奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/7/8

奈留島百人一首33  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 33. ひさかたの 光のどけき 春の日に
        しづ心なく 花の散るらむ

                 紀友則 (?〜907頃)
 「どうしてこんなに心せわしく、桜の花は散っていくのでしょう、それにしても見事な散りざまですね」と詠んだ友則は、35番の紀貫之の従兄弟に当たります。
貫之の方が名前は有名ですが、百人一首の歌は貫之の歌よりこちらの方が国語の教科書にも載ったためか有名です。
しかし、国語で習った記憶が私にはまったくありません。

  クリックすると元のサイズで表示します
 33. ひさびさの 光をあびて 大漁旗
       しずむ心なく 笑顔散るらむ

           ひさ・の・光・しづ・心なく・散るらむ 17字同じ
 漁船は大漁で港に帰ってくる時には、大漁旗を掲げて帰ってくるそうですが、いかんせん奈留島では、漁から帰って来るのはまだ日が昇る前の早朝ですので、そんな光景を見たことは有りません。
 チョットいんちきぽい歌になりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 これらの写真はお祭りの時の写真です。
ただし、まき網漁船団の基地には、大漁旗を上げる掲揚台が有りますし、そこに大漁旗がたくさん掲げられている光景は見た事があります。


    返事
花水木さん4月に新幹線(山陽新幹線ですが)に乗るのは、
     各地の鯉のぼりを見る楽しみでもあります。

喜珍さん今回の歌は私のより良いですね。
     私も・男の子2人も・男の孫3人も、鯉のぼりは持っていません。

2013/7/9  20:32

投稿者:喜珍
久賀島 光届けよ 天主堂 下心なく 知らせ待たなむ

今回こそ、先生のよりも良い和歌になったように思います。
奈留島からは少し外れますけど、一応は五島の話題ですし、頃合い的にもドンピシャですし。 (*^_^*)

まあ何のことはなく、出だしの「ひさかたの」の「ひさか」から連想を膨らませただけなのですが。

2013/7/9  18:11

投稿者:大雪男
さすがにこの歌だけは知っていましたよ。桜はこの頃から愛でられていたのですかね。桜と言っても当然ヤマザクラでしょうが。島は風があって少しはこっちよりマシですかね。熱波で山に逃げますが下界に降りたら地獄です。

2013/7/8  19:08

投稿者:花水木
すらすらと口に出るのはこの歌。
昔、何かのCMで、小太りのおじゃる丸のおじいちゃんみたいな方が、この歌の替え歌を詠んでいたのです。
何のCMかは忘れましたが・・・・・

漁船の大漁旗は、沼津でも同じ光景が見られます。
今は大漁の時では無く、お祭りの時だけですね。
大瀬のばかっちょ祭りでは、この船に白塗りして女物の肌襦袢を着た若者が勇み踊りを踊ります。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ