something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サムシング田中
●俊介さん

映像は、見たままのことを意識しますが、文章は想像力を働かせます。
その表現力もあいまって、なおかつ動画を思い出して、読みたくなかったんです(泣)。

でも、「三陸大津波」、そのままズバリですよ。


http://www.the-support.net/something/
投稿者:俊介
津波の恐怖、ついつい目を背けたくなっていました。意を決して読み直されたんですね。

恐怖の克服、人それぞれだと思いますが、自分はすぐ環境を変えられる範囲で変えてしまいます。一種の逃げでしょうかね。


http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/
投稿者:サムシング田中
●akemiさん
文藝春秋、買ってきました。
吉村昭氏は2006年に没しましたが、2001年1月23日に三陸国道事務所主催の
シンポジウムで「災害と日本人」というテーマで基調講演をしていたのです。

その講演会をしたのが岩手県三陸海岸の田野畑村の羅賀(らが)と云う地に建つ
「ホテル羅賀荘」です。10階建てのホテルも4階まで浸水したようです。
http://www.ragaso.jp/


>>でも、どうすればいいんでしょうねぇ…。

日本中、どこにいても地震から逃げることはできません。
日本中が断層みたいモノですからね。
地震がある国しか温泉はない(笑)。
地震が無い国には温泉はない。
温泉がある国は地震がある(泣)。

温泉を楽しむことにしました(笑)。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:akemi
…怖くてPTSDになりそうな本…
読んでみたい、でも、怖い…(−−;)

我が家の近所の立川断層、そして将来住みたい松本近くの牛伏寺断層。
どちらも活動=地震発生確率が上がりそうです。
特に牛伏寺はM8クラスだそうです。
日本に住んでたら地震は仕方ない…
でも、どうすればいいんでしょうねぇ…。

http://akemiskitchen.web.fc2.com/yama
投稿者:サムシング田中
●焚火屋さん
どうもです。
焚き火しに、山へ行きたいナァ。

吉村昭氏の本は、描写が鋭くて、怖くなってしまいます。
1週間ほど前に再度読んだのですが、怖くてPTSDになりそうです。

是非、アマゾンで注文して読んで見てください。




http://www.the-support.net/something/
投稿者:焚火屋@飛騨
お久しぶりです。(^^ゞ
こんな本があるなんて知りませんでした。
先人の知恵を軽んじるとろくなことはありませんね。
最近「昔の人は偉い!」と思うことばかりです。遠く及びません。

過去ログ

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ