奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/8/30

奈留島百人一首44  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 44. 逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに
             人をも身をも 恨みざらまし

                            中納言朝忠(910〜966)
 藤原朝忠は25番の作者三条右大臣藤原定方の五男で、36歌仙の一人、太っちょだったそうですが笙の名人です。
 「男と女が愛し合う、そんなことがこの世になければ、冷たいあの人を恨んだり、自分の意気地なさを嘆いたりしないだろうに」
 43番と同じく、「あふこと」が「契りを結ぶ」と言う意味なので、
この歌、せっかく男女の契りを結んだのに、下手くそだったのか、早すぎたのか、上手くいかなかったので女性を満足させられず、落ち込んでしまった男の歌、と言うことになるのですかね?
 43・44と二首、ハンサムと太っちょ、2人の男の微妙な違いを大人になってやっと理解(曲解)?出来るようになりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 44. 遊ぶことの 絶えてしなくは なかなかに
             人をも器具をも 恨みざらまし

     あ・ぶことの・絶えてしなくは・なかなかに・人をも・をも・恨みざらまし  29字 同じ
 奈留病院からくるくると山道を車で登って15分、山の上の駐車場から5分程歩くと、展望台やアスレチック施設があります。
 昭和62年城岳林間広場として、展望台・アスレチック施設・遊歩道・駐車場が1億2千万円で整備されました。
 開園当時は、子供達が並んでアスレチックを利用する賑わいでしたが、私が奈留島に来た頃にはもう、展望台に登っても人とは遭えず、このアスレチックも草深い時が多くなっていました。
 そんな少し感傷的な情景を、元歌からたった2字ほど変えるだけで、奈留島の今を表現した佳作になりました。

   返事
和さん:京都で鯵を食べた記憶があまりありません。
    せいぜい安い弁当のまずい鯵フライぐらいでした。
花水木さん:旅行番組を見てて、海辺の宿での夕食が、羨ましくなくなっています。
さんまさん:失礼しました。
   「アコウ」患者さんに尋ねて、アラの次ぐらいの高級魚とわかりましたが、食べたことないです。
喜珍さん:私は少し食事制限して、ほんの少しダイエット中です。
大雪男さん:もっと馬鹿っぽいジェーン・マンスフィールドは博士号を持っていると思います。
    「胸が大きい女は馬鹿」は迷信だと思います。
福山市さん:今年は奈留もそうとう暑かったです。
      
      今回はコメンテーターはオールスター勢揃い!  うれしいです!
    最近コメントを休んでいるあなた!も、お願いしますよ。

2013/9/1  9:11

投稿者:さんま
 このアスレチック・・・

 娘を連れて行った時に 蜘蛛の巣だらけで虫を怖がって異常なほどに泣いていましたが、それ以降、トラウマになってしまい 現在も虫が一切ダメです。

2013/9/1  5:50

投稿者:喜珍
アメリカで大恐慌が起り、失業者があふれて物は売れなくなり、さらに景気がしぼんでいくデフレ現象の中で・・・
だったら、仕事を作って賃金を与えれば、ようやく賃金にありついた失業者は物を買い、結果、景気は回復して税収も増え、失業者に賃金を与えるための財政出動で国が借金を負っても取り戻せる。
・・・ということを、ケインズという経済学者が言い、時のルーズベルト大統領が採用しました。
俗に、ニューディール政策と呼ばれるものです。

この理論を景気拡大の手法として我が国に取り入れたのが池田内閣の所得倍増論であり、これをインフラ(特に、交通網)の整備に結びつけたのが田中角栄の日本列島改造論です。

こうした国策により、自治体が地元に金を落とさんがために作ったというよりも、補助金制度による国の誘導で、地域が本当に必要としているかどうかに関わらず、全国どこも同じような施設が作られるようになった。
・・・ということの反省として、補助金を廃止して、自治体が自由に使える交付金に切り替えようというのが一括交付金化と呼ばれるものですが、なかなか簡単にはいかないでしょうね。

あくまで、デフレ対策の手段としての失業対策としての財政出動を唱えたケインズの理論を拡大解釈して、景気過熱化のためのカンフル剤として使い続けた結果、財政出動による景気刺激効果は弱まる一方、それにより税収が向上するどころか謝金ばかりが増え続ける状況です。

宇宙船「地球号」の中で、我々人類が生き延びるには、先進国の肥大化した消費を抑制せざるを得ないと思います。
しかし、一度知った蜜の味はなかなか忘れきれず、増大した借金を返す努力をせず、更なる財政出動での景気刺激を選挙民が選択する以上、どうにもならないように思います。

2013/8/31  15:24

投稿者:花水木
歌の解釈はいろいろなんですね。
先生の『大人』目線の解釈、面白いです。

百人一首じゃないですが、与謝野晶子さんの
「やは肌の熱き血潮に・・・」の歌の解釈もいろいろで
笑えます。今、真木よう子さんが出ている車のCMでは
「私を口説いてよ」みたいな解釈ですが・・・どうなんでしょう。

こちらの近隣でも、遊び手の居ない大きな公園は多いです。
お金の遣い方はよーく考えないといけませんね。

http://ameblo.jpdesuka/tomichan77

2013/8/31  3:55

投稿者:喜珍
合うことの 絶えてなくなり おなかには 我は身重か 見間違えられ

細かりし頃のパンツやスカートはタンスの肥やしとなり、バスや電車では妊婦と勘違いされて席を譲られ・・・
嬉しいやら、悲しいやら、恥ずかしいやら、そんな乙女心を詠んだ佳作となりました。

>先生

一瞬、ほお最近、登ったのかと思いましたが、よくよく見ると最近の写真ではありませんね。 (^_^;)

娘がようやく自分で立てるかどうかくらいの頃に、奥さんの同僚の皆さんと一緒に、花見に行ったことがありました。
あの頃は、娘もかわいかったものですが・・・

駐車場からたったあれくらいの坂道でさえ、ひーはー言ってしまうこの頃の我が身には、旧奈留小の桜が一番だと思います。

2013/8/30  20:05

投稿者:大雪男
先生、解釈飛び過ぎでしょう。
ただ単に会えないのが残念だと経験不足の私は解釈しましたよ。
久し振りに腹を抱えて笑わせて貰いました。有り難うございます。
れにしても遊び場に1億2千万ですか!「ふるさと創世」かと思いましたがその前でしたよ。
昔から馬鹿な金の使い方ですよねえ。まあ、地元に金を落とすのが第一なんでしょうが、もっと上手な使い方があったでしょうに。


コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ