奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/1/27

奈留島百人一首76  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 76. わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの
               雲居にまがふ 沖つ白波

法性寺入道前関白太政大臣(ホッショウジノニュウドウサキノカンパクダジョウダイジン)(1097〜1164)
 作者は保元の乱(1156年)の勝者藤原忠通(フジワラノタダミチ)のことで、百人一首の中では一番長い名前になります。
 「大海原に舟を漕ぎ出して遙かかなたを眺めると、白い雲と見違えるばかりに白い波が立っています。」
 クリックすると元のサイズで表示します
 76. 宮ノ浜 仰ぎて見れば ひさかたの                               綿アメにまがふ 沖の白雲 
               の・は・ぎ・て見れば・ひさかたの・にまがふ・沖・白  20字 同じ
 奈留島ではほぼ唯一と言っていい海水浴場の宮ノ浜、年とったせいか来た頃ほどは、夏にここを訪れて泳ぐことも少なくなりましたが、東屋からボーと海を眺める時はあります。
 海の上には入道雲は出来にくいのか、モクモクと上昇大きくなる入道雲の姿を、奈留島では見ないような気もしますので、かろうじて綿アメに見える雲の姿を詠いました。

    返事
大雪男さん:奈留島でもたった数軒の為の防波堤作りで、
    自然も金も無くなる矛盾を感じる時はあります。
    その家を全部移築したほうが、安くついて自然も壊さず、皆の幸福になるような気がするのは、
     地元人でない私のわがままですかね。
花水木さん:何十年も経っても、何とか魔法が解けないように、
    私は頑張ってるつもりですが、 家内は完全に正気に戻っているようですね。

2014/1/28  9:02

投稿者:大雪男
沖津白波とはひょっとすると小規模な津波?とか思ってしまいます。
防波堤で釣りはできますが、金の無駄使いと自然破壊もよいとこです。
日本全国そうなんでしょうから、孫達に笑われ呆れられますね。

2014/1/27  23:13

投稿者:花水木
凪で水面が綺麗ですね。
水色と言う形容がぴったり。
雲を眺めるって好きです。

昔は入道雲は夏の定番かと思っていましたが、最近は、多く見かけるような気がします。

防波堤の話、私も同感。
こちらでも津波が来たら、逃げられない場所の方々。
村で山へ移転の話が8割り賛成で2割反対。
急いだ方がいいのに、遅々として進みません。

千本浜も嵩上げ工事するそうです。
なんだか景観ばかりが悪くなります。

http://ameblo.jp/tomichan77

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ