奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/1/28

奈留島百人一首 6  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 6. かささぎの 渡せる橋に おく霜の
            白きを見れば 夜ぞ更けにける

                       中納言家持(718?〜785)
 「七夕の夜、牽牛に逢うために織姫は天の川を渡りますが、この時カササギがたくさん飛んできて天の川に橋を作るそうです。その伝説の橋のような宮中の階段に、真っ白な霜が降り、その霜の白さから夜もかなり更けたようだなあ。」
 大伴家持は「万葉集」を編纂したとも言われている大歌人ですが、高級官僚としても知られ、奈良時代最後に活躍した人です。
死んだ後も、日本史で習った長岡京遷都時の種継暗殺事件に関わったとして、追罰されています。
 家持と「万葉集」とは切っても切れない関係ですが、定家の選んだこの歌は「万葉集」に入っていない歌だったようです。
何か理由があるのでしょうか?
  クリックすると元のサイズで表示します
 6. かさぶたの 治せる傷に おくラップ
              白きを見れば もう治りける

       かさ・の・せる・に・おく・白きを見れば・ける  17字同じ
 深い褥瘡は基本的には気長に「ラップ療法」で治療しています。
この写真の褥瘡は、比較的綺麗な褥瘡でしたが、このように周囲から白っぽい上皮が表れだすと、「苦労したがやっと治ってくれるかなあ」と喜んでいる作者の顔が浮かぶような秀作。
 しかし、「カササギ」から「かさぶた」を導き出しただけで、「奈留島と関係ないやん」と言われてますね。
まあ奈留島にある奈留病院内の出来事なので、お許し下さい。
              今後もいいわけするような歌が続くかも!

   返事

大雪男さん:忙しい日程の中、ブログ更新数すごいですね!
    折りたたみゴミ箱、長崎市内や福江でもよく見かけますよ。上五島には人が入れるゴミ箱もありました。
花水木さん:祭りに理由は要らないのかもしれませんね。
    縄玉は、「鯨の目」だと書いてあるのもありましたが・・・?
    綱引きは豊作か大漁かを占うものとも書いてありましたが、勝負後そんな口上はまったくなしで終わりました。
喜珍さん:相撲好きではなかったですが、小学生ではやらされました。
    今の子供は経験ないのか、組み方下手でしたね。
さんまさん:27日朝太古に乗られていたなら、奈留港出港の時、
    浦向を歩く老夫婦と犬見ませんでしたか?
    朝の散歩で、寒い中、さんまさんが乗っているとも知らず、太古の出港を眺めていましたよ。

2013/1/28  22:07

投稿者:大雪男
ただ暇に任せて書きなぐってるだけです。ついさっきスカラベが天の川の光で帰巣してるという論文にたまげたばかりです。家持の歌とラップ療法の歌と写真に大爆笑でした。喜珍さんの歌なかなかの物ですね。

2013/1/28  20:17

投稿者:喜珍
篝火の 照らせる先に 行く船の 白き波たて 魚(いを)ぞ追いける

チューなのん 焼餅

今回は、かなり間隔があいて、すでに僕の和歌は出来上がり、今か今かと待っていました。 (^_^;)

2013/1/28  18:35

投稿者:花水木
あーーーびっくり!
更新して無いじゃん移動しようとしたら、突然画面が変りました。
「いちご?」と一瞬思ったら、ラップを貼った傷口でしたか。
先程、いちご大福食べたばかりで(なんて言い訳)

数年前、夫が湯たんぽにて低温火傷。外科でラップをしてきて驚きました。その後は、市販のバンドエイド状の物を貼ってました。治療方法も変わっきたのですね。

全く関係ないのですが、今日、三島大社で鷺を見ましたよ。いい加減なコメントですみません。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ