奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/1/16

奈留島ー京都  
  クリックすると元のサイズで表示します
 お正月の奈留島ー京都往復では、初めての乗り物に乗ったり観たりしました。
まず奈留島出発の長崎までのフェリーも、この12月より就航し始めた九州商船の新造船「椿」でした。
姉妹船の「万葉」と同じような船体でバリアフリーが売り。
以前のフェリーより少し小さくなった感じはしますが、横揺れは少なくなってますし、定刻に着きました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 長崎から博多まではJR特急で2時間弱、いつもは885系の「白いかもめ」ですが、今日は全線開通前の九州新幹線で使われていた「リレー特急つばめ」の車両でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 京都に帰るのは麻雀仲間の新年会に出席だけではなく、当然孫達の顔も見たいため。
京都の次男宅も、奈良の長男宅も、部屋にはプラレールが敷き詰められていて、いろんな新幹線が走っていましたし、その説明もしてくれました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 5日奈良の長男宅に寄ってから、近鉄大阪線で大和八木から大阪環状線の鶴橋まで向かいます。
八木で停まっていた区間準急に飛び乗ったので、ゆっくりと河内の方に、誰にも邪魔されず先頭車両から対向する「近鉄アーバンライナー」や車庫に停まっていた「かぎろひ」も見えました。[写真失敗]
 クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
 帰りはそのまま新大阪からだったので「さくら」に始めて乗車、少し遅いですが車内は2列+2列シートで、「のぞみ」よりゆっくり豪華ですかね。
 博多からはいつもの「太古」で一晩かけて奈留に到着、家内とフークのお迎えを受けました。

    返事
花水木さん:よく考えると家内は若いときからくびれはなかったような気もしますので、
    トマ美ちゃん効果は望めないかもしれません。
喜珍さん:ぜんざいはやや薄めでしたので、それほど残念がることはないかもしれませんが、
    中のお餅は美味しかったですよ。

2013/1/17  10:47

投稿者:大雪男
こんにちは、初めてコメントします。インフルで寝ていてネット遊びでこちらを発見して嵌ってしまいました。若松島の隣の中通島に一月おき位に帰省している同じ年のオヤジです。元々は山屋ですが、今は山と海が半々の脳天気ブログをやっています。奈留島は去年の10月末に歩きました。江上教会と千畳敷が良かったですが、トンボロは知りませんでした。また訪問してみます、若松の土井ノ浦に車を置けば日帰りできますから。
しかし、あの徳島の鰻重の完食の写真には腹の底から笑わせて貰いましたし、コメンターさん達とのやり取りもお互いユーモアたっぷりで楽しいです。私のブログで勝手に紹介してしまいました。お許しください。毎日訪問すると思いますが宜しくお願いいたします。

http://blog.goo.ne.jp/kitadake3193masa

2013/1/16  20:24

投稿者:
プラレール 我が家は卒業近しの状態です。 レールや車両がダンボールの車庫に眠ったまま。 

孫1は電車に乗るときは一番先頭車両。同行の折りは先頭まで歩かざるえません。

新型は電車でも船でも快適な作りです。この連休兵庫県の豊岡 姉の所に行ってきたのですが特急城崎。帰りは旧車両で トイレが一番差が出るところですね。 新船椿 サテいつ乗れるかな?

2013/1/16  18:48

投稿者:花水木
やはりDNAなのか、電車好きが代々受け継がれているのですね。
最近気付いたのですが、私は働く車が好き。
ユンボとかキャタピラなど見ていて飽きません。
今日も浜で作業中のユンボに見とれてしまいました。

くびれ・・・
私も昔からくびれには縁の無い体系だったのかも。
昔、傍からデブと言われ、今は痩せてると言われ、体系って意外に自分では気付かないのかもしれませんね。数字で表記すると確かに十数キロの変化がありますが。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ