奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/7/25

奈留島百人一首36  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 36. 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを
            雲のいづこに 月宿るらむ
 
                清原深養父(キヨハラノフカヤブ)(9世紀末期〜10世紀初め)
 「夏の夜、綺麗な月に見とれていたので、まだ宵のうちと思っていたら明け方になってしまった。これでは月も沈む間もないので、雲のどこかに隠れているのでしょう。」
とロマンチックに詠った深養父さん、この後出てくる第42番の清原元輔の祖父であり、第62番の作者清少納言はひ孫にあたります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 36. 夏の日は もう宵なのに 明るいよ
            日本のいづこか 西の端らむ
 

          夏の・は・宵な・明・のいずこ・らむ  14字 同じ
 「ここ奈留島では、宵と言ってもまだまだ明るいです。夏なら20時でも明るいですよ。
それもそのはず、ここは日本の西の端、東京から比べたら1時間ぐらい時差があるんですもの。」
 夕方近くに城岳の展望台に登っても、まだまだ陽は沈んでいませんし、周囲は明るいです。
山の影になる所では、少しづつ暗くなって、運動場のナイターも点灯されていました。
 奈留島の季節の状況がよく判る、上手に変換された一首となっています。
最後の「らむ」は推量のらむなので、本当は「西の端です」と断定した方が良かったかもしれませんが、日本にはもっと西の端があるので、これくらいで遠慮しておきました。

    返事
喜珍さん:出来れば奈留島を詠った百人一首でお願いします。
花水木さん:昔の女優は綺麗でしたね!
    キム・ノバック、リズ・テーラー、グレス・ケリー、クラウデア・カルディナーレ、モーリン・オハラ、ミレーヌ・ドモンジョなどなど、
     その中でもドヌーブ綺麗、「昼顔」どきどきして観ましたが内容は期待?はずれ・・・。
大雪男さん:奈留島に留学生を迎える考えはあるようですが、
     こちらの生徒が福江に行くという考えは斬新ですね。
0

2013/7/28  16:43

投稿者:喜珍
夏の夜も また酔いながら 飲みぬるに コップいずこに 妻片付けるらむ

>先生

何でもかんでも強引に奈留島に結びつけてしまう豪腕は、パックリ開いた傷口を針と糸で縫い合わせてくっつけてしまう外科医ならではの荒業で、到底、僕のごとき軟弱者にはまねできません。

時おり、思い出したように奈留島の和歌を歌いながら、どこぞ他所の和歌ではなく、奈留島でも同様にあり得ることを読んだ和歌・・・くらいのところでご勘弁を願います。 m(__)m

ちなみに、家の奥さんは、まだ飲んでるのにコップを片付けたりは、決してしません。・・・ええ、決してしませんとも。 <(`^´)>

・・・なんて、力むこともないのですが、単にあきらめられているだけかもしれません。 (*^_^*)

2013/7/27  15:43

投稿者:福山市
長い間、ご無沙汰してすみません。
先生のブログ更新の早さには、ただ驚きのひと言です。
気力・体力・感受性等全部持ってる、スーパーマンみたいです。
3月までは、会社で夜勤の休憩時間に、先生のブログは、楽しみに見せてもらっていました。
(会社でPCをして、家に帰ってまでPC操作をするのが、いやで家ではほとんど見なかったです。)
3月末で退職し、家でPCを見ようとしたら、PCは孫
に占領され、キーボードにジュースをこぼされて、壊れて使えなくなり、7月に新たに買換えましたが、その間にブログ更新の多さに、ただびっくりです。

「かえる」の写真、自分だったら、気持ちが悪くて、逃げ出してしまうと思う位、よく撮ってますね。
写真も素晴らしいですが、花水木さん、喜珍さん、大雪男さん、和さんのカキコに、先生のコメントもおもしろいですね。
文才がないので、あまりカキコは出来ませんが、今後も
楽しみにしています。

2013/7/25  18:14

投稿者:花水木
清原と言うと、野球の清原さんしか思い浮かびませんでした。清少納言の曾おじいちゃんと聞くと、成程と納得します。月をそんなに長い時間見ていられるだけで常人とは違いますね。

こちらも、7時頃はまだ明るいですが流石に8時は暗いです。

昼顔は、何不自由ない美しい人妻が、アブノーマルな世界に嵌るんですね。
何もかも手に入ると、人は常軌を逸するのでしょうか?
梅干以外に自慢する事が何も無い私は、日々つまらない事でくよくよしてますよ。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ