ぶ必要があったかもしれませんね。
果たして、他殺でしょうか?自殺でしょうか?それとも、単なる事故死でしょうか?

他殺だとすれば、第1発見者を疑え!・・・というセオリーに従い、まずは先生が事情聴取されることになりますね。

「先生、任意で同行願えますか。」というお決まりのセリフで取調室に入れられて、後は、あれやらこれやらと別件で引き伸ばされて、ついには、心ならずも自白を強要されて・・・こうして、冤罪がでっちあげられるのですね。

・・・なんて、ミステリーの読み過ぎでしょうか。 (#^.^#)

2012/10/7  16:27

投稿者:中ちゃん
プログ、たのしく拝見しています。
なかなか、コメント書けなくてすみません。

良い話ですね。
行きがかり、先生が動物の医者じゃないけど、一晩面倒みてやって、その『鳥さん』も本当に幸せだったと思いますよ。亡くなってしまった事は残念でしたね。
ご冥福をお祈りします。

2012/10/6  19:29

投稿者:花水木
ええ話やなぁ〜。
最近特に涙もろくなったおばさんは、うるうるしてしまいました。
鷺も最後の夜を、先生と過ごせて幸せだったでしょう。
野生の動物の保護は難しいようです。

この鷺が助かり、何もしないで飛んで行ったら
「あーやっぱり、鶴じゃなくてサギだった」と納得も行きますが、亡くなったのでは、突っ込みも入れられませんね。鷺のご冥福をお祈りします。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ