奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/12/30

奈留島百人一首70  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 70. 寂しさに 宿を立ち出でて ながむれば
            いづこも同じ 秋の夕暮れ
          
                         良暹法師(リョウゼンホウシ)(11世紀前期) 
 「一人住まいの寂しさに耐えかねて家の外に出てみましたが、しみじみとあたりを眺めると、やっぱりどこもかしこも同じく寂しい秋の夕暮れでしたよ。」
 「いずこも同じ秋の夕暮れ」の部分が好きですね!
 クリックすると元のサイズで表示します
 70. 空しさに 指を休めて ながむれば
           いつでも同じ 私のブログ

                 しさに・を・て・ながむれば・いつ・も同じ・の  17字 同じ
 「いつでも同じ私のブログ」の部分が悲しいですね!
 2006年4月に始めた「島の医者になって」のブログ、その年は1回だけで中断し、2007年5月から皆様のコメントに勇気づけられて本格的に開始していますので、もう6年以上厭きもせず続けているんですね。
 時々「もう書くことがない」とか「書いたからどやねん」とか「こんなこと書いたら怒られるかなあ」とか、色々迷いながら、それでも離島にいる寂しさか何とか皆に繫がりたいと続けている私ですが、この歌のような気分になる時は多々ありますよ。

   ということで、今年も終わり。
    30日・31日は当直ですが、2日からチョット京都に帰ります。
  奈留島百人一首も7割が終了、ここまで来たらなんと言われようと最後までやります!
      よいお年をお迎え下さい!!!

    返事
花水木さん:この4品を仲良く二人で食べたので、一人一人前以下です。
喜珍さん:一杯なら後ろの方になりますが、
    神父さんもぜひミサに来てくださいと挨拶されてました。
大雪男さん:こういうゆるい結果、当事者でない時は非常に好きな私です。
     なんせ日本のベニスと名前が付けられたのですから。

2013/12/31  20:50

投稿者:喜珍
寂しさに 指をしゃぶって ながむれば いつもと同じ 先生のブログ

>僕が、何故にさびしいか?
分かってくださるのは先生だけでしょうが・・・

最後まで喰らいついていきますので、また、新年もよろしくお願いします。

2013/12/31  20:23

投稿者:
島を離れた者として 先生のブログは楽しみです。実際 小野に赴任されたときは寂しさもありました。 離島という厳しい条件の中でご不自由な事ばかりだと思いますが、フーク様 時々奥様と島生活のブログをよろしくお願いします。良いお年をm(__)m

2013/12/31  15:19

投稿者:福山市
今年も先生のブログ、楽しく見させてもらい、ありがとうございました。来年も又、奈留からの情報発信よろしくお願いします。

花水木さん、大雪男さん、喜珍さんの感受性が素晴らしいコメント、期待してます。ありがとうございました。

2013/12/30  20:08

投稿者:大雪男
本当にもう直ぐ今年も終わりですね。
先生はまだマシですよ。私は二回もブログ止めると
言ってまだ続けています。来年も奈留島訪れる予定です。満潮時のトンボロや大椿・葉が茂ったアコウなど
見たいのが沢山あります。一宿一飯の返礼も殆どできずに申し訳ありません。奈留島百人一首ラストスパート頑張ってください。奥様・フーク嬢に宜しく。

http://blog.goo.ne.jp/kitadake3193masa

2013/12/30  19:27

投稿者:花水木
元歌の真意はよく解りませんが、「いすこも同じ秋の夕暮れ」のフレーズは今でもお馴染みでしょう。
秋の夕暮れ、秋刀魚を焼く煙・・・私がこの句で思い浮かべる光景です。
何でも食べ物絡みの私が悲しいですが。
夕暮れ時は、いい年になっても何となく、寂しいです。

ブログは、確かに読んでくださる方の反応が気になります。でも気にしない気にしない。

長いブログ友って、いいものです。

http://ameblo.jp/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ