奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/3/14

奈留島百人一首 11  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 11. わたの原 八十島かけて こぎ出でぬと
               人には告げよ あまのつり舟

                   参議篁(802〜852)
 参議小野篁(オノノタカムラ)は遣唐副使となりましたが、出航時の揉め事で乗船を拒否した為、流罪になり隠岐へ流されました。
この歌はこの時に詠んだ一首ですが、その後は許され、又京都に戻されています。
 背が高かった(190p近く)せいか、京都では六道さんの井戸から地獄に降りて、閻魔大王の補佐をしていたと言う話があります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 11. わたの原 大漁かけて こぎ出でぬと
             人には告げよ 奈留の網船

    わたの原・かけて・こぎ出でぬと・人には告げよ・の・船  24字同じ
 そのままの部分が多い為に24字も同じに成りましたが、写真が綺麗なだけに、替え歌としては写真に負けているまあまあの出来。
 夕方3時から6時にかけて(日の長くなる夏にはフークと夕方の散歩の頃に丁度)、浦湾から出航するまき網船を見ることが出来ます。
 満月で海面が明るいと漁が出来ないので、満月の頃は月夜間(ツキヨマ)と言って、漁はお休みです。
まき網船はなやかし頃の名残りで、今でも島の行事(運動会やスポーツ大会)は、この月夜間の間に行なわれることが多いです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島のまき網船団の漁は日帰り出来る範囲に限られているので、すぐ帰って来るせいか見送る家族の姿は見たことありません。(島でまき網船団を見送るのは、私と家内とフークだけ)
 それほど大きな船団でもありませんが、その分その日に獲った魚をその日に降ろすので、新鮮で美味しい魚になると思います。
 青色の船体の母船と、海中に灯を入れて魚を引き寄せる火船、獲った魚を運ぶ運搬船、母船から降ろしたまき網を引っ張っていく船とで、1船団五艘ぐらいです。
 最近は魚が獲れず、苦しい戦いが続いているようで、心配です。

    返事
花水木さん:思いもかけない「そして」で褒められて、
    「泣いてどうなるのか・・」知りませんが、泣けるぐらい嬉しいです。
     花水木家の庭は椿園ですね!すごい!「夢の続き見せてカラオケ・・・」下さい。
大雪男さん:こちらでも洒落たなんて褒められて、もう「と」は使わずに、
      いつも「そして」でいきますよ。
喜珍さん:当たりです!まさにご指摘の椿です!すごい!!
      奈留島の木は全て把握されているんですかね!
      「枝変わり」と言うのがあるんですね!

2013/3/16  20:04

投稿者:喜珍
西の崎 八十吉駆けて コケ倒れ 人には告げぬ 天邪鬼ゆえ

参議高祖


うわあ!・・・こがんな和歌ば読んでんよかっちゃろかい?
多分、先生には意味が分からないでしょうね。  あはは (^_^;)


>花水木さん

それは、チャドクガというやつです。

椿だけでなく、山茶花やお茶の木などの椿科の木で、風通しの良くないところで発生しやすいのですが、その年その年での発生の度合いの違いもあります。
・・・気候等の要素もあるのでしょう。

一昨年、奈留島でも大流行して、あちらこちらから駆除の要請があって苦労しました。
昨年は、蜂・・・とくに、スズメバチの大発生で苦労しましたが (-_-;)

チャドクガは、毛先に毒があり、抜けた毛でもかぶれるので、殺虫剤で駆除するのは逆に危険です。
なるべく枝をゆすらないようにしながら枝ごと切り、焼いてしまうか、ビニール袋などに密閉して可燃ごみとして出すのが無難です。

2013/3/15  21:44

投稿者:大雪男
あまりにピッタリの歌で、パロッてないのが玉に瑕ですかね。
島の魚は新鮮で安く最高。ホンカワハギの良い型二匹(調理済み)で200円とかキビナゴ180円とか涙が出ますよ。おまけにアラカブとミズイカは自前ですし。本日帰島しました。

2013/3/15  0:04

投稿者:hisakajima
小学生の時に、一番得意な歌でした。
今思うとなぜこの歌が好きだったのかわかりませんが・・・。

奈留島の歌になると、物悲しい歌が一気に活気あふれる歌に変身しましたね。でも魚が獲れないのは心配ですね。燃料は上がるし・・・。農業も漁業も大変です。

http://www.hisakajima.com/

2013/3/14  20:34

投稿者:花水木
「ツキヨマ」と読むのですか。何となく風流な読み方ですね。ゲツヤカンと読んだ、おバカな私。
満月の夜には漁に出ないとは知りませんでした。
かつて、夫が烏賊釣りに嵌ってた頃は、満月の夜にヤリ烏賊が、岸壁付近で産卵するとかで、その時間に出掛けていました。
五島列島近辺で捕れた魚は、今や高級魚。
グルメ番組でも、よく五島列島の魚が出てきます。
日常、獲れたての魚を食べられる先生達が羨ましいです。

椿って家の庭では、毛虫の宝庫。
間近で観察すると、葉っぱがレース状に虫食いになってます。今日は強風が吹き、これらの花がかなり落下していました。受験生の居る家にはNGですね。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ