奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/4/22

奈留島百人一首18  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 18. 住の江の 岸に寄る波 よるさへや
            夢の通い路 人目よくらむ

                        藤原敏行朝臣(9世紀ごろ)
 「住之江の岸に寄せては返す波のように、昼も夜もあなたに逢いたいのですが、あなたは夜の夢の中でさえ逢ってくれませんね、何故なのですか」と、詠う弱気な歌ですが、この歌もこの作者もあまり知りませんでした。
 しかし敏行は36歌仙の一人、能書家としても知られていたようです。
多くの人から書経を頼まれたが、魚を食べるなど不浄の身のまま書経をしたので、地獄に落ちたとか、27歳で亡くなった直後に生き返り、自らお経を書いて再び絶命したという医者泣かせの話もあります。
 同じ作者の
   秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にも おどろかれぬる
この歌のほうがずっといいですね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 18. 宮の浜の 岸に寄る波 犬さへも
            心通わず 一人泳ぐらむ

     の・の・岸に寄る波・さへ・通・よぐらむ  17字同じ
 奈留島の一番大きな海水浴場は、この宮の浜です。
こんなに海に囲まれている奈留島でも、何故か砂浜がありません。
したがって、この宮の浜海水浴場も小石の浜ですが、夏休みの数週間以外はほとんど泳ぐ人もなく、まあ私のプライベートビーチのようなものです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 宮の浜海水浴場は人もいませんが、家内は恥ずかしがって泳いでくれません。
フークさえもラブラドールにしては水が好きではないので、岸から心配そうに一人泳ぐ自分を見るだけです。
こんな情景を切り取ったような、まあまあの秀作でした。
 実は私は、これくらい岸から離れるだけでもう怖いので、浮き輪を離すことが出来ないぐらいの泳力しかないのです。

    返事
花水木さん:そうですね、私は写ってないので皆私の友達の手ですが、
      甘やかされて育った奴ばかりなので、綺麗な手ですね。
     花水木さんの夫の言い訳には、まったく嘘は含まれていませんね。
喜珍さん:このまま二つの差を付けていきますよ。

2013/4/23  20:20

投稿者:喜珍
立ち話 因幡のウサギ ワニに吠ゆる 待ってくれなば すぐ帰り来む

気ははやる クジラは聞かぬ 竜田揚げ から揚げなのか 油くぐるとは

かなり苦しい和歌ですが・・・猛追モードに入ります。 (#^.^#)

2013/4/23  11:15

投稿者:花水木
プールでゴーグルつけてなら、私は泳げますが海は怖くて駄目です。
以前足が付かなくなり、其処へ波が来て慌てたトラウマが・・・
そういう訳で、水着姿には自信はあるのですが(誰も知らないから・・・)海は磯物捕りとか潮干狩りなら好きです。
しかし、綺麗な海ですねえ。
こんなに澄んだ海を見ながら珈琲など飲みたいです。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ