奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/5/10

奈留島百人一首20  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 20. わびぬれば 今はた同じ 難波なる
             みおつくしても あはむとぞ思ふ

                    元良(モトヨシ)親王(890〜943)
 13番の歌の作者第57代陽成天皇が退位させられた後に産まれた皇子が、この歌の作者元良親王です。
本来なら第58代天皇に成ってもおかしくないはずですが・・・。
 宇多上皇の寵愛した褒子(ホウシ)と、身を滅ぼす覚悟で愛し合った時に詠ったのがこの歌。
「悩み苦しんでいるので、もう今となっては身を滅ぼしてもいいからあなたにお逢いしたい」恋に生きる!いいですね!
  クリックすると元のサイズで表示します
 20. ペンキぬれば 今また作る ゴミ箱の
             ゴミあつめても きれいにとぞ思ふ

           ぬれば・今・た・ても・とぞ思ふ   13字同じ
 あの栄光の奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡りのことを憶えておられるでしょうか?
結願して早3年近く、月日の経つのは早いものです。
奈留島散策の折りに寄ってみると、そのままの姿で残っている霊場もあれば、新しく造りなおされたり、ペンキを塗りなおされたりしている霊場から、もう使われなくなって朽ち果てたような霊場まで、色々です。
 それでもどの霊場も管理が良いのか、整理整頓されて清潔のままであるのは嬉しい限りです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ただしあれほど栄華を誇っていた大本山清掃センターも、老巧化でダイオキシン濃度が基準値を超えたので、昨秋から焼却がストップしています。
121ヶ所ゴミ箱霊場から集められた浄財は、全て福江島まで運んで焼却されるようになってしまいました。
この4月からは、燃える浄財集めの回数も週2回に減り、もうしばらくするともっと細かい分別もしなければならなくなるようです。
 世界遺産候補の奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場も、歴史の大きな波に洗われるようになってきています。

    返事
花水木さん:我が家の羊飼いはB型、おとなしい羊はA型です。
喜珍さん:ごみと落ち葉、区別つきにくい時もありますが、
    何はともあれ、落ち葉焚きで手が後ろに廻らなくてほっとしました。
0

2013/5/12  7:07

投稿者:喜珍
あわびあり はたまた同じく さざえなり みなづくしにて かまんとぞ思ふ

僕らが子供の頃には、干潮時になれば、さざえくらいは子供でも簡単に拾えたものですが・・・
磯焼けの影響もあるのかもしれませんが、売り物にするためにもぐって取る人たちがいるため、子供でも拾えるような浜辺まではいなくなってしまったのかもしれません。

奈留島のごみ箱が立派なのは、イノシシ対策ではありません。
合併以前は、各町内会にゴミ箱の設置や維持のための補助金を出し、どういうものを作り、どういう風に管理するかは各町内会に任せていました。
そのため、こういう木製のものを作る町内会もあれば、ブロック制の丈夫なものを作る町内会もありました。

今は、壊れてしまって新規につける場合は、市の支給品になるので、こういうゴミ箱は維持管理がしっかりしたものだけになっていきます。

ちなみに、今回の写真のゴミ箱は、もり食堂の横にあるやつですよね。
この手のゴミ箱の中では最新のものです。

一昨年、ゴミ箱の後ろに幹が写っている椿に、チャドクガがものすごく発生して駆除に苦労しました。 (^_^;)

2013/5/11  19:34

投稿者:
↑花水木さん 嬉しいコメント。私もB型なんですよ〜。 一般的にB型は良いイメージがないのですがこればっかりは親から頂いた命なので 自分ではどうしようもありませんよね?

奈留島の霊場 猪対策なのでしょうがすごく立派ですよね。大阪ではカラス対策でネットを掛けるてる所もあります。 私は新聞でくるみながら ふだんはスーパーの小さな袋で間に合っております。ゴミ出しも少しの気配りで済むことなのですがなかなかです。

2013/5/10  17:00

投稿者:花水木
あの奈留島霊場巡りから、もう3年経つのですか?
私には、ついこの前のような気がします。
二人きりで盛り上がりましたよね〜。

石橋を叩いて渡ると言うか、いつもブレーキに足が掛かってる私には、もうどうなっても良いわ!なんて恋をした事がありません。その結果、今に至りまする。
なんだかなあ〜・・・。行間読んで下さいまし。

優秀な羊飼いさんは、B型でしたか。
99%の確立で、私とは気が合いますよ。
だって、私の大事な女友達は、全員B型なのです。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ