something-blog

《Something》の仲間たち
http://www.the-support.net/something/

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:田中
●まっちゃん

メール、ありがとうございます。
今日、返事しますね。

●vivaceさん

田辺英蔵氏ではないけど、ボクは決して海洋国とは思いません。
敢えて言えば「海岸国」「海岸国家」と言うのかな。

コツコツ一人で、数人の仲間でやってきたのですが、
そろそろ終わりが近づいています(泣)。

ホイチョプロで、もう一度、なにかやってくれないかな(笑)。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:vivace
思い起こせばホイチョイプロが頑張って作った知世ちゃんの映画が最後か?(あれもパワーボートの方が目立っていたが)
波に傾くホワイトディンギー♪と口ずさみながら江ノ島を目指す男子学生も今はお腹が怪しくなり、女子たちも…になり〜

需要と供給のバランスで明らかにクルーザーヨットの相場は下がる一方でエントリーはし易くなっていますが肝心の若者がいない!!
車離れ以上に深刻なのが現状ですね
せっかくの海洋国家なのですから、もっと自由に島への旅のツールとして使えたり、子供でも楽しめるレース等難しいのは承知の上で取り組まないと今の世代が船を降りるときには悲惨な状況になっているかも(ちょっと熱くなりましたが)

今のところ自分の出来る範囲でコツコツ増やすしかないのが現状です

http://blogs.yahoo.co.jp/vivacejp1993
投稿者:サムシング田中
●まっちゃん

どうも…初めましてかな。
サムシングのトップページにあるメールアドレスに
連絡先を記入して送って下さいな。



●梅島ロープさん
ボクも船酔いします。
1年に2回くらいは、体調不調な時があって、
ゲロゲロやります(泣)。


●マハロパパさん
田辺英蔵氏
「日本人は海が嫌い」
http://white.ap.teacup.com/something/859.html

>>たんに「海辺のカフェでお茶するのが好き」なだけであったりします。

そうなんですよね。
7月の「海の日」も、「海岸の日」「港の日」になってしまっている(泣)。


●eWINDさん
>>あの頃僕も若かった(笑)

eWINDさんに限らず、ボクも若かったです。今より(笑)。
イケイケドンドン、ガンガンでしたね。


●フェニックスさん
船酔いを解決する方法。
その一。
メインシート係を最初からやらせてしまう(笑)。
それもクリート無し。
常に引っ張らせる。
結構、その気になってしまい。船酔いはすっ飛びます。





http://www.the-support.net/something/
投稿者:フエニックス
ヨットの人口増加の最大の
壁は多分 船酔なんだろうと
思います。我が家族、子は海に来ません
船酔するからと・・小さい時乗せて
酔ったのが記憶に残っているようです。
他にも沢山声かけますが
なかなか増えません
最近動かさない艇が増えてきました
一人では大変だし面倒だしで
段々足が遠くなって・・
今や老齢な艇増えてまいりました
若い人達に楽しんでもらうって
今はどうしたらいいのでしょうね。
海にヨットに来てもらうには?

http://blog.goo.ne.jp/oni2134
投稿者:eWIND
あの頃僕も若かった(笑)
95-6年頃はパワーボート時代、OLや女子大生、看護婦
さん達が職場や同級生連れて式根や新島でバーべキュウ、今では偶にくるのはオバサンばかり(悲)
海は放射能で汚染されてると娘は近寄らない(涙)
投稿者:マハロパパ
四海に囲まれは日本は「海洋民族」
などという言い方は全く幻想で、
日本人はちっとも「海を愛していない」し、「海を愛してはいない」のではないか、
むしろ「海を怖がっている」のではないか。
というようなことを言っていたのは田辺英蔵氏ではなかったかと思いますが、
確かに「海が好き」という人でも、
たんに「海辺のカフェでお茶するのが好き」なだけであったりします。
「ヨット乗りませんか」と言っても、「船酔いが・・・」という人は案外多いものです。

「ヨット人口問題」は、そこらへんの「日本人にとっての海とは」の意識改革!から始めなければならヌなどと思います。

あと、
ヨット⇒青少年⇒教育⇒戸塚ヨットスクール
などという変な連想は断ち切らなければなりませんね。

http://mahalo415.blog22.fc2.com/
投稿者:静岡梅島ロープ
自分もかなり体調が良くないと、船は船酔いしちゃいます。残業などで睡眠不足だとかなり厳しいです。
それでもたまに船に乗せてもらうと、風と波を切りながらの快走は、タイタニックの名シーンを思い出させるほどですね。


http://umeshimashizuoka.blog.fc2.com/
投稿者:まっちゃん
ヨット。。。
乗ってみたいです。
投稿者:サムシング田中
●soneくん

男子禁止です(笑)。



http://www.the-support.net/something/
投稿者:sone
>そんな時代を経て〜”こんな時代”もあった

田中さん こんな時代に 乗りたかったなあ(笑)

過去ログ

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

気ままにヨットライフ

楽しいブログ swing28

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ