奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/3/4

OMURA室内合奏団演奏会  奈留島
  クリックすると元のサイズで表示します
 昨年11月にも来島され、今回は3回目の奈留島訪問となるOMURA室内合奏団の13名が、2月27日離島開発総合センターでオーケストラコンサートを開いてくれました。
 福江島と久賀島からも無料海上タクシーが出たので、両島からも50名以上参加され、計300名以上の入場者で立ち見が出る盛況でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 くるみ割り人形や四季のクラシック曲もありましたが、日本の春の歌や楽器の説明なども面白おかしくしてくれて、音楽会では眠ってしまうことの多い私も満足して聴けた、素晴らしい演奏会でした。
 実は演奏会の途中に、地元との交流と言うことで、地域を唄う会20人ほどが「奈留島讃歌」を歌いましたが、恥ずかしながら私もその一員として歌わしてもらいました。
この「奈留島讃歌」は自分で歌いながらでも涙が出そうになる、いい歌です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 最後は合奏団の演奏で、全員で「瞳を閉じて」を合唱。
奈留島名物、舟盛の行進も「演奏会でこんなの似合わないか」と心配しましたが、参加者も合奏団の皆さんも興味深く喜んでいただき、楽しく最後を飾れて、大成功でした!
  クリックすると元のサイズで表示します
 出口には合奏団の皆さんが立って見送ってくれました。
昨年11月にも来島されたヴィオラの小林知弘さんのNAGSのブログを読んでいるので、サインを貰い写真も撮っていただき、大満足でした。
しかし、小林さんの横に立つとちんけな爺さんになってしまったのが残念です。
 もひとつ残念なのは、前回来てくれたヴァイオリンの私好みのお姉さんが来られなかったこと。
       次回は来て下さいね!!

    返事
喜珍さん:皆の集まる教会も、五島ではほとんど海岸に有りますね。
    チョット前の島の生活では、舟が一番だったのでしょうね。
大雪男さん:奈留島の形にした右手は、つりそうになりましたよ。
花水木さん:顔を出す勇気はありませんが、手ならなんとか隠さずに出せました。
    しかし、そんなに珍しい手の形なら、恥ずかしい限りです。
hisakajimaさん:不便な所をありがとうございました。
    大盛況で喜んでいますが、歌は聞こえなかったことにしてください。
0

2013/3/5  8:58

投稿者:花水木
先生も歌われ、涙がでそうになる程の良い歌の奈留島賛歌。もしかして。youtubeで聴けるかもと検索しましたがありませんでした。
クラシックコンサートが大盛況との事、やはり皆さんの関心が高いのですね。

舟盛りの行進はその地域の特徴があって楽しそうですよ。上に本物の魚介類が盛られていたのでしょうか?

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

2013/3/4  21:40

投稿者:大雪男
中通島の教会コンサートも根付いていますし、離島での文化面の充実も良いのですが、愁眉の急は子供の増加でしょう。道路などに使う予算を人に使うべきでしょう。島外からの若い人達を呼び込む方策を考える事ですね。荒れた農地を整備して特産農品を開発するとか水産品を開発するとか、うどん作り職人を育成するとか、色々工夫できると思います。

2013/3/4  20:10

投稿者:喜珍
予想以上の大入りだったので、僕は会場外の廊下で聴いていました。
さすがに、壁一枚隔てた廊下からでは、奈留島讃歌を歌う先生の声までは聞き分けきれませんでした。

>hisakajimaさん

久賀の郵便局で、奈留島出身のY.Yさんがお世話になっています。 m(__)m
僕の同級生のお兄さんです。

残念ながら、僕自身は本格的に久賀島に行ったことがありません。
教会めぐり関係で、五輪にちょっと上陸したのと、大学時代の同級生が蕨の中学校教頭だった頃にちょっと蕨に上陸したくらいです。

僕も会員であるDonDon奈留で折紙の展望台を見に行ったときは、残念ながら僕は都合がつかずに行くことができませんでした。

久賀でゲートボールをやっている皆さんになら、「奈留の役場の」と言ってもらえれば、ああ、あん色ん黒かとねえ。・・・と分かってもらえると思います。

福江島内の方達には、二次離島の問題と言うか、車ではなく船で行き来しなければならないことの問題を、いくら言っても理解してもらえないことに腹立つことも度々あります。

今回のコンサートは、県からの補助があったから出来たことではありますが、福江ではなく、奈留島での開催だからこそ、経費の一部として海上タクシーを無料で運行することができたんだろうなあと思います。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ