奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/12/6

奈留島百人一首64  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 64. 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに
           あらはれわたる 瀬々の網代木

                         権中納言定頼(995〜1045)
 藤原定頼は55番の作者藤原公任の息子ですし、60番作者小式部内侍を「お母さんが遠くでは、歌を作ってもらえないでしょう。」とからかって、逆に「大江山 生野の・・・」の歌でやり込められた人です。
 奈留島に来る前に京都の南の方の病院に勤めていたので、朝の通勤の近鉄電車が観月橋で宇治川を渡る時、確かに宇治川に朝霧がかかっている冬の日が多かったように思います。
  クリックすると元のサイズで表示します
 64. 朝ぼらけ 奈留の海霧 たえだえに
             あらはれわたる 矢神の小島

               朝ぼらけ・の・霧・たえだえに・あらはれわたる・の  21字 同じ 
 写真左は奈留島の観音崎鼻、奥の霧の中に葛島、前の三つの山があるのが矢神の小島です。
奈留島の北の端、矢神地区の海岸から、幻想的な海を眺めながら詠みあげられた自慢の秀作です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 手前の矢神の小島までは、軽く泳げるくらいの距離(私は決してしませんが)、奥の葛島までは2qはあります。
 晴れた夏の日が一番奈留島らしいですが、こんな日も綺麗な奈留島です。
    この写真、どや!「なせばなる」さん! って、しつこく対抗心燃やしてどうすんの!と、突っ込んでください。

       返事
花水木さん:それなりに・・・。
      私にとって、それなりには嬉しいほめ言葉です。
喜珍さん:私は読んでくれる人がいる、と思ってブログ書いています。
     老婆心ながら、ブログにしたら、井戸や竹やぶではなく、やっぱりその向こうには
    相手がいると、影響があると、おもうほうが良いとおもいますよ。
大雪男さん:五島列島は常夏のイメージで来ましたが、
     日本海気候ですよね。

2013/12/7  5:22

投稿者:喜珍
朝ばらけ うちの船団 ざわめきて あじいわしさば 銭のなる海

絵は、見たものの中から書きたいものだけを描くことができますが、写真はあるとおりにしか写りません。
結局、シャッターチャンスを見逃さないセンスこそが肝心なのだという手本のようなすばらしい写真ですね。 (*^_^*)

>先生

先生との出会いは、先生が奈留に赴任されるに際し、僕のホムペを訪れてくれたことに始まります。
書いたからには誰が読むか分からないということは、充分承知しているつもりです。

そういう意味も含めて、王様の耳はロバの耳に出てくる井戸や竹藪のようなものだと考えています。

2013/12/6  21:08

投稿者:大雪男
いやいや本当に秀歌ですねえ。写真も素晴らしい。
矢神の小島はトンボロが消滅しつつあるとか津和丸の
船長が言ってました。大蛇の話は本当ですかね。
「なせばなる」さんとは視点が違うので情報の幅が
広がって良いですね。子どもの頃は夏休みしか島に行かなかったので、10年ほど前初めて冬の烈風を経験して
驚きましたよ。寒さのストレスで帯状疱疹になりました。

http://blog.goo.ne.jp/kitadake3193masa

2013/12/6  18:24

投稿者:花水木
いいですねえ・・・この墨絵のような風景。
数々の体験を踏み越えてきた熟女は、こんな癒し系の写真に惹かれます。
季節によって変わる海。
それぞれにいいですよね。

絵や写真みたいに、同じ風景を描いても、全く別物になりますね。ブログも。


http://ameblo.jp/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ