奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2012/11/28

三連休 2  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 三連休の真ん中土曜日、風が強く寒いですが、鈴の浦へもフークとドライブ。
春に行ったころには工事途中だった防波堤も、立派に完成していました。
数軒になった鈴の浦地区の住民の一人で、現在は入院中のおばあさんは、「風が当たらなくなって、良くなった。」と答えてくれましたが、この立派な防波堤、かなり工事費が掛かったと思いますが、それだけの価値はあったのですかね?
  クリックすると元のサイズで表示します
 ゴミ箱霊場では本山と呼ばれていた奈留島のゴミ焼却場が、入り江の向こう側に見えます。
 「直してくれ」と現場からの要請はあったのに、予算が付かず、今回県の検査でダイオキシン濃度が基準値を超えていたので、焼却はストップ。
奈留島の燃えるゴミは、全て福江島まで船で送らなければならないようです。
もっと早く修理費に予算をまわしていれば、こうはならなかったでしょうに、本山に指定していた私も心が痛みます。
乱暴かもしれませんが、少々のダイオキシン高値、目をつぶっても誰も困らないと思うのですが?ダメですかね?
  クリックすると元のサイズで表示します
 鈴の浦に向かう道の途中に、奈留高校運動場の拡張工事のため30年以上前に移植された浜村桜、今秋の台風ででしょうか、それより前からだったんでしょうか、無残にもバッキリ根元から折れて枯れていました。
島のニュースにならなかったのか、今の今まで知りませんでした、2代目を植える話なんかは出ていないのですかね?
 少しずつですが、島も変わっているのですね。良いように変わることを祈ります。

   返事
和さん:つわぶき、お茶花で結構高いですよね。
花水木さん:竹の葉は、風で縦に裂けてしまうのですね。
喜珍さん:確かにつわぶき増えているような気がします。
ひなたさん:これで顔がバッチリわかりました。
     福江の写真も時々出しますので、奈良周辺レポートよろしくお願いします。
      まめに回っておられるので、楽しみです。

2012/12/1  7:12

投稿者:喜珍
少し言葉足らずで分かりにくかったかもしれないので、補足説明させていただきます。

ダイオキシンを発生させないようにと言うか、ダイオキシンを空気中に排出しないようにごみを焼却するのは、結構、大変なことです。

建設後、かなりの年数がたち老朽化した焼却場で、こうした機能を維持するためには毎年のように補修費用がかさみます。
人口が減って、福江島内の焼却施設で奈留島のごみも受け入れる余裕ができていたからではあるのですが、そうした維持補修の費用に比べると運送費の方がはるかに安上がりなのです。

また、焼却するにもただ燃やせば良いというものではありませんので、ダイオキシンを閉じ込めた灰の処理やら何やらと非常に手間がかかります。
今は、試行錯誤の状態で現場もばたついていますが、運搬方式になれてきたときに、焼却していたときと同じだけの雇用を確保できるどうか、現時点では分からない。
・・・というところに、心を痛めています。


落ち葉焚きは、法律的には違法ではないにしても、煙が出てご近所から苦情が来たり、火災の原因となる心配もあるので、実際には、結構田舎の方でないと難しいというのが現状でしょうね。

2012/11/30  21:29

投稿者:喜珍
>花水木さん

>船で運んで焼却するには、それなりに人件費や輸送費も掛かると言うのに・・・

これは、思い込みによる誤解です。

船で運んで、まとめて償却した方が経費はかかりません。
そうではなく、これまで、焼却作業に従事していてくださった皆さんの雇用を守ることができるかどうか?
・・・ということに、担当係長として頭を悩ませています。

落ち葉の焚火さえもできない。・・・というのは、
廃棄物処理法第16条第2項の意味するところをきちんと理解できないまま、過剰反応している方が多いからだと思います。
同法施行令第14条により、極普通に落ち葉焚きするのは何ら法令には違反しないと思います。

燃料として薪を使用するのは、再生可能エネルギーですから二酸化炭素排出にはカウントされません。
ボーイスカウトの皆さんが薪ではなくカセットコンロを使うのは、単に、その方が簡単だからだろうと思います。

2012/11/28  21:10

投稿者:花水木
どうも行政の予算は解りません。
船で運んで焼却するには、それなりに人件費や輸送費も掛かると言うのに・・・

こちらでも、以前は紙や庭から出た葉っぱや枝など
各家庭で焼却していましたが、ダイオキシンがどうたらこうたらで禁止になり、燃えるゴミが増え、お蔭で近隣の市町村のゴミ焼却場はパンク寸前だとか。
お盆の精霊さんの焼却も昨年までは浜で行っていたのですが、それも今年から禁止。
収集車が運んで行きました。

ボーイスカウトのジャンボリーも直火は、地球環境に悪いそうで、次回はカセットコンロ炊飯だそうですよ。
もう開いた口が塞がりません。

本当に何が良くて悪いのか。
どうも納得いきません。

桜も気の毒でしたね。
何とか再生は無理なんでしょうか?

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ